ワーキングホリデーなら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

ワーキングホリデー
ワーキングホリデー
ワーキングホリデーの魅力はなんといっても自由度の高さです。語学を勉強したりアルバイトをしたり、そして、両方をバランスよく両立させることも可能です。若者を中心に人気があったのですが、近年では年齢制限30歳という規定があるためか20代後半の方の申し込みが増えているようです。仕事を一度辞め、そのタイミングで自分を見つめ直すきっかけに、という参加者が多いのも近年の傾向です。

ワーキングホリデーのプラン一覧

  • No.017-0374-P 詳細を見る

    1年間全都市サポート付きイギリスワーキングホリデー(BASICプラン) 

    海外10都市での安心サポートに1週間のホームステイ(食事付)をパック。現地到着空港での出迎え後、生活に関するオリエンテーションを行い、英語学校を見学し、入学手続きまでしっかりサポート。出発前英語レッスンや帰国後の就職支援までリーズナブルに充実。

  • No.017-0371-P 詳細を見る

    1年間全都市サポート付きニュージーランドワーキングホリデー(BASICプラン) 

    海外10都市での安心サポートに1週間のホームステイ(食事付)をパック。現地到着空港での出迎え後、生活に関するオリエンテーションを行い、英語学校を見学し、入学手続きまでしっかりサポート。出発前英語レッスンや帰国後の就職支援までリーズナブルに充実。

  • No.017-0369-P 詳細を見る

    1年間全都市サポート付きオーストラリアワーキングホリデー (スタンダードプラン)

    海外10都市での安心サポートに加え、英語研修ホームステイのエキスパートISSが厳選した英語学校とホームステイ先で4週間の研修を行うPLAN。1年間の滞在を自分で切り開いていくためには英語力は欠かせません。信頼と実績のISS安心パッケージだからとってもリーズナブルです。

23件の検索結果

1 2

働いても学んでも遊んでもOK。自由自在なプランニングが魅力

  • ワーキングホリデーのPoint1

    1年といえば長く感じるかもしれませんが、慣れない土地であれやこれやと忙しくしているうちにすぐ時間は過ぎていきます。後になってあれもすればよかったなんて後悔する事態にならないためにも、しっかりとプランを立てる必要があります。まずは3ヶ月で語学学校に通い、その後半年でアルバイト等で資金を貯め、最後の3ヶ月で資格を取得したり旅行にでかけたり、思い思いのことをする、というのが定番のようです。

    ワーキングホリデー
  • ワーキングホリデーのPoint2

    現地の家庭で住み込みのベビーシッターや家事手伝いをしてお小遣いをもらう「オペア」は女性に人気のシステムです。お小遣いは平均的に月に5~6万円程度。食費や家賃といった生活費もかからないため、趣味や交際費に使う分を差し引いても十分に資金を貯めることが可能です。言葉や習慣も自然と学べますので、家事や子どもが好きな方はぜひ選択肢に入れてみてください。ボランティアや資格の取得に取り組む方も増えてきています。

  • ワーキングホリデーのPoint3

    ワーキングホリデーの過ごし方に決まりはありません。思う存分に遊んだり旅をしたりしてリフレッシュするのも良いですし、勉強や仕事に重きを置いて今後のきっかけづくりに利用するのも良いでしょう。出発前にまとまった学費と生活費等を用意しなければいけない留学と違い、少ない予算でもとりあえず現地に行って働きながら生活費を稼いでもいいのです。何をするにも自分次第のワーキングホリデーは、あなたの人生を変え得るほどのきっかけを秘めているかもしれません。

ワーキングホリデーPICKUP!

もっと見る