日本語教師

日本語教師記事一覧

  • 2016.02.16

    教育留学で日本語教師アシスタントとなり、英語でのコミュニケーション力を鍛える

    海外の小学校や中学・高校などで日本語を教えたり現地教師のサポートをする日本語教師アシスタント。日本語教師を目指す人はもちろんのこと、現役教師や教職を目指す学生などに人気です。その教育留学の魅力がどのようなところにあるのか、アメリカの日本語イマージョン教育実施校へアシスタント教師を派遣している特定非営利活動法人 国際教育文化交流協会 ISECEの大野義夫さんにお話をうかがいました。

  • 2016.02.06

    異文化体験できる留学~日本語教師アシスタント

    せっかく言葉と文化を学ぼうと語学研修に行ったのに、語学学校はアジア人ばっかりで、知り合った現地の人は先生とホストファミリーだけ。がっかりして帰国という人も少なくありません。そこで、もっと現地の人と交流したいという人たちに注目を集めているのが、日本語教師アシスタント。TOP留学センターの村本建二さんにご協力いただき、プログラム内容や現地の生活についてご紹介します。

  • 2016.01.14

    海外の学生に日本文化や日本語を教える日本語教師が人気!

    最近、ただ「学ぶ」ことを目的とした留学ではなく、現地の人の中に溶け込み、現地の人に貢献したいと希望する人が増えています。その手段の一つとして注目を集めているのが、現地の学生に日本文化や日本語を教える日本語教師プログラム。日本人であるということを生かし、教えることを通して自分自身も学ぶことができると人気です。そこで、iiP-インターナショナル・インターンシップ・プログラムスの加藤絢子さんにご協力いただき、気になる仕事内容や資格などについてご紹介します。

  • 2016.01.08

    人気の日本語教師アシスタント、教師の資格がなくてもできる!

    現地の小学校や中・高校で子供達に日本語や日本の文化を教える日本語教師アシスタント。ただ「学ぶ」だけの留学と違い、実際に現地社会に入って生活し、同時に日本人の少ない環境で生きた英語を身につけることもできると注目を集めています。とは言っても、誰にでも参加できるものなのでしょうか。そこでインターナショナル・インターンシップ・プログラムス(iiP)の長さんにご協力いただき、教師の資格がなくてもできる日本語教師アシスタントプログラムについてご紹介していきます。

  • 2016.01.02

    異文化体験!日本語教師アシスタント!!

    利用会社:TOP留学センター
    参加者:尾崎 奈穂さん
    留学先:オーストラリア ブリスベン

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.01.13

    2007年大人気のカリフォルニア留学トレンド予測!

    短期・長期を問わず、カリフォルニアは留学先として高い人気を誇ります。温暖な気候や学校の選択肢の多さ、生活のしやすさなど、その魅力は尽きることはなく、2007年も留学王者の地位は変わらなさそうです。そこでカリフォルニア留学に詳しいISS(株)国際交流センターの松下全良さんに、これから留学プランを検討したいという方のために、2007年注目の留学プログラムを中心にトレンドやお勧め情報を伺ってきました。

  • 2016.01.23

    オーストラリア、アメリカ、カナダ留学で看護コースを選ぶ人が増えている

    ますます人気上昇中の看護師留学。これまでのキャリアと資格を生かして現地の資格を取得し、正看護師として働いたり、海外の医療・看護事情や技術を学ぶことができると、注目を集めています。参加者の多くは、すでに日本で正看護師として働き、さらなるキャリアアップをめざすという人達ですが、中にはこれから海外で看護アシスタントや医療ボランティアからスタートして、一から看護学を勉強される方もいます。一口に看護師留学といっても、それまでの経歴や資格、性格、また留学先の国によって、資格取得までの道もそれぞれです。そこで、看護師留学の手配を数多く手がける㈱全国通販 留学デスクZTの堀井紀子さんにご協力いただき、いったいどんな国で、どのような留学ができるのかなど、看護師留学の種類や内容などについてご紹介します。

  • 2016.01.29

    海外でサッカー留学を志すゴールデンエイジの少年たち!

    ワールドカップや海外プロチームなど、日本人選手の国際舞台での活躍が増えているサッカー。しかし、欧米選手との体格の違いやコミュニケーション能力など、一流のプロ選手ですら世界との壁にぶつかり悩むことも少なくありません。そこで、早くから海外のプレーを学ぼうと、サッカー留学を志す少年たちが増加中。特に9歳から13歳はスポーツはもちろん、学習や芸術などあらゆる面で成長する“ゴールデンエイジ”。この時期を同じ夢を持つ海外の仲間と過ごすことで、サッカーだけでなく国際感覚やコミュニケーション力も身につけることもできます。スポーツ留学専門店の(株)アールスポーツウェブ ベアーフット・コミュニケーションズの高木亮さんにご協力いただき、イギリスでの短期プログラムを中心に、ゴールデンエイジ真っ盛りのジュニアのサッカー留学についてご紹介します。