ドイツ語留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

ドイツ語留学
ドイツ語留学
職業的な専門性や、有用性を求めるよりも、純粋にドイツが好きという嗜好によって学ぶ人が多いのがドイツ語の特徴です。そうした点が国際語として広がりを見せる英語や中国語、スペイン語、ポルトガル語等と違う点ですが、地方性の強い言語の中では高い人気を誇っているのもドイツ語で、そこには日本とドイツの文化的な結びつきの深さも関わっているようです。

ドイツ語留学のプラン一覧

  • No.136-0051-P 詳細を見る

    ミュンヘン音楽大学トーマス・ウールマン先生のピアノレッスン

    トーマスは、クララ・シューマンの孫弟子にピアノを教わった。つまりクララ・シューマン流重量奏法を受け継いだ曾孫弟子だ。体をリラックスさせ、腕の重みを使って弾く重量奏法は、超大物クラウディオ・アラウやピアノ界の権威クロイツァーの弾き方等で知られている。現在ミュンヘン音楽大学講師。最初に教えるのは、重量奏法の要である「脱力」。これが、歌うような音色や、考えられないほどの大音量を生み出す源になる。次の段階で、曲の魅力を引き出すために必要な、指の独立、タッチのバリエーション、アーティキュレーション、音楽理論などを指導する。上級者は曲の解釈と表現により重点を置く。

    • 50万以下
  • No.063-0518-P 詳細を見る

    人気のワーホリ!自由な海外生活を体験したい方におススメ!/LSP-wh

    1年のうち、18歳から30歳くらいまでが対象の(国により違いあり)、海外で暮らす、学ぶ、働く、すべてが体験できるワーキングホリデー制度。語学学校に通って英語を磨いたり、旅行したり、アルバイトしたりと自由度が高いだけに、1年があっという間に過ぎてしまいます。でも海外に行く前にしっかり計画を立てて、一定のルールさえ守れば、自分が思い描く海外生活を送ることができます。EF校では授業とお仕事探しのサポート(面接練習や履歴書の添削もある!)だけでなく、課外アクティビティも充実。常に新しい友人を作りやすいイベントや小旅行も企画しています!**コース費用は外国為替交換レートを基準としていますので、変動することがあります。現在のコース費用につきましては、最新のパンフレットをご参照ください。

    • 50万以下
  • No.121-0036-P 詳細を見る

    初心者〜上級者対応の集中ドイツ語レッスン

    日常会話から試験対策まで、さまざまなレベルの学生に対応できるドイツ語研修プログラムです。近代と歴史が溶け合うドイツ、音楽と宮廷文化が息づくオーストリア、アルプスの景観に見とれるスイス。 三者三様のドイツ語留学から自分に合ったスタイルを選ぶことができます。「趣味のサッカーを楽しみたい」「現地の大学に進学したい」という個別のご要望にもお応えします。

    • 50万以下
  • No.136-0089-P 詳細を見る

    ベルリン・ドイツ交響楽団準首席ラファエル・ウィドリッチのフルートレッスン

    フルート教則本を著したラファエルが、東洋の呼吸法を取り入れたスーパーナチュラルな奏法を伝授してくれる。現在、ベルリン・ドイツ交響楽団準首席フルート奏者。より良い呼吸法を求めて、日本の尺八や合気道も正式に勉強し、フルート奏法に関するノウハウを結晶させた教則本『フルート演奏のアート〜自然な方法』がドイツで出版された。彼の指導法は、ハンス・ペーター・シュミッツのメソッドをより発展させたもの。呼吸も、動作も、全て自然体で行うことを重視する。実際のレッスンではさらに突っ込んで、フルートにとって特に重要な、心の状態をコントロールする方法なども教えてもらえる。

    • 50万以下
  • No.136-0097-P 詳細を見る

    プロオルガニストのトビアス・ベルント先生のオルガンレッスン 

    第一線のプロ・オルガニストとして、ドイツを中心に精力的な活動を続け、多くの教会でコンサートを開き、合唱団やオーケストラとも共演、ラジオやCD録音などでも活躍。ドイツの先駆的な合唱団として有名なベルリン・ジングアカデミーと共演し、ベルリン・フィルハーモニーホールでも演奏を行っている。ヨーロッパ最古のオルガン/ピアノメーカ「イバッハ」のアカデミーでは、講師として指導にあたり10才から67才までの生徒を教えている。オルガンの入門者は特に歓迎。中・上級者ならば、彼の専門でもあるドイツものやフランスものについて、より深いものを学べる。■その他の期間と費用:2週間380,000円 3週間497,000円 4週間593,000円 8週間1,067,000円 12週間1,543,000円

    • 50万以下
  • No.136-0101-P 詳細を見る

    マンハイム音楽大学ライムント・コルップ先生のチェロレッスン(ドイツ語レッスン付)

    ソリストとして活躍し、マンハイム音楽大学で教鞭をとるライムントが、プロを育てた20年のノウハウをキミに注ぐ。メディアへの出演やCD録音も多く、後期ロマン派の作曲家マックス・レーガーによるチェロとピアノのための全作品を収めたCDは、各界から高く評価。現在はドイツ・マンハイム音楽大学で教えると同時に、ヨーロッパ各国で定期的にマスタークラスを持ち、後進の育成に並々ならぬ情熱を注いでいる。これまでに多くの生徒が、プロとして楽界で成功。先生の経験の全てが注ぎ込まれたレッスンで、キミも一流プロの実力に迫るのだ。ドイツ語グループレッスン付き。■その他の期間と費用:2週間345,000円 3週間452,000円 4週間545,000円 8週間934,000円 12週間1,339,000円

    • 50万以下
  • No.136-0103-P 詳細を見る

    ハノーファー北ドイツ放送フィルのオリバー・マスカレナスのチェロレッスン

    ヨーロッパの5つのオケで活躍する売れっ子プレーヤーが、聴衆はもちろん、審査員の心まで揺さぶるコツを教えてくれる。世界的な名チェリストであるマリア・クリーゲルをはじめ、4人の優れた教授たちに学び、ドイツ流、フランス流、ロシア流それぞれの奏法を全てマスターしている。現在はNDRハノーヴァー北ドイツ放送フィルや各地の一流オケでプレーしている。オリバーのレッスンは、音大受験、プロの楽団員オーディションなど。音大レベルに行っているが、そこから先で伸び悩んでいる生徒に、聴く人の心を揺さぶる音楽のエッセンスを教えてくれる。室内楽のためのプライベートレッスンもあり。■その他の期間と費用:2週間354,000円 3週間472,000円 4週間539,000円 8週間952,000円 12週間1,366,000円

    • 50万以下
  • No.136-0104-P 詳細を見る

    デュッセルドルフ交響楽団ミハエル・フロック先生のチェロレッスン

    ミハエル・フロックは、世界でも有名なオペラ劇場のひとつ、ラインドイツオペラのオーケストラとしてよく知られているデュッセルドルフ交響楽団のチェロ奏者だ。ベルリン・フィル・アカデミーのメンバーとなり、現代の代表的な指揮者たちのもとで、ベルリンフィルのメンバーとともに研鑽。特に、当時首席ソロ奏者であったイェルク・バウマンとゲオルク・ファウストからは、ベルリンフィル的なチェロの神髄を学んでいる。ミハエルのレッスンの主眼は、伝統的なヨーロッパ文化に根ざした音がどんなものかを生徒に見せ、時代ごとに違った独自のスタイルを発見する、手がかりを与えることにある。

    • 50万以下
  • No.136-0105-P 詳細を見る

    フライブルク市立フィル首席ヴァルター・ミハエル・ヴォルハルトのチェロレッスン

    ヨーロッパやアメリカはもちろん、南米やアジアを含めた世界中でソロリサイタルを開き、ボストン交響楽団やベルリン放送交響楽団などの著名オケとも共演した。現在、フライブルク市立フィルハーモニー首席ソロ奏者を務める彼は、教育者としても実力がある。ハンブルク音楽院で7年間教え、各国のマスタークラスで指導を続けてきた。ソロ演奏法から室内楽、そしてコンクール入賞に的を絞った特別レッスンなど、指導内容も多彩。オーケストラ経験がある生徒は、彼が指揮をしている楽団に参加して、オーケストラプレーヤーとしての実地トレーニングを受けることも可能。ドイツ語グループレッスン付き。

    • 50万以下
  • No.136-0108-P 詳細を見る

    コンサートギタリスト ヘイコ・オジックのクラシックギターレッスン

    クラシック・ギターといえばヨーロッパ室内楽、スペンインアンダルシアの調べが憧れの的。2つの正統を確かな技術と表現力で奏でるのが、ヘイコ・オジックだ。ソリストとしてハンブルグ交響楽団、シカゴ室内合唱団との共演をはじめティム・アダムスなどの指揮者との共演など、その活躍の場をヨーロッパ全域に拡げている。さらに、マリオ・カステルヌーヴォ・テデスコ・ロマンチックギター楽団のソリストを務め、アンダルシアの調べを情感豊かに表現するその技術に注目を集める彼は、母校など様々な音楽大学で後進の指導を行っている。本物のクラシック・ギターを身につけたいという人にぜひおすすめだ。

    • 50万以下
  • No.136-0109-P 詳細を見る

    コンサートギタリスト マクシミリアン・マンゴルトのクラシックギターレッスン

    マクシミリアン・マンゴルトは、「クリアで官能的な音と、完璧なテクニックを持っている」と評され、「現代のドイツで最も注目されるギタリストのひとり」とされている。今やドイツのクラシック専門誌4誌が大幅にページを割く、人気ミュージシャンだ。多くのコンクールで入賞し、ソロやアンサンブルで、コンサート、CD録音、ラジオ出演など、積極的に活動。「クラシック音楽に軽さを求める最近のトレンドには反対だ」という彼のレッスンでは、純粋なクラシックの魅力を学ぶことができる。レパートリーはバロックから現代曲までと幅広い。ドイツ語グループレッスン付き。

    • 50万以下
  • No.136-0110-P 詳細を見る

    コンサートギタリスト トマス・ツァヴィエルハのクラシックギターレッスン

    東京国際ギターコンクール優勝者など数々のコンクールで賞を取り、ヨーロッパを中心に世界的に活動するCDアーティストが、ノウハウの全てを教えてくれる。音楽学校のギター学部長を務める彼のレッスンの特徴は、アーティストとして彼が持っているもの全てを、惜しみなく与えてくれる。評判の高い教則本「パンピングナイロン」のメソッドを用いた基礎練習や、ルネサンス期から現代までの様々な演奏スタイルはもちろん、個人練習のコツや、音楽全般を話題としたディスカッションなど、レッスン内容は幅広い。「生徒の中に、ギターと音楽に対する情熱さえあれば、僕は何でもするつもりだ」と彼は言う。

    • 50万以下
  • No.136-0115-P 詳細を見る

    フランツリスト音楽大学フランク・フォルスト教授のファゴットレッスン

    一流オケと共演するソロ・ファゴット奏者であり、ワイマール・フランツリスト音楽大学で教えるフランク教授が、やる気ある若者を求めている。元ベルリン交響楽団ソロファゴット奏者であり現在ワイマール国立フランツリスト音楽大学教授である彼が、プロアマを問わず、向上心あふれる若者に、一流のファゴットを教えてくれる。教え方は決して一律ではなく、生徒ひとりひとりに合わせてポイントを絞った指導が特長だ。中級以上になれば、教授がこれまでに体得した門外不出の表現法まで教わることができる。これまでに、わずか3年のレッスンの中から2名のプロ楽団員を輩出している。

    • 50万以下
  • No.136-0116-P 詳細を見る

    シュトゥットガルト放送交響楽団首席ソリスト・ハンノ・デンネヴェグのファゴットレッスン

    世界のトップクラスを知る、シュトゥットガルト放送交響楽団のソロ・ファゴット奏者が教える、一流のテクニックと感性。今世紀最高のオーボエと称されるハインツ・ホリガー、ベルリンフィル首席を務めたクラリネット奏者ザビーネマイヤーなどのそうそうたるメンバーとアンサンブルを組んだ経歴は、彼自身が、まぎれもなくトップの一員であることを証明している。彼のレッスンは、なによりも自分の音を聞くことを重視する。次に、曲の大きな流れを理解し、その上で生徒独自のイントネーションと音色を作り出していく。取り上げる曲はバロック、古典派、そして近現代曲が中心。

    • 50万以下
  • No.136-0117-P 詳細を見る

    ドレスデンフィルハーモニー管弦楽団副首席ロバート・クリスチャン・シュスターのバスーンレッスン

    ドイツ名門オケ、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団副首席奏者が、伝統的ジャーマンスタイルを、キミに伝える。これまでに、コリン・デイヴィスやベルナルト・ハイティンク、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスといった第一線の指揮者たちと共演し、現在はドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の副首席奏者として活躍している。数年前から彼は、これまで学んできた伝統的なドイツ流のバスーン奏法を、プライベートで教えてくれている。生徒のレベルと個性に合わせ、自然な演奏を妨げる肉体的、精神的な問題点を取り除いていくのが、彼のレッスンの特徴だ。

    • 50万以下
  • No.136-0118-P 詳細を見る

    ケルン放送管弦楽団首席水間博明のファゴットレッスン

    西ドイツの名門オケで首席を務める日本人ファゴット奏者から、ヨーロッパの一流を、日本語でキメ細かく教わろう。ブレーマーハフェン市立歌劇場管弦楽団首席ファゴット奏者を経て、名門オケとして名高いケルン放送管弦楽団の首席ファゴット奏者となる。近年、指揮や作曲にまで活動範囲を広げると同時に、後進の指導に一層の力を注いでいる。レッスンは、基本を固めることから始める。音の出し方、口の形、腹筋の使い方などをチェックし、ビブラートやスタッカートなどの技術練習に進む。これが終わると、楽曲の解釈や表現といった、より音楽的な、深い勉強に入っていく。

    • 50万以下
  • No.136-0131-P 詳細を見る

    ベルリン芸術大学カール・ビュンテ教授の指揮レッスン

    権威ある指揮者であり指導者でもあるカール・ビュンテ教授が、生徒のレベルに合わせて、ていねいな指導をしてくれる。カール・ビュンテ教授は、現ベルリン芸術大学教授、東京芸術大学名誉教授、関西フィルハーモニック交響楽団名誉指揮者。20世紀の巨匠のひとりセルジュ・チェリビゲッタに指揮を習い、ベルリン交響楽団を中心に数々の有名オーケストラを指揮し、1000以上のコンサートで指揮台に立ったという超一流のベテランだ。そんなビュンテ教授のレッスンは、拍やテンポのとりかたといった基本はもちろん、楽曲分析、暗譜による指揮まで、ベルリン芸大のメソッドで教えてくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0132-P 詳細を見る

    ベルリンフィルハーモニーホール専属指揮者シュテファン・ベヴィアーの指揮レッスン

    チェリビダッケ直系の弟子であり、ベルリンで2つのオケを率いるシュテファンが、巨匠のメソッドをありのままに伝授。幻の巨匠セルジュ・チェリビダッケに師事した指揮者の中で、シュテファン・ベヴィアーは、巨匠の手法を最も忠実に受け継ぎ、今も守り続けているひとりだ。ベルリン・フィルハーモニック・ホール専属の2つのオーケストラで指揮棒を振る。レッスンには、入門者から上級者まで、世界中から生徒が集まっている。レッスン内容は、「チェリビダッケのメソッドをそのまま正確に」教えてくれるという。しっかり学べば、キミも巨匠の流れをくむ指揮者になることができる。■その他の期間と費用:2週間351,000円 3週間450,000円 4週間529,000円 8週間936,000円 12週間1,344,000円

    • 50万以下
  • No.136-0134-P 詳細を見る

    コレギウム・ムジクム・バーゼル指揮者シモン・ゴーデンツの指揮レッスン

    「微妙なニュアンスまで、正確な動作ではっきりと伝える」「クリアで明解な指揮だ」とヨーロッパの批評家たちに賞賛され、注目を集めている指揮者がシモン・ゴーデンツだ。2004年に正規指揮者の代役として振ったオーケストラ「コレギウム・ムジクム・バーゼル」に才能を認められ、即座に首席指揮者の座を約束。現在彼は、約50年の歴史を持つ、ドイツではまだ新進といえるこのオーケストラの、2代目首席指揮者として活躍している。スイスのヴィンタートゥール交響楽団や、ドイツのニュールンベルク交響楽団などにも客演指揮者として招かれ、その名をますます知られるようになっている。■その他の費用と期間:2週間378,000円 3週間514,000円 4週間595,000円 8週間1,085,,000円 12週間1,575,000円

    • 50万以下
  • No.136-0088-P 詳細を見る

    ブリュッセル王立音楽院/マンハイム音楽大学ジャン=ミシェル・タンギー教授のフルートレッスン

    「すでにオーレル・ニコレの後継者として十分な実力を備えている」とフランスの音楽雑誌『ディアパソン』に賞賛された名手。現在ベルギー国立管弦楽団首席。毎年CDをリリースし、ジャン・ピエール・ランパル国際フルート・コンクール審査員も務める。ドイツのマンハイム・ハイデルベルク音楽大学とベルギーのブリュッセル王立音楽院で教える教授の生徒からは、国際的ソリストやオーケストラのソロ奏者が出ている。「フルートを操作して音を出すのではなく、すでに自分の内面で完成している響きを表現しなければいけない」という彼のレッスンは、よく響く、温かみと丸みのある音づくりが大きな目標だ。

    • 50万以下

45件の検索結果

1 2 3

ドイツが好き!だから、ドイツ語を学んでおく

  • ドイツ語留学のPoint1

    ドイツ語留学はドイツ語およびドイツ文化を学ぶことを目的とした留学です。決して人気の高い留学分野とは言えませんが、近代における日本とドイツの密接な交流関係を反映した文化背景や、互いに似通った国民性からくる親近感が存在するようで、根強い需要のある留学分野でもあります。主な留学先はドイツですが、ドイツ語を公用語としている国は他にもオーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ベルギー等があり、これらの国も留学先となり得ます。

    ドイツ語留学
  • ドイツ語留学のPoint2

    ドイツ留学を志望する動機は多かれ少なかれドイツが好きという事。経済大国としてEU諸国を先導する立場にあるドイツに関心を寄せたり、サッカー、テニス、モータースポーツでの活躍からドイツのファンになったり、純粋に観光地としてのドイツの魅力に取りつかれ、ドイツを歴訪するうちにドイツ語を学ぶまでになるケースもあるようです。また、勤勉、創意工夫、旅行好き等、日本人と国民性が似ていることから親近感を持ち、ドイツ語を学ぶ向きもあるようです。

  • ドイツ語留学のPoint3

    一部の分野ではドイツとの関係性が高いです。例えばクラシック音楽では今でもドイツやオーストリアのステータスが認められていますし、かつての医学や工学分野はドイツとの関係が強くありました。こうした分野からドイツへの造詣を深め、ドイツ語を学ぶまでになるケースもあるようです。また、戦前に緊密な関係にあった文化的な背景からドイツに対する興味が湧いたり、更に時代をさかのぼって、ドイツ語文化圏が欧州を席巻していた時代への興味からドイツに関心を寄せる方も少なくないようです。