親子留学

親子留学記事一覧

  • 2016.02.03

    親子留学は親子で楽しめるフィジーが人気

    子供に、早い内から英語や異文化に触れさせ、将来のチャンスを増やしてあげたいと、親子留学をする人が増えています。中でも人気が高いのが、1~2週間程度の短期の親子留学。子供の学校や幼稚園、習い事や部活、留守宅に残るご主人のことなど、なかなか長期間は難しいという人でも、比較的気軽に旅行の延長で参加できるのが人気の秘密のようです。そこで、South Pacific Free Bird (株)の内田恭之助さんにご協力いただき、親子で行くフィジー留学プログラムについてご紹介します。

  • 2016.01.16

    治安も良く暮らしやすいバンクーバーが留学先として人気!

    語学留学を中心に、留学先として安定した人気を誇るバンクーバー。過ごしやすい気候と治安の良さ、美しい街並み、欧米の中でも比較的高すぎない物価など、生活しやすい条件が整っている上、学校の数や種類も多いので、留学先や滞在方法の選択肢も豊富です。そこで、今回はカナダの留学を専門に扱っているハートフルインターナショナル(株)の山田恵理子さんにお話を伺い、最近のバンクーバー留学のトレンドやお勧めプログラムをご紹介します。

  • 2016.01.03

    大人気の夏休み親子留学

    夏休みも目前に迫り、そろそろ真剣に休みの計画を考える時期。家族旅行も良いけれど、思い切って親子で留学をしてみませんか? 英語の授業を導入する小学校も増え、また0歳から通える英会話スクールなど、ますます進む英語教育の低年齢化を受け、人気上昇し続けている親子留学のプログラムも選択肢が広がっています。そこで日本旅行語学研修デスクの今井久美子さんにご協力いただき、この夏お勧めのプログラムや親子留学の最新情報についてお話を伺いました。

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.01.14

    海外の学生に日本文化や日本語を教える日本語教師が人気!

    最近、ただ「学ぶ」ことを目的とした留学ではなく、現地の人の中に溶け込み、現地の人に貢献したいと希望する人が増えています。その手段の一つとして注目を集めているのが、現地の学生に日本文化や日本語を教える日本語教師プログラム。日本人であるということを生かし、教えることを通して自分自身も学ぶことができると人気です。そこで、iiP-インターナショナル・インターンシップ・プログラムスの加藤絢子さんにご協力いただき、気になる仕事内容や資格などについてご紹介します。

  • 2016.01.18

    アメリカの大学へ進学しよう! その3 条件付入学制度

    進路の選択肢の一つに「アメリカの大学」を加える高校生が増加しています。大きな理由として以下の6つが挙げられます。
    1.日本の大学教育に対する懸念と失望
    2.国際化に伴う日本の就職事情の変化
    3.経済負担の軽減
    4.留学生をサポートするシステムの進化
    5.日本にないアメリカの大学が持つ数多くのメリット
    6.あらゆる分野のグローバル化
    上記6項目の詳細を読む
    「アメリカの大学へ進学しよう!」3回目のテーマは「条件付入学制度」です。アメリカの大学進学を考えるとき、費用も気になることの一つですが、"英語力"を一番にあげる人が多いと思います。日本でじっくり英語力をつけてからアメリカの大学に挑戦する方法もありますが、今回ご紹介する「条件付入学制度」を利用すれば現在の英語力で入学出願できます。それでは「条件付入学制度」とその制度を活用した留学方法について紹介します。

  • 2016.01.26

    根強い人気の韓国留学

    韓流ブームは一段落しつつあるものの、依然として高い人気を誇る韓国。最近では、ただの観光やロケ地巡りからさらに一歩踏み込んで、韓国語や文化を学んだり、生活を体験するなど、より深く韓国を知りたいと希望する人が増えているといいます。途中で一時帰国したり、短期間ずつ何度も留学するなど、従来の欧米への留学に比べても気軽に訪れる人が多いのも、すぐお隣の国ならでは。また、日本語と文法が似ている上、「カバン」などまったく同じ単語もある韓国語は、日本人には習得しやすいので3ヶ月ほどで簡単な日常会話をクリアというのも夢ではありません。日本語を話せる人も多く、生活費も日本の大都市に比べて安いなど、魅力あふれる韓国留学。そこで今回は、オーバーシーズ海外情報センターの高松久美子さんにご協力いただき、韓国留学の中でも最近特に注目を集めているホテルインターンとワーキングホリデー、シニア留学についてご紹介します。