スキル

スキル記事一覧

  • 2016.09.30

    勢いだけではダメ!社会人留学するときの注意点

    社会人になってから、ある程度の年数が過ぎると、自然と今の環境から少し離れたくなるもの…。元々、海外に興味があるなら、なおさら、留学に向けて準備をしたくなるでしょう。 ただし、学生の頃は勢いだけで行動できても、さすがに社会人になった以上、後先のことを考えずに海外へ飛び出してはいけません。一定期間、キャリアから離れるのであれば、その後のことも、きちんと考えなければいけませんよね。 そこで今回は、社会人留学するときの注意点をご紹介いたします。

1ページ1

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.02.10

    海外ワーキングホリデーが、あなたの1年間の海外生活をつくる

    暮らす・働く・学ぶ・旅するなど、自分の好きなスタイルで1年間の海外生活ができる海外ワーキングホリデー。30歳まで(一部25歳まで)という年齢制限はありますが、滞在可能な国も増え、ますます面白くなっています。そこで(株)ラストリゾート 新宿本店の小松朋世さんにご協力いただき、最近の海外ワーキングホリデー事情や人気の国、滞在スタイルなどについてご紹介します。

  • 2016.01.18

    アメリカの大学へ進学しよう! その3 条件付入学制度

    進路の選択肢の一つに「アメリカの大学」を加える高校生が増加しています。大きな理由として以下の6つが挙げられます。
    1.日本の大学教育に対する懸念と失望
    2.国際化に伴う日本の就職事情の変化
    3.経済負担の軽減
    4.留学生をサポートするシステムの進化
    5.日本にないアメリカの大学が持つ数多くのメリット
    6.あらゆる分野のグローバル化
    上記6項目の詳細を読む
    「アメリカの大学へ進学しよう!」3回目のテーマは「条件付入学制度」です。アメリカの大学進学を考えるとき、費用も気になることの一つですが、"英語力"を一番にあげる人が多いと思います。日本でじっくり英語力をつけてからアメリカの大学に挑戦する方法もありますが、今回ご紹介する「条件付入学制度」を利用すれば現在の英語力で入学出願できます。それでは「条件付入学制度」とその制度を活用した留学方法について紹介します。

  • 2016.01.26

    根強い人気の韓国留学

    韓流ブームは一段落しつつあるものの、依然として高い人気を誇る韓国。最近では、ただの観光やロケ地巡りからさらに一歩踏み込んで、韓国語や文化を学んだり、生活を体験するなど、より深く韓国を知りたいと希望する人が増えているといいます。途中で一時帰国したり、短期間ずつ何度も留学するなど、従来の欧米への留学に比べても気軽に訪れる人が多いのも、すぐお隣の国ならでは。また、日本語と文法が似ている上、「カバン」などまったく同じ単語もある韓国語は、日本人には習得しやすいので3ヶ月ほどで簡単な日常会話をクリアというのも夢ではありません。日本語を話せる人も多く、生活費も日本の大都市に比べて安いなど、魅力あふれる韓国留学。そこで今回は、オーバーシーズ海外情報センターの高松久美子さんにご協力いただき、韓国留学の中でも最近特に注目を集めているホテルインターンとワーキングホリデー、シニア留学についてご紹介します。