音楽留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

音楽留学
音楽留学
音楽留学は近年ますます注目を集めるようになり、音楽学生を主人公としたコミックやアニメも人気になりました。音楽ジャンル、もしくは担当楽器ごとに全く違った音楽留学がありますが、近年、音楽シーンや留学先の選択肢の広がりによって、ますます多様化、参加者数も増加傾向にあります。それぞれの分野で著名な演奏家との交流を持つ機会が得られる講習会も人気が高く、専門性を求めない層の留学も熱いようです。

音楽留学のプラン一覧

  • No.136-0071-P 詳細を見る

    キジアーナ音楽院夏期マスタークラス

    聴講でも非常にためになると言われるほどレベルが高く、受講生は音楽レベルの高さを証明できるクラシック音楽の講習会がこれ。一流の教授陣が集まるのはもちろんの事、世界からプロを目指す音楽家が集まり腕を競い合う。イタリア・シエナのキジアーナ音楽院で毎年夏に開催されすでに70年以上の歴史を持つ。受講資格は音大卒以上だが、それ以外でも先生の推薦状があればオーディションに進むことが可能。プロになる気持ちがある方は受講して損はない。専攻は、バイオリン、ギターと室内楽、弦楽4重奏と室内楽、ピアノ、作曲、指揮、声楽、チェロ、チェンバロと室内楽、フルート、ヴィオラ、ヴィオラと室内楽、ピアノと弦楽器のための室内楽、映画音楽作曲、クラリネットと室内楽。

    • 50万以下
  • No.136-0068-P 詳細を見る

    オーベストドルファー夏期マスタークラス

    オーベストドルファー音楽祭の期間中、このマスターコースが開催されます。教授陣は、世界的に著名なドイツの音楽大学教授。ドイツ留学での先生探しやコンクール、オーディション、音大受験準備に最適です。レッスンを受講するだけでなく、受講者によるコンサートで実践力を養っていきます。音楽祭開催中は、ほぼ全てのコンサートに無料で入場できます。いくつかのコンサートは、世界的にも非常に有名な演奏家によるものです。コースの初日に、オーディションによって受講生・聴講生が決定されます。専攻は、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、声楽、ピアノ、フルート、クラリネット、室内楽、オーケストラスタディー

    • 50万以下
  • No.136-0076-P 詳細を見る

    ハノーバー音楽大学ゴスラー夏期アカデミー

    ドイツ・ゴスラーで毎年夏に開催される刺激たっぷりの夏期講習会がこれ。ハノーバー音楽大学が主催し、レベルの高い受講生が世界中から集まってくる。クラシックの本場ドイツで自分の力を試してみるのも、将来、ドイツ留学を考えているなら早めに経験しておくのは悪くない。コース内容は、プライベートレッスンはもちろんの事、ワークショップや受講生によるテーブルディスカッションが行われる予定。ハノーバー音楽大学教授などがレッスンの指導に当たる。教授によって選ばれた受講生はコンサートの機会を与えられる。専攻は、ヴィオラ、バイオリン、ピアノ、室内楽。

    • 50万以下
  • No.136-0070-P 詳細を見る

    カールハインツ・シュトックハウゼン夏期講習

    ドイツ・キュルテンで行われるこの講習会は、シュトックハウゼン自身やその演奏家達から直接、作品解釈を受け継ぐ講習会です。作曲家、パフォーマー、音楽学者、技術者だけでなく、世界中からシュトックハウゼン音楽を敬愛するファンが受講生として集まります。講習会では、リハーサル、マスタークラス、講義、セミナーのほか、シュトックハウゼン自身が音声を担当して6回のコンサートを上演する予定です。マスターコース受講者は、3作品の上演に参加します。ワールドプレミアとなるコンサートもありますので世界で初めての目撃者となります。現代音楽の巨匠に直にその音楽を習う最も良い機会です。

    • 50万以下
  • No.136-0079-P 詳細を見る

    ボードン国際夏期講習会

    ジュリアードやイーストマン音楽院の教授を中心に、アメリカ著名楽団メンバーやソリストを加えた強力な講師陣。アメリカ・メイン州で行われるこの夏期講習会は、著名人が腕を磨いた世界的に評価の高い講習会。チャイコフスキー・コンクール等国際コンクール入賞者を多く輩出している。受講生による公開コンサートは頻繁に行なわれ、全員に出演の機会があるだけでなく、特に優れた受講生は、講師陣やゲスト演奏家が編成するオケに参加するチャンスがある。専攻は、ピアノ、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ギター、ハープ、クラリネット、フルート、オーボエ、バスーン、ホルン、作曲。

    • 50万以下
  • No.110-0044-P 詳細を見る

    アメリカ大学進学(音楽専攻)

    日本では狭き門の音大か専門学校でしか学べない音楽専攻も、アメリカでは総合大学で初心者からプロをめざすレベルまでコースが充実。演奏家や歌手のみならず、プロデューサーや音響エンジニアなど関連職業へのルートまで、大学で学べます。また、ロックやジャズなど、クラシック以外のジャンルも四年制大学で学べるのがアメリカならでは特徴です。しかも他の専攻と組み合わせて両方を学ぶことができ、ネイティブ並の英語力も身につくので、音楽以外のキャリアにも決定的な強みを得られます。音楽の勉強をあきらめる前に、ぜひ多様な学びの可能性を探ってみましょう。 ※資料請求での送付資料は、総合案内パンフレットになります。専攻についての詳細は進学説明会でご案内しています。

    • 渡航先アメリカ
    • 費用期間1年間 約1,450,000円(1ドル120円換算)から。
    • 取扱会社NCN米国大学機構
  • No.110-0045-P 詳細を見る

    アメリカ大学進学(音楽専攻)

    日本では狭き門の音大か専門学校でしか学べない音楽専攻も、アメリカでは総合大学で初心者からプロをめざすレベルまでコースが充実。演奏家や歌手のみならず、プロデューサーや音響エンジニアなど関連職業へのルートまで、大学で学べます。また、ロックやジャズなど、クラシック以外のジャンルも四年制大学で学べるのがアメリカならでは特徴です。しかも他の専攻と組み合わせて両方を学ぶことができ、ネイティブ並の英語力も身につくので、音楽以外のキャリアにも決定的な強みを得られます。音楽の勉強をあきらめる前に、ぜひ多様な学びの可能性を探ってみましょう。※資料請求での送付資料は、総合案内パンフレットになります。専攻についての詳細は進学説明会でご案内しています。

    • 渡航先アメリカ
    • 費用期間1年間 約1,450,000円(1ドル120円換算)から。
    • 取扱会社NCN米国大学機構
    • 航空券
  • No.110-0043-P 詳細を見る

    アメリカ大学進学(音楽専攻)

    日本では狭き門の音大か専門学校でしか学べない音楽専攻も、アメリカでは総合大学で初心者からプロをめざすレベルまでコースが充実。演奏家や歌手のみならず、プロデューサーや音響エンジニアなど関連職業へのルートまで、大学で学べます。また、ロックやジャズなど、クラシック以外のジャンルも四年制大学で学べるのがアメリカならでは特徴です。しかも他の専攻と組み合わせて両方を学ぶことができ、ネイティブ並の英語力も身につくので、音楽以外のキャリアにも決定的な強みを得られます。音楽の勉強をあきらめる前に、ぜひ多様な学びの可能性を探ってみましょう。 ※資料請求での送付資料は、総合案内パンフレットになります。専攻についての詳細は進学説明会でご案内しています。

    • 渡航先アメリカ
    • 費用期間2~4年 年間 160万円~300万円台(1ドル=112円換算)
    • 取扱会社NCN米国大学機構
  • No.110-0046-P 詳細を見る

    アメリカ大学進学(音楽専攻)

    日本では狭き門の音大か専門学校でしか学べない音楽専攻も、アメリカでは総合大学で初心者からプロをめざすレベルまでコースが充実。演奏家や歌手のみならず、プロデューサーや音響エンジニアなど関連職業へのルートまで、大学で学べます。また、ロックやジャズなど、クラシック以外のジャンルも四年制大学で学べるのがアメリカならでは特徴です。しかも他の専攻と組み合わせて両方を学ぶことができ、ネイティブ並の英語力も身につくので、音楽以外のキャリアにも決定的な強みを得られます。音楽の勉強をあきらめる前に、ぜひ多様な学びの可能性を探ってみましょう。 ※資料請求での送付資料は、総合案内パンフレットになります。専攻についての詳細は進学説明会でご案内しています。

    • 渡航先アメリカ
    • 費用期間1年間 約1,450,000円(1ドル120円換算)から。
    • 取扱会社NCN米国大学機構

129件の検索結果

1 2 3 4 5 6 7

音楽留学はあらゆる可能性が実現できる成熟した留学ジャンル

  • 音楽留学のPoint1

    音楽留学は比較的専門性の高い留学分野であり、「ただ好きだから」という趣味の人が参加するケースは多くありません。短期間留学をして価値の高い経験を得ようとする留学もありますが、どちらかというと本格的に海外の音楽院に留学して学科を修了しようという留学が主流になります。後者は当然入学にも条件がつき、ハードルは高くなりますが、その分修了すれば得るものは大きく、プロの音楽家としての可能性も高まるでしょう。

    音楽留学
  • 音楽留学のPoint2

    短期間の留学とは、主に教育機関が休暇に入る夏休み等の時期を利用して、現地の講座やプライベートレッスンを受ける留学です。これらの留学は特に難しい条件をクリアしなくても、比較的著名な音楽家の指導を直接体験できる点と、様々な指導者との触れ合いが魅力です。道を極めるための留学を志向する方にとっては物足りない部分があるかもしれませんが、絞り込まずに幅広い音楽体験を求める方にはぴったりの留学です。

  • 音楽留学のPoint3

    数年をかけて音楽を修めようとする人にとっても音楽留学は覚悟が必要な道です。但し、近年では音楽が映像等の他の表現と結びつき、メインコンテンツとしての音楽ではなく、他のコンテンツとのコラボレーションによって価値を発揮するシーンも増えています。音楽留学という道が必ずしも一か八かの賭けではなく、音楽を中心としたキャリアの一部として設計できるものになって来ているのも事実です。その意味でも今後も音楽留学を目指す方は増えていくでしょう。

音楽留学PICKUP!

もっと見る