バンクーバー

バンクーバー記事一覧

  • 2016.02.20

    カナダ家庭の生活を楽しめる留学

    洗練された都市とダイナミックな自然が調和するカナダは数千年もの長い間、大陸を移動して辿り着いた人々が暮らしてきた土地です。それぞれの民族の伝統や文化を大切にしながら共に助け合い、豊かで厳しい自然とも共生しながら発展し続け、現在では多民族国家として知られています。そんなカナダで注目されているのが、そこに暮らす人々の家庭に入り、カナダの生活を体験できる留学です。

  • 2016.01.22

    夏休みの短期留学にピッタリのバンクーバーホームステイ

    語学留学を中心に、年間を通して人気の高いカナダのバンクーバーは、まさにこれからがベストシーズン。日本からも近く、予算・期間共に比較的手頃に留学できるため、夏休みの短期留学にもピッタリです。そこで、カナダ留学に詳しいハートフルインターナショナル㈱の阿部江美子さんにご協力いただき、夏のバンクーバーの魅力や、人気の高いバンクバーホームステイや親子留学などをご紹介します。

  • 2016.01.11

    2010年オリンピックを迎えるバンクーバーではキャリアアップ留学に注目!

    2010年に開催されるオリンピックを控え、今バンクーバーは世界でもっとも活気に満ちた街のひとつ。寒いという印象が強いカナダの中で、意外に冬でも0℃を割ることがないというバンクーバーは、治安もよく比較的物価も安く、公共の交通機関も発達しているため留学先としては以前から人気でしたが、オリンピックが近づくとともにこれからはますます注目を集めそうです。もともと観光地として日本人観光客向けの仕事が多いことからワーキングホリデーやインターンシップなど仕事体験を目的とした留学も人気でしたが、これからは街の盛り上がりとともに就労機会の拡大へ期待が高まっています。あまり知られていませんが、実はバンクバーは映画業界やIT関連ではトップレベルの技術者や講師陣を持つ国。オリンピックに向けてさらなる成長が期待される観光業はもちろんのこと、最先端のスキルが学べる専門学校が集中しています。確かな技術を身につけて、オリンピックで活気付く街で実際の仕事を体験する、そんなキャリアアップを見据えた留学が実現できそうです。

  • 2016.01.08

    100万円あればどんな留学ができる?

    ここでご紹介するのは、すべてプログラム費用100万円の留学プラン。「100万円あればどんな留学ができる?」そんな質問を投げかけて、各留学会社イチオシの練りに練ったプランをご用意いただきました。100万円の自分への投資で、あなたの人生を変える出会いがあるかもしれません。

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.01.09

    プーケット生活が安くてメチャクチャ面白い

    安近短のビーチリゾートの代表格プーケット。最近の海外旅行ブームの復活に伴い、訪れる観光客の数も津波以前よりも増えているほど。欧米に比べてはるかに安い費用で留学や生活ができるとあって、高校生からシニア世代まで幅広い年齢層の人に留学先として人気です。特に最近問合せが増えているのが、親子留学。短期間でも現地の幼稚園や小学校に入学しやすいので、2週間から1ヵ月程度での留学が可能です。また、インターンシップへの社会人参加者が増えてきたのも最近の傾向。安い費用で研修ができる上、就職口も多く、そのまま現地就職への道も開かれています。特に人気の高いホテル研修では、大半の参加者が現地での就職を希望し、9割の人が就職をかなえているほど。バティックやダイビングなど、語学留学+αで学べるものの種類が多いのもプーケットの特長の一つですが、中でも、タイ料理やタイ式のヨガへの参加希望者は急増中。語学研修はなしで料理だけという参加者も増えています。遊び感覚から就職につながる留学まで、安い費用でさまざまなことができるプーケットは、今注目のエリアです。

  • 2016.01.01

    夏休みの留学トレンド発表!比較ポイントはココ!!

    アクティビティやプログラムの種類が最も充実する夏休みの時期(7~8月)は、リフレッシュ目的の体験型留学、子ども向けサマースクール、インターンシップ、ボランティアと多彩なプランが目白押し。サマープログラムは、通常の短期留学より長め(10日~4週間)の設定が多いのが特徴。世界各地から大勢の留学生が集まるため、活発な国際交流が期待できるのも夏ならではの醍醐味です。今年こそ夏休みの留学を!と思う人は、以下のポイントに注目して準備を進めましょう。

  • 2016.02.18

    音楽三昧の充実ステイに人気が集まる音楽留学

    「音楽留学」。ひと口に音楽といっても、クラシックやジャズ、ロックなどジャンルはさまざま。さらに、バイオリン、ピアノ、ギター、ドラムといろいろな楽器が使われるほか、声楽やボーカルなど楽器を持たないものもあり、選択肢は多岐にわたります。大野さんの語る、音楽留学で希望をかなえられるレッスンを受けるコツとは?