社会人

社会人記事一覧

  • 2016.09.30

    いつかはペラペラになりたい!ビジネス英語学習を続けるコツ3つ

    学生のときは勉強が仕事のようなもの。 でも社会人になると仕事が何よりも最優先になって、勉強をしたいと思っても、なかなかその時間はとれません。いくら新しく参考書を買っても、結局、机の上に重なって置いてあるだけ…。 そのままでは、いつになっても英語が話せるようになりません。 毎日コツコツと続けていくことが何よりも大切。 そこで今回は、ビジネス英語学習を続けるコツをご紹介いたします。

  • 2016.09.30

    1週間でも楽しめる!社会人の夏休み留学プラン

    学生の頃とは違って社会人にとっては貴重な時間。 毎日向き合っている仕事から離れられると思うと、ただぼ~っと過ごすだけではもったいない! もし1週間以上お休みをとれたなら、思いきって海外留学してみませんか? たった1週間でも語学は鍛えられるし、海外ならではの体験もできるんです。もちろん一人で行っても現地にすぐに馴染めます。 そこで今回は社会人の夏休み留学プランをご紹介してまいります。

  • 2016.09.30

    勢いだけではダメ!社会人留学するときの注意点

    社会人になってから、ある程度の年数が過ぎると、自然と今の環境から少し離れたくなるもの…。元々、海外に興味があるなら、なおさら、留学に向けて準備をしたくなるでしょう。 ただし、学生の頃は勢いだけで行動できても、さすがに社会人になった以上、後先のことを考えずに海外へ飛び出してはいけません。一定期間、キャリアから離れるのであれば、その後のことも、きちんと考えなければいけませんよね。 そこで今回は、社会人留学するときの注意点をご紹介いたします。

  • 2016.01.07

    語学もアルバイトも旅行もできるから社会人にも人気!

    1年間海外で生活し、語学もアルバイトも旅行もできるワーキングホリデー。もともと若者に安く海外生活を体験する機会を与えることを目的にできた制度ですが、ここ数年、20歳代半ばから後半にかけての、年齢制限ギリギリの駆け込み参加者が増えているといいます。そこで今回は、長年ワーキングホリデーの手配をしている㈱クリエイティブ・ライフ・アソシエーション(CLA)にご協力いただき、こうした社会人参加者について、最近のワーキングホリデー事情なども併せてご紹介します。

  • 2016.01.05

    社会人も参加できる「スカラーシップ(奨学金)で大学進学」

    アメリカの大学への進学を考えたとき、ネックとなる問題のひとつが留学費用。1年以内の語学留学と違って、卒業までには授業料、食費、滞在費など、それなりの金額がかかります。しかし、やる気のある人には数多くのチャンスが用意されているのがアメリカ。そこで、今回はグローバルスタディの上奥由和さんにご協力をいただき、奨学金をもらって行く(スカラーシップ)アメリカの大学留学をご紹介します。

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.02.01

    英語留学の穴場、地中海に浮かぶ英語圏の島マルタ

    地中海の中で唯一の英語圏の島マルタ。世界遺産の宝庫ともいえるこのマルタ島が、今、英語を学ぶ学生たちでにぎわっています。日本ではまだまだあまり知られていませんが、ヨーロッパでは4~5年前から既に大ブームで、それに伴って英語学校の数も急速に増加中。日本人学生が少ないため、まさに穴場ともいえます。そこで今回はグローバルスタディ海外留学センターの上奥由和さんにご協力いただき、そんなマルタ留学の魅力をご紹介します。

  • 2016.01.02

    大人への第一歩!ひと夏で成長した我が子の姿を見てみませんか?

    毎年多くのジュニアの参加者を見ていますが、近年参加者が低年齢化しており、小学生から参加される方が多い事が傾向です。私達の時代とは違い、親御さんに留学経験のある方が多くなり、幼少時からの英語教育に積極的になっていると思います。

  • 2016.01.09

    プーケット生活が安くてメチャクチャ面白い

    安近短のビーチリゾートの代表格プーケット。最近の海外旅行ブームの復活に伴い、訪れる観光客の数も津波以前よりも増えているほど。欧米に比べてはるかに安い費用で留学や生活ができるとあって、高校生からシニア世代まで幅広い年齢層の人に留学先として人気です。特に最近問合せが増えているのが、親子留学。短期間でも現地の幼稚園や小学校に入学しやすいので、2週間から1ヵ月程度での留学が可能です。また、インターンシップへの社会人参加者が増えてきたのも最近の傾向。安い費用で研修ができる上、就職口も多く、そのまま現地就職への道も開かれています。特に人気の高いホテル研修では、大半の参加者が現地での就職を希望し、9割の人が就職をかなえているほど。バティックやダイビングなど、語学留学+αで学べるものの種類が多いのもプーケットの特長の一つですが、中でも、タイ料理やタイ式のヨガへの参加希望者は急増中。語学研修はなしで料理だけという参加者も増えています。遊び感覚から就職につながる留学まで、安い費用でさまざまなことができるプーケットは、今注目のエリアです。