交換留学

交換留学記事一覧

  • 2016.09.30

    普通の留学との違いは?「交換留学」の基本

    留学と行っても「語学留学」もあれば「交換留学」もあります。 どちらにしても、海外へ行くことには変わりないですが、方法や学ぶ内容が変わってきます。 特に「交換留学」の場合は、大学に通っているからこそ利用できるメリットがいくつかあります。 実際に行動に移す前に、まずは交換留学の基本から学び直しましょう。 そこで今回は「交換留学」の基本についてご紹介してまいります。

  • 2016.02.08

    安い費用で高校留学をすることができる交換留学、中3の夏から準備開始!

    大好きな英語力を伸ばしたい。海外の高校で友達を作りたい。大学留学の下見に高校で留学を体験したい。高校留学で将来の可能性を広げたいけれど、お金がかかるのは無理とあきらめている人はいませんか? そんな人におすすめなのが交換留学です。高校留学に詳しいAISE日本事務局の田口博美さんにご協力いただき、私費留学との違いや準備など、交換留学についてご紹介します。

  • 2016.01.24

    来年交換留学に参加したいなら、今が準備の時期

    1年間ホームステイをしながら海外の高校に通うことができる交換留学。学校や滞在地域を選べないことや、留学期間も決まっているなどの制約はありますが、多額の費用のかかる私費留学に比べ、少ない予算でも留学を体験することができ、また、受け入れ機関もしっかりしているので安心です。高校3年間の中で、交換留学のチャンスは1年生または2年生の秋からのたった2回、しかも試験や準備に時間がかかるため、もしあなたが来年留学したいと思うのなら、まさに今が計画をスタートする時。そこで、交換留学に実績のある国際教育交流協会(PIEE)にご協力いただき、交換留学とはどのようなものなのか、どんな準備をするのかなどについてご紹介します。

  • 2016.01.18

    今後、注目される高校留学の種類・予算・進路をプロに聞く!

    高校時代のすごし方として今や選択肢の一つになった留学。柔軟で吸収力の豊富な時期に親元から離れて海外の高校生と共に過ごす経験は、英語力だけでなく、自立心や責任感、将来に対する積極的で前向きな考え方など、多くのものを与えてくれます。とはいっても、費用や英語力への不安、受験への影響など、興味があってもなかなか踏み出せない人も多いはず。そこで今回は、高校留学手配の老舗、AISE日本事務局の田口博美さんにご協力いただき、高校留学の種類や予算、その後の進路などをご紹介します。

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.01.23

    オーストラリア、アメリカ、カナダ留学で看護コースを選ぶ人が増えている

    ますます人気上昇中の看護師留学。これまでのキャリアと資格を生かして現地の資格を取得し、正看護師として働いたり、海外の医療・看護事情や技術を学ぶことができると、注目を集めています。参加者の多くは、すでに日本で正看護師として働き、さらなるキャリアアップをめざすという人達ですが、中にはこれから海外で看護アシスタントや医療ボランティアからスタートして、一から看護学を勉強される方もいます。一口に看護師留学といっても、それまでの経歴や資格、性格、また留学先の国によって、資格取得までの道もそれぞれです。そこで、看護師留学の手配を数多く手がける㈱全国通販 留学デスクZTの堀井紀子さんにご協力いただき、いったいどんな国で、どのような留学ができるのかなど、看護師留学の種類や内容などについてご紹介します。

  • 2016.01.09

    最近、英語だけでなくプラスαの留学が、特に人気!

    街はキレイに、そして安全になって来たと感じる訪問者の多い近頃のニューヨーク。そのためか留学先としてニューヨークを選ぶ人の数も年々伸びていると言います。この地の魅力はなんといっても大都市ならではの幅広い選択肢。観光を兼ねた短期留学から名門大学への進学、そして専門スキルの取得までさまざまなプログラムが揃っています。最近とくに人気なのが、英語だけでなくプラスαが学べるもの。ダンス、アート、音楽、ファッション、エンターテイメントなど、多くの分野の中心でもあるニューヨークなら、自分の夢の実現へ踏み出すチャンスも多いはず。年末のニューヨークは、クリスマスやニューイヤーイベントなど、この時期ならではのビッグイベントが体験できるシーズン。年末年始でも語学研修ができる学校もあるので、街を楽しみながら勉強もしっかりしたいという方にもおすすめです

  • 2016.01.14

    女性を中心に人気のカナダのワーホリ。狙い目は新登場のアイルランド

    働く・学ぶ・遊ぶ・暮らすなど、1年間をそれぞれの過ごし方で滞在できるワーキングホリデー(ワーホリ)。授業料や滞在費の全てを事前に用意しなければいけない留学と違い、現地で収入を得ることもできるので、少ない予算でも渡航が可能です。できる国の数も増え、人気も高まる一方。そこで、ラストリゾート大阪支店の三津さんにご協力をいただき、今年のワーホリ事情や最近のトレンドなどについてご紹介します。