料理留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

料理留学
料理留学
近年参加のハードルが下がってきている料理留学は、参加者もプロの人が参加するばかりではなくなってきています。参加ハードルが下がっても質が低下するというようなことはなく、学ぶ料理のジャンル、留学先の選択肢の多様化が進み、修了時に証明書を発行してもらえる等、内容も充実しています。

料理留学のプラン一覧

  • No.196-0012-P 詳細を見る

    イタリア バリスタ留学 本場イタリアで最高のコーヒーを淹れる

    バリスタとは、1人1人のお客様の希望通りのコーヒーを提供することができる、コーヒーのプロです。1週目はコーヒーの歴史や豆、焙煎などコーヒーの深い知識を身に付けながら、イタリアの伝統的なコーヒーの淹れ方、ラテアートの作り方など、本場のバリスタ技術を学びます。2週目はコーヒーカクテルなど、更に専門的な知識と技術を身につけます。将来カフェを開きたい方、コーヒー好きにぴったりのプログラムです。※1〜2週間のコース受講後、長期のバリスタインターンシップも可能です。

    • 50万以下
  • No.196-0011-P 詳細を見る

    一年中人気のイタリアンジェラート ジェラテリア体験!

    最初の1週間でイタリアンジェラート職人の技と秘訣、ジェラートの作り方を学び、2週目からは、実際にジェラテリアで販売の仕事を体験します。日本語通訳とイタリア語レッスンもついているので、イタリア語ができなくても安心です。学んだ言葉や表現をジェラテリアで実践することで、生きたイタリア語も身に付きます。レストランでのプラスメニューとして、またジェラートショップオープンに向けてのご参加も多い人気のコースです。

    • 50万以下
  • No.196-0013-P 詳細を見る

    イタリア料理に欠かせない ワイン ソムリエ研修

    食卓を賑やかにし、イタリア料理の美味しさを引き立てるワインは、その料理その季節に合ったものを選ぶ事でさらに深みを増し、食欲を満たしてくれます。フィレンツェ料理学園のソムリエコースは、イタリア・トスカーナの豊かな農園やワイナリーの見学から、実際にイタリアで活躍するプロのソムリエからワインの扱い方、選び方を教わります。技術的な分野であっても、日本語通訳アシスタントが同行している為、語学力の心配なく講座の内容に集中する事ができるのもこのコースの特徴です。

    • 50万以下
  • No.196-0017-P 詳細を見る

    シェフ養成イタリア料理2ヶ月 技術とビジネスを学び就職・独立開業準備

    「イタリア料理シェフ養成コース」は、イタリア料理の専門技術や専門知識を学ぶ講座です。教師陣は国立調理学校で教鞭を取っている調理師や、現役プロのシェフたち。地元フィレンツェの料理界と直結した最新情報や、イタリア料理界のタイムリーな動向などを伝えてくれます。1ヶ月コースでは、各地方料理を料理カテゴリー別に研究してイタリア料理の専門技術と知識を学び、2ヶ月コースは、1 ヶ月コースの後、さらに専門的なカリキュラムを引き続き学ぶ、イタリア料理を極める完成されたコースです。

    • 50万以下
  • No.196-0016-P 詳細を見る

    レストランインターンシップ (3つ星レストランでインターン)あのエノテカ・ピンキオーリでも

    トスカーナやイタリアに伝わる郷土色豊かな料理を現代風にアレンジした料理を提供し、ミシェランの三つ星に輝くイタリアンレストラン本店などでのインターンシップコースです。 ワインの数やセレクションが世界でもトップクラスのレストランなど、 世界で有名なイタリアンレストラン、シェフの下で修行を積むことは、料理だけでなくレストラン経営など、将来的に独立を考えている人には最高の環境です。

    • 50万以下
  • No.196-0015-P 詳細を見る

    シェフ養成コースー 料理研修・イタリア語+インターン(6ヶ月〜)

    シェフ養成イタリア料理コース2ヶ月の研修を受け、並行してイタリア語を学びます。その後レストランの厨房にてインターンシップを行う、効率的で完成されたカリキュラム。イタリア料理の専門家として必要な、知識・技術・経験を完全マスターするプログラムです。プロとして更なるレベルアップを目指すシェフ、プロを目指す未経験者、独立開業したい方など食のプロを目指す全ての方々へ。

    • 50万以下

26件の検索結果

1 2

誰が何と言おうと本場の味にこだわる。だから、料理留学

  • 料理留学のPoint1

    かつては料理学校や修行先のレストランで腕を磨き、ある程度実力を認められた上で紹介状等を書いてもらって何の保証も無いまま現地に「修行に行く」という話が多くありました。現在ではこの分野もきちんと計画を立てて費用を払って「留学」の形で現地での料理体験ができるようになりました。選択肢の幅も広がっており、参加者もプロの料理人ばかりでなく、趣味で料理を研究しているような方も参加するようになっています。

    料理留学
  • 料理留学のPoint2

    ハードルが下がっても決して質が落ちるというようなことはなく、むしろ渡航前から受講できる内容が細かく決まっていたり、カリキュラムを終えた後はキャリアとして一般的な認知を得やすいように修了証明書を発行してくれる等、受講者にとって明確にスキルアップが望める内容になっています。さらに、場合によっては通訳付のパッケージ等、留学生は純粋に料理のことだけ考えれば良いプランもあり、ますます留学しやすくなっています。

  • 料理留学のPoint3

    料理留学のなかでも海外への留学では、分野別に「本場」の料理を学びに行く留学が主流であり、例えばフランス料理ならフランス、イタリア料理ならイタリアといった具合に、料理によって留学先が大体決まっているものです。また、中華料理が地方によって調理法の特徴が違っているように、同じフランス料理でも地方によって調理法が違います。そうした違いを意識して、地域に厳密にこだわって留学先を決めるケースも決して珍しくはなくなってきています。

料理留学PICKUP!

もっと見る