親子留学

親子留学記事一覧

  • 2016.02.03

    親子留学は親子で楽しめるフィジーが人気

    子供に、早い内から英語や異文化に触れさせ、将来のチャンスを増やしてあげたいと、親子留学をする人が増えています。中でも人気が高いのが、1~2週間程度の短期の親子留学。子供の学校や幼稚園、習い事や部活、留守宅に残るご主人のことなど、なかなか長期間は難しいという人でも、比較的気軽に旅行の延長で参加できるのが人気の秘密のようです。そこで、South Pacific Free Bird (株)の内田恭之助さんにご協力いただき、親子で行くフィジー留学プログラムについてご紹介します。

  • 2016.01.16

    治安も良く暮らしやすいバンクーバーが留学先として人気!

    語学留学を中心に、留学先として安定した人気を誇るバンクーバー。過ごしやすい気候と治安の良さ、美しい街並み、欧米の中でも比較的高すぎない物価など、生活しやすい条件が整っている上、学校の数や種類も多いので、留学先や滞在方法の選択肢も豊富です。そこで、今回はカナダの留学を専門に扱っているハートフルインターナショナル(株)の山田恵理子さんにお話を伺い、最近のバンクーバー留学のトレンドやお勧めプログラムをご紹介します。

  • 2016.01.03

    大人気の夏休み親子留学

    夏休みも目前に迫り、そろそろ真剣に休みの計画を考える時期。家族旅行も良いけれど、思い切って親子で留学をしてみませんか? 英語の授業を導入する小学校も増え、また0歳から通える英会話スクールなど、ますます進む英語教育の低年齢化を受け、人気上昇し続けている親子留学のプログラムも選択肢が広がっています。そこで日本旅行語学研修デスクの今井久美子さんにご協力いただき、この夏お勧めのプログラムや親子留学の最新情報についてお話を伺いました。

1ページ1

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.01.30

    保育士の資格を取って、卒業後オペアに参加する方が増えている

    ステイ先の子供の世話をすることで、滞在費と食費を免除され、お小遣いももらえるオペア。年齢制限や女性限定といった条件はありますが、空き時間には学校へ通うこともでき、働きながら長期間滞在することができます。本来は少ない予算でも海外生活する手段として始まった制度ですが、最近、海外の保育現場を知り、幼児教育のキャリアアップへつなげようという、保育士や幼稚園教諭の免許を持つ人の参加が増えているという情報をキャッチ! そこで、アメリカでのオペア手配の老舗、国際教育交流協会(PIEE)の細川加奈さんにご協力いただき、免許保持者と未経験者の待遇の違いや、いったいどんな仕事や生活をするのかなど、オペアの最新情報をご紹介します。

  • 2016.01.01

    分野にこだわった本格的な長期インターン

    生の英語を身につけたり、実際に仕事をすることで現地の就労状況を実感したり、一緒に肩を並べて仕事をすることで現地の人々ともより密接なつきあいをすることができるなど、ただの留学とは違う体験ができるのが魅力です。

  • 2016.02.03

    留学は学校選びが成功の秘訣-人気の2年制コミカレ

    海外進学、中でもアメリカの大学留学を目指す人に注目されているのが、2年制のコミュニティカレッジ。本来は地元の人のキャリアアップや生涯教育を目的に、日本の短期大学と職業訓練校の要素を持つ学校ですが、比較的安い学費で2年間で卒業できる、低い英語力でも入学できる学校も多いなどといった利点に加え、4年制大学への編入コースも整っていることから、最近では4年制大学への通過点としてコミュニティカレッジを選ぶ人も増えています。そこで今回は、アメリカの2年制や4年制大学留学の手配をしているグローバルスタディの上奥由和さんにご協力いただき、留学学校選びの注意点や、4年制大学編入へのメリット・デメリットなど、コミュニティカレッジの最新の海外進学情報をご紹介します。