フィジー

フィジー記事一覧

  • 2016.09.30

    1週間でも楽しめる!社会人の夏休み留学プラン

    学生の頃とは違って社会人にとっては貴重な時間。 毎日向き合っている仕事から離れられると思うと、ただぼ~っと過ごすだけではもったいない! もし1週間以上お休みをとれたなら、思いきって海外留学してみませんか? たった1週間でも語学は鍛えられるし、海外ならではの体験もできるんです。もちろん一人で行っても現地にすぐに馴染めます。 そこで今回は社会人の夏休み留学プランをご紹介してまいります。

  • 2016.02.03

    親子留学は親子で楽しめるフィジーが人気

    子供に、早い内から英語や異文化に触れさせ、将来のチャンスを増やしてあげたいと、親子留学をする人が増えています。中でも人気が高いのが、1~2週間程度の短期の親子留学。子供の学校や幼稚園、習い事や部活、留守宅に残るご主人のことなど、なかなか長期間は難しいという人でも、比較的気軽に旅行の延長で参加できるのが人気の秘密のようです。そこで、South Pacific Free Bird (株)の内田恭之助さんにご協力いただき、親子で行くフィジー留学プログラムについてご紹介します。

  • 2016.01.19

    南のリゾートで英語を学ぶフィジーが人気上昇中!

    最近ビーチリゾート等で語学を学ぶ、リゾート留学が人気です。美しい海に癒されながら語学を学び、観光旅行では難しい現地の人々との触れ合いや生活も体験できるのが魅力ですが、中でも注目を集めているのがフィジーやニューカレドニアなどの南太平洋の島々。特にフィジーは、陽気でフレンドリーな国民性と、英語が学べるという点で数々のマスコミなどでも紹介され、人気急上昇中です。そこで、実際に南太平洋での語学研修を企画している㈱エイチ・アイ・エス関東営業本部ツアー企画課の室井哲さんにご協力いただき、フィジーを中心に南太平洋のリゾート留学についてご紹介します。

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.01.01

    夏休みの留学トレンド発表!比較ポイントはココ!!

    アクティビティやプログラムの種類が最も充実する夏休みの時期(7~8月)は、リフレッシュ目的の体験型留学、子ども向けサマースクール、インターンシップ、ボランティアと多彩なプランが目白押し。サマープログラムは、通常の短期留学より長め(10日~4週間)の設定が多いのが特徴。世界各地から大勢の留学生が集まるため、活発な国際交流が期待できるのも夏ならではの醍醐味です。今年こそ夏休みの留学を!と思う人は、以下のポイントに注目して準備を進めましょう。

  • 2016.02.22

    2009年の人気留学プログラムを徹底検証!

    世界的不況で始まり終わった2009年。暗い世相を反映してか、留学プログラムへの資料請求も前年に比べて全体で30%ダウンという厳しい結果になりました。ところが1年間の人気ランキングをみると、その中でも、前年と変わらない又は前年以上の請求件数を集めたプログラムがあることが判明。いったいどのようなものが人気を集めたのか?その秘密は?など、今求められている留学プログラムを徹底検証しました。

  • 2016.02.19

    日本人が少ない語学学校に留学する理由

    せっかく語学学校に留学するなら日本人の少ない学校に行きたいというのは、留学生によくある希望です。では、日本人の少ない学校を選ぶことで求められる理想の留学環境とはどのようなものなのでしょうか?今回は、世界中に直営の語学学校を持つ、EFエデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社の鈴木勇人さんにご協力いただき、日本人が少ない語学学校に留学する理由についてお話をうかがいました。