日本語教師

日本語教師記事一覧

  • 2016.02.16

    教育留学で日本語教師アシスタントとなり、英語でのコミュニケーション力を鍛える

    海外の小学校や中学・高校などで日本語を教えたり現地教師のサポートをする日本語教師アシスタント。日本語教師を目指す人はもちろんのこと、現役教師や教職を目指す学生などに人気です。その教育留学の魅力がどのようなところにあるのか、アメリカの日本語イマージョン教育実施校へアシスタント教師を派遣している特定非営利活動法人 国際教育文化交流協会 ISECEの大野義夫さんにお話をうかがいました。

  • 2016.02.06

    異文化体験できる留学~日本語教師アシスタント

    せっかく言葉と文化を学ぼうと語学研修に行ったのに、語学学校はアジア人ばっかりで、知り合った現地の人は先生とホストファミリーだけ。がっかりして帰国という人も少なくありません。そこで、もっと現地の人と交流したいという人たちに注目を集めているのが、日本語教師アシスタント。TOP留学センターの村本建二さんにご協力いただき、プログラム内容や現地の生活についてご紹介します。

  • 2016.01.14

    海外の学生に日本文化や日本語を教える日本語教師が人気!

    最近、ただ「学ぶ」ことを目的とした留学ではなく、現地の人の中に溶け込み、現地の人に貢献したいと希望する人が増えています。その手段の一つとして注目を集めているのが、現地の学生に日本文化や日本語を教える日本語教師プログラム。日本人であるということを生かし、教えることを通して自分自身も学ぶことができると人気です。そこで、iiP-インターナショナル・インターンシップ・プログラムスの加藤絢子さんにご協力いただき、気になる仕事内容や資格などについてご紹介します。

  • 2016.01.08

    人気の日本語教師アシスタント、教師の資格がなくてもできる!

    現地の小学校や中・高校で子供達に日本語や日本の文化を教える日本語教師アシスタント。ただ「学ぶ」だけの留学と違い、実際に現地社会に入って生活し、同時に日本人の少ない環境で生きた英語を身につけることもできると注目を集めています。とは言っても、誰にでも参加できるものなのでしょうか。そこでインターナショナル・インターンシップ・プログラムス(iiP)の長さんにご協力いただき、教師の資格がなくてもできる日本語教師アシスタントプログラムについてご紹介していきます。

  • 2016.01.02

    異文化体験!日本語教師アシスタント!!

    利用会社:TOP留学センター
    参加者:尾崎 奈穂さん
    留学先:オーストラリア ブリスベン

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.02.16

    教室での勉強だけで終わらないインターンシップ・CO-OPプログラムとは?

    最近、卒業後の就職など、将来をしっかり見据えて留学される方が増えています。そこで、専門分野をしっかり学び、その後の就労体験まで1つのプログラムになっている、インターンシップ/CO-OPプログラムに注目。今回はCO-OPプログラムを実際に取扱っているA Four-Leaf海外留学センターの下川恵子さんに、その内容と魅力についてお話をうかがいました。

  • 2016.09.30

    いつかはペラペラになりたい!ビジネス英語学習を続けるコツ3つ

    学生のときは勉強が仕事のようなもの。 でも社会人になると仕事が何よりも最優先になって、勉強をしたいと思っても、なかなかその時間はとれません。いくら新しく参考書を買っても、結局、机の上に重なって置いてあるだけ…。 そのままでは、いつになっても英語が話せるようになりません。 毎日コツコツと続けていくことが何よりも大切。 そこで今回は、ビジネス英語学習を続けるコツをご紹介いたします。

  • 2016.01.05

    社会人も参加できる「スカラーシップ(奨学金)で大学進学」

    アメリカの大学への進学を考えたとき、ネックとなる問題のひとつが留学費用。1年以内の語学留学と違って、卒業までには授業料、食費、滞在費など、それなりの金額がかかります。しかし、やる気のある人には数多くのチャンスが用意されているのがアメリカ。そこで、今回はグローバルスタディの上奥由和さんにご協力をいただき、奨学金をもらって行く(スカラーシップ)アメリカの大学留学をご紹介します。