アート留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

アート留学
アート留学
アートが様々な経済活動に結び付くようになって、アート留学もかつてよりも注目を集めるようになりました。今後、ますます重要な留学ジャンルとなるでしょう。特にデザインの分野で最先端を行くアメリカへの留学は熱いです。他方で、古来よりモノづくり文化を大切にしてきた我々日本人にとって、海外の伝統工芸も根強い興味の対象となっており、この分野の留学も後を断ちません。

アート留学のプラン一覧

  • No.110-0037-P 詳細を見る

    カリフォルニア州立大学ロングビーチ校 映画学専攻プログラム

    ハリウッドにほど近いカリフォルニア州立大学ロングビーチ校は、巨匠S・スピルバーグ監督の母校です。同校の映画学専攻は、修士課程を含めて70近いコースを揃えています。講師陣には、実際にハリウッドで活躍するプロが名を連ね、最先端の映画制作を教授しています。学内の演習設備も充実し、最新のコンピュータを備えたスタジオでは、実践的な作品づくりができます。このほか、ハリウッドの有名映画スタジオやテレビ局などでインターンシップをするチャンスもあります。NCNの日本人学生受入制度を通じて多くの優秀な留学生が出ており、大手映画会社に就職し、制作の第一線で活躍する卒業生も出ています。

    • 渡航先アメリカ
    • 費用期間2~4年 年間 305万円~333万円(1ドル=112円換算)
    • 取扱会社NCN米国大学機構
  • No.199-0007-P 詳細を見る

    フィレンツェ芸術大学教授より指導頂く「エッチング・銅版画コース」 

    このコースではイタリア語レッスンと組み合わせて銅版画技法について学びます。工房にて、職人(Maestro)よりご指導頂きます。専門家による指導ですから、エッチング・銅版画における全ての技術を学べます。

    • 50万以下
  • No.200-0002-P 詳細を見る

    ファッション・カーデザイン・インテリアデザイン・プロダクトデザイン等

    イタリアと言えば「デザイン」の国。1週間のちょっとした休みに行ける短期留から、修士課程取得ができる1年間以上のマスターコースまで、いろいろなデザイン学校をご紹介可能です。この機会にぜひ、イタリアデザイン留学を実現させてみませんか?

    • 渡航先イタリア
    • 費用期間お問い合わせください。 お問い合わせください。
    • 取扱会社a domani(アドマーニ)
    • 50万以下
  • No.199-0014-P 詳細を見る

    デッサン・水彩画コース

    これらのコースは初心者の方から上級者の方まで受講していただけます。また、午後に開講されますので、午前中はイタリア語の勉強もしていただけます。興味がある方、または既に経験をお持ちで、更に技術を上達されたい方に向けたコースです。最低受講期間は2週間。全コース、延長可能です。

    • 50万以下
  • No.199-0019-P 詳細を見る

    ミラノ ファッション専門イタリア語コース

    ファッションや衣料に関する分野におけるイタリアの専門用語を学ぶことができます。最新の流行ファッションを研究し、 Made in Italy の原点、最も有名なイタリアのブランドを分析し、画像やビデオなどを通してイタリアファッション界、ブランド、アクセサリーにおける専門的表現を学んでいきます。業界の専門家が講師として迎えられ、国際色豊かなクラスの中で、楽しく、興味深く、一緒に話し合いながら進めていきます。

    • 50万以下
  • No.199-0009-P 詳細を見る

    レザー(皮革)クラフトコース 半日体験〜プロフェッショナルコースまで

    フィレンツェは皮製品がとても有名。このコースでは工房に入り、革職人のマエストロの指導の下で、革製品作りを学びますイタリア語学留学と組み合わせてご参加できます。体験コースの日程は、受講される方のご都合に合わせて自由に組んで頂けます。 よって、プライベートでも小グループでもお申込頂けます。

    • 50万以下
  • No.199-0012-P 詳細を見る

    ミラノで新しいデザイン体験!イタリアデザイン体験コース

    イタリア語の勉強と併せて、デザイン界の中心ミラノでさまざまな嗜好やアクティビティを体験できます。ミラノデザインの有名なブランドを中心に街を散策しながら、体験する楽しいコース内容です。ミラノは国際的デザイン都市のひとつであり、新しいデザイン体験が出来ます。アキーレ カスティリオー二、フランコ アルビーニといった有名デザイナーのスタジオを訪問します。トリエンナーレ、デザインミュージアム、カーテルミュージアムではあらゆる観点から発見されることも沢山あるでしょう。またデザインディナーでは フードデザインを体験して頂けます。

    • 50万以下
  • No.199-0013-P 詳細を見る

    イタリア ファッションショーのためのイタリア語準備コース

    このコースはファッション分野の大学教授とプロの方が講師を務める、ファッション集中コース。イタリアはミラノのファッションの世界を体験できます。 「ミラノのファッションデザイン ハイストリート」 ファッション界主要な都市ミラノ。国際的ファッション業界において最も大事な流行のトトレンドが作られる都市ミラノがコースの舞台です。コースでは発展する流行について分析し、‘Made in Italy’生産に必要な知識、また国際的ファッションシーンへの影響について理解します。ミラノの主要なファッションショーの時期に合わせて、2月、6月、9月と、年3回設定されています。

    • 50万以下
  • No.178-0006-P 詳細を見る

    イギリスロンドンでアートとデザインを学ぶ

    学ぶ学校は世界でも知られている名門ユニバーシティー・オブ・アーツ・ロンドン。英語にプラスして受講できるコースは、アート&デザイン/ファッション・ビジネス/ファッション・デザイン/ファッション・スタイリング/ファイン・アート/デジタル・グラフィック・デザイン/グラフィック・デザイン/デジタル・フォトグラフィー/パーソナル・スタイリング/ビジュアル・マーチャンダイジング/アクセサリー・デザイン/建築/3D・アート/フィルムメーキング/インテリア・デザイン/マーケティング・コミュニケーションズ等。その他のコース詳細はお問い合わせください。

    • 渡航先イギリス
    • 費用期間2週間~ 2週間 286000円 2016年度
    • 取扱会社J-STAR TRAVEL
    • 50万以下
  • No.178-0002-P 詳細を見る

    パーソンズサーティフィケイトプログラム

    パーソンズは、1896年の創立以来デザイン教育のリーダー的存在であり、世界最大の規模を誇るアート&デザインの学校です。このプログラムは、語学学校に通いながら、興味のある専攻の授業を受講し、正規の学生に混じりながら1年間を通してデザインやアートの専門分野を英語で学び、決められている単位数を取得して修了証書をもらうというものです。レクチャー(講義)形式の授業だけでなく、グループワークやディスカッション、課題を提出したりとバラエティー豊かな形で授業に参加できるのが魅力です。修了証書が取得できるので留学経験をアピールする手段としては説得力のあるものになるでしょう。

    • 渡航先アメリカ
    • 費用期間48週間 2週間 343000円
    • 取扱会社J-STAR TRAVEL
    • 50万以下
  • No.178-0009-P 詳細を見る

    FIT体験プログラム

    FITとは、ニューヨークにある世界的に有名なファッション教育の代名詞ともなっている「ファッション工科大学(FasionInstitute of Technology)」のこと。ファッションやデザインのスキルアップに加えこの業界でのビジネスのプロを養成すべく実践的な教育を行っています。このプログラムは、英語を学びながら同時にFIT で専門分野を体験的に学べるプログラム。専門分野だけでなく英語力のアップにもつながり、将来FIT への進学を考えている人や短期間体験的にFIT のコースを受講してみたいという人にオススメです。様々なコースが用意されているので、興味あるものを選択して専門分野の知識と技術を高めてみませんか?

    • 渡航先アメリカ
    • 費用期間2週間~ 2週間 343000円 2016年度
    • 取扱会社J-STAR TRAVEL
    • 50万以下
  • No.178-0005-P 詳細を見る

    ICP フォト体験プログラム

    ICP(International Center of Photography) は、1974年にマンハッタン、ミッドタウンで創設しました。2500人以上の写真家やアーティストの作品を展示しているニューヨークで唯一の写真美術館です。年間の15万人以上もの方が世界中から来館しています。このICPが運営する写真学校(ICP school)があり、写真家やフォトジャーナリストを目指す学生が世界から集まっています。フルタイムで学ぶ留学生には学生ビザも発行しています。年間約5千人の学生が、ICPで学んでいます。400コース以上の多種多様なプログラムから、あなたにあったプログラムを学ぶことができます。

    • 渡航先アメリカ
    • 費用期間2週間~ 2週間 343000円
    • 取扱会社J-STAR TRAVEL
    • 50万以下
  • No.017-0339-P 詳細を見る

    イタリア・フィレンツェの工房で習う本格アート留学と語学研修

    何世紀も受け継がれた技術と洗練された手仕事を誇る職人や芸術家たちが直接指導してくれる大人気のコース。科目は絵画・デッサン・彫刻・陶器・ガラス工芸・インテリアデザインなど、盛りだくさん!少人数個別レッスンなので初心者からプロまで、一人ひとりのレベルに合わせて教えてもらえます。イタリア語が不安な人でも語学学校に通うので安心です。

    • 50万以下
    • 航空券
  • No.086-0027-P 詳細を見る

    デザイナーへの近道!午前は英語、午後の授業でアート&デザイン入門レッスン!

    このコースは、入学できる英語レベルはIELTS4.0〜4.5になります。英検2級程度ですから、英語に自信がない人もチャレンジできます。ロンドンなどの公立カレッジで、午前中に一般英語を学んで、午後からアート&デザインコースを学びます。このコースは、将来、ファッションデザイン・グラフィックデザイン・写真・メディア・3−Dデザイン・絵画・版画などの専門コースに進みたい人の入門コースです。今まで、アート系を学んでいない人が、アート系の専門コースに進むために必要な基礎を履修します。このコースをを修了するとアート系の公的資格取得コースに進学できます。

  • No.199-0008-P 詳細を見る

    イタリア語留学とジュエリー制作コース

    フィレンツェでイタリア語を勉強しながら、ジュエリーについて勉強されたい方にお勧めコース。3ヵ月から1年まで受講期間は選択できます。このコースは、個別に講師(Maestro)よりレッスンを受けて頂けます。各受講者のスキルに合わせて、講師が指導致します。またレッスンスケジュールは、受講される方のご希望に合わせて自由に組んで頂けます。・ジュエリー・浮き彫り「Cesello」・洋彫り・ワックス・石留め・ジュエリーデザイン・宝石学・フィレンツェ式透かし模様「Traforo Fiorentino」

  • No.033-0555-P 詳細を見る

    スピルバーグの息子も学んだ、1年間で32本の映画制作を行う映画の専門学校

    1992年ショーンコネリー主演の映画『レッド・オクトーバーを追え』のエグゼクティブプロデューサーを務めたジェリー・シャーロック氏が『才能あるクリエーターは、実践で表現方法を探し出せばよい。実践的な技術を学ぶ機会を提供しよう』と設立。1年間で8本の自主制作映画制作および映画の撮影スタッフとして合計32本の映画制作を行う本格的実践的なコース。スピルバーグの息子やジョージ・ロメオの娘、ケビン・クラインの息子なども通った。日本からは金城武、長谷川京子がActingの短期プログラムに参加。

  • No.146-0008-P 詳細を見る

    Lost Boys Studio − ビジュアルエフェクト/テクニカルディレクター・コース

    ロスト・ボーイズ・スタジオは、1996年に設立されたバンクーバーにある特撮映像の専門学校です。テレビ番組の映像編集を手がけた実績から、2004年にエミー賞にノミネートされたほか、さまざまな賞を受賞しています。特撮映像を集中的に学び、実践の経験を積むことができるプログラムのため、他の特撮映像の専門学校と比べて短期間で特撮技術を身につけることができます。また、映像業界とのコネクションもあり、学生向けに就職サポートもしてくれるため、卒業後の映像業界へ就職率も高いのが特徴です。英語力をつけた後、撮影技術を本格的に勉強し技術を身につけたい方にお勧めです。

17件の検索結果

1

伝統工芸から最先端デザインまで広がるアート留学の世界

  • アート留学のPoint1

    一口にアート留学と言っても、その内容は様々な分野に細分化されています。たとえば美術留学とも呼ばれるファインアートの分野、その分野も絵画と彫刻では内容がまったく異なります。美術留学とは全く路線の違うデザイン留学は、主に商用デザインを中心にアートを学ぶ分野も、グラフィックデザインやプロダクトデザイン、さらに用途の決まった実用品を作る工芸分野、ファッションデザインの分野等、多岐にわたっています。映像を専門とした分野も一部含まれる場合もありますが、多くの場合は、アート留学とは別分野になります。

    アート留学
  • アート留学のPoint2

    アート留学で現在志望者数が伸びているのがデザイン分野。特にIT分野の成長に合わせて、実用志向のデザインを学ぼうという人が増えています。そうしたニーズに合わせて、海外のアート学校では、単に創造力を伸ばす指導をするばかりではなく、デザインの有効性を学ぶ分野や、コスト面を考慮したデザインを行う等、ビジネスに直結したアート教育も進歩しており、日本のアートスクールではまだあまり学べない内容として留学の動機につながっているようです。

  • アート留学のPoint3

    一方、工芸分野では、先端のデザインを学びたいと考える人もありながら、伝統的な造形術を学ぼうという留学も根強い人気があります。機械化の進んだ日本ではあまり見られなくなってしまった手作りの工芸品の工房が海外には伝統工芸としてまだたくさん残っています。こうした技術を習得しようという志向です。こうした分野の留学は職業的な興味というよりは、趣味の延長としての興味が高いようで、短期の留学の受け入れも増えていて、参加しやすくなっています。

アート留学PICKUP!

もっと見る