フィリピン留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

フィリピン留学

同じアジアでありながら海や大自然が身近な南国の島で、英語を学んでみませんか。フレンドリーな国民性や物価の安さは留学生にとって大きな魅力です。また、余暇にはマリンスポーツやゴルフ、エステ、マッサージ等も気軽に体験できるのが嬉しいところです。

フィリピン留学のプラン一覧

  • No.033-0610-P 詳細を見る

    2カ国留学の準備に最適!フィリピンでネイティブ講師のマンツーマンレッスン

    アンヘレスエリアにある語学学校EG Academyで英語を学ぶプログラム。アンヘレスはマニラから車で2時間30分程の距離にあります。フィリピンでは珍しいマンツーマンでもネイティブ講師の授業が受けられる学校で、ワーキングホリデーなどを利用した2カ国留学をお考えの方に人気の学校です。中でもオススメはNATIVE MIXEDコースで、4コマ中2コマのマンツーマンがネイティブ講師、残り2コマのマンツーマンはフィリピン人講師が担当します。授業以外の面でも、施設や食事に対する満足度の高い学校で中長期での留学にも適した学校です。

    • 50万以下
  • No.033-0605-P 詳細を見る

    AELC / American English Learning Center

    2013年1月にアンヘレスの繁華街から少し離れた治安のよい地域に新校舎AELC-1を移転、続いて高級コンドミニアム内にAELC-2がオープン、どちらも綺麗でピカピカの校舎で気分よく過ごせます。周辺にはコンビニやレストランがあり便利。フィリピンの語学学校では珍しく、ほとんどの授業をネイティブ講師が担当するコースもあります。他校に比べると料金が高めに感じるかもしれませんが、ネイティブ講師の授業を受けられることを考えるとかなりお得です。2週間以下の短期留学の方は初日の午前中にテストとオリエンテーションを済ませ、午後から授業をスタートできます。

    • 50万以下
  • No.033-0606-P 詳細を見る

    OKEA / Oceanic Kingdom English Academy

    バコロドの地図にも載っている地元でも知られた英語学校。1日8時間のクラシックコース、1日12時間のスパルタコースが基本ですが、その他にもマンツーマンが多いコースやマンツーマン1コマをネイティブが担当するコースもあります。部屋割りには、生徒2人+フィリピン人講師1人の選択もあり、寝る時以外は英語漬けという生活もおくれます(要早期予約)。敷地が広く、寮棟の廊下や芝生広場で各々がPCや映画鑑賞など、優雅な時間を過ごしています。シニアの方にもオススメ。

    • 50万以下
  • No.033-0607-P 詳細を見る

    LSLC / La Salle Language Center

    学習施設はセント・ラサール大学内にあり、大学の図書館、スポーツ施設(プールのみ有料)、カフェテリア、売店などの施設が充実しているため、勉強の合間の気分転換も充分にでき、地元学生と交流のチャンスにも恵まれています。基本の一般英語コースは1日8時間で、4時間のマンツーマン、2時間のグループレッスン、無料クラス2時間とたっぷりの時間割です。追加料金でマンツーマン5時間の集中コースも選べます。大学付属ということで、韓国の大学からの交換留学の団体が多く、日本人率は低いが、日本人スタッフ常駐で安心。日本でも大学によっては単位認定される大学もある(要、各大学へ確認)

    • 50万以下
  • No.033-0602-P 詳細を見る

    CPILS / Cebu Pacific International Language School

    セブで最も古い語学学校で、政府から留学生の受入れを最初に認められた学校として有名。 講師の平均勤続年数が長く、業界からの評価も高い。規模の大きさを活かした優れた設備(260教室)と高い学習効果が人気。セブ市の中心に位置し、寮施設180 部屋以上。スイミングプールやスポーツジム(有料)、カフェテリア、食堂、図書館などの施設も充実しています。特にスポーツインストラクターが常駐しているスポーツジムの設備はフィリピンの語学学校の中ではトップレベル。毎週木曜は契約医師の診察が無料で受けられ、平日は看護師が8時〜17時まで対応、体調不良時も安心。日本人スタッフ常駐。

    • 50万以下
  • No.033-0603-P 詳細を見る

    IDEA / IDEA English Academy Cebu

    セブで人気NO.1のSMショッピングモールからすぐの好ロケーションに2013年3月にオープン。すでに実績のあるダバオ本校をクローズしてセブに拠点を移しての開校なので、新規校とはいえ学校の運営も心配無用。1日6時間のセミスパルタ式の一般英語コース(マンツーマン4時間、グループ2時間、自習2時間)と、1日8時間のスパルタ式の集中英語コースが中心で、初心者でも記憶しやすいスピーキング重視の授業が人気。日本人スタッフが数人常駐。

    • 50万以下
  • No.033-0604-P 詳細を見る

    フィリンター / Philinter Center for English Language

    空港やビーチから近いリゾートエリアのマクタン島内に位置し、徒歩圏内にショッピングモールやレストランがあり便利。コースは1日8 〜 9 コマのESL が主体で、その他にもTOEICコースやIELTSコース、ビジネス英語コースなど、目的に合わせた様々なコースを開講。個々に担当の先生がつき、学習面と生活面の両方からサポート。いつでも相談にのってくれます。フィリピンの学校では珍しく、約7 カ国からの留学生が在籍する多国籍な学校。セブ英語学校協会会長の校長先生は、在日15 年の経歴を持ち、日本語はもちろん日本人の心も併せ持つ紳士です。それゆえ細かいケアが行き届き、生徒のみならず業界人からの支持も高い。

    • 50万以下
  • No.033-0599-P 詳細を見る

    CG / Cebu Globalization ESL Center

    朝8時から夜10 時までの12時間スパルタコースのみ。日本人は2012年からの受入れ開始と間もないですが、超スパルタカリキュラムの評判は高く、新しい寮も増築されたため、あっという間に日本人生徒が増えました。学習意欲の極めて高い人にお勧めの学校です。日本人スタッフ常駐。学校は娯楽の多いセブ市から南郊外のタリサイ市に新校舎を移転。大統領の別荘や住宅街として開発されている地域で、安全で静かな環境で勉強に集中できる。

    • 50万以下
  • No.033-0601-P 詳細を見る

    GS / Global Standard English Language School

    クラーク特別区内に位置する学校で、フィリピンの中でもトップクラスの治安のよい環境にあります。セミスパルタタイプの学校のため、平日の外出時間は16:00〜18:50と限られていますが、広い敷地内にゴルフ練習場(無料)やその他スポーツ施設が充実し、リフレッシュできる環境が整っています。日本人スタッフは常駐していますが、生徒の日本人率は10%前後と低く、英語漬けの留学生活を送りたい方にオススメの学校です。場所柄、セブ島やマニラに比べると田舎と思われがちですが、乗馬やトレッキング、シュノーケリングにスキューバダイビングなど、休日に少し足を伸ばせば楽しめる場所もたくさんあります。

    • 50万以下
  • No.033-0596-P 詳細を見る

    UV ESL / Cebu Language Institute Academy UV ESL

    名門医療系大学のキャンパス内に英語学習施設と寮があり、セキュリティも万全。地元学生との交流も可能。おすすめはマンツーマン5コマ、グループ4コマ、無料オプション(グループ)2コマのセミインテンシブコース。TOEIC・TOEFL・IELTS の各試験対策コースも優秀な講師が揃っている。長期滞在者で出席率のよい学生には、ビサヤ大学からの修了証が発行されるため、大学によっては単位認定してもらえる。(各自で在学中の大学に確認要)学校敷地に病院、近隣にはショッピングセンターやレストランが集まり、日常生活にも便利です。日本人スタッフ常駐で安心。

    • 50万以下
  • No.033-0598-P 詳細を見る

    PELIS / Perfect English Language International School

    キャンパスはセブの学生が集うバニラッドにあり、夕方以降満天の屋上テラスカフェで講師とのフリー会話を義務付けています。日本人スタッフ常駐。コースはマンツーマン、1対4、ネイティブ授業、選択授業、自習の内容で構成されており、どのコースもスパルタルールで平日は外出禁止。TOEIC・TOEFL・IELTSなどの各種試験対策も人気。1〜2週間の超短期留学の場合は、出発前にレベルチェックを行い、初日から授業が受けられる1:1 が6 コマのRapid 30/60コースがおすすめ。

    • 50万以下
  • No.086-0030-P 詳細を見る

    英語&ダイビング・好きな事と英語も学ぶ欲張り留学、安全なフィリピン海辺のスクール

    英語を勉強しながらスキューバダイビングも行うことが出来るコースです。安全なダバオのサマール島の透明度の高いきれいな海で潜ります。スクールから日帰りできる近さです。セブみたいに海が汚れていません。ライセンス取得もできます。PADIやNAUIの資格も取れます。資格は日本の1/3〜1/2の料金で取れます。スクールは海辺にあります!滞在は学生寮2人部屋利用は格安!フィリピン第2の都市ダバオに有る、唯一の海辺のスクールでの英語研修の特長は少人数制授業です。1:1レッスンは会話能力超スピードアップを保証するフィリピン英語研修の長所です。もうひとつの長所は費用の安さです。コストパフォーマンスが良く満足できる水準の教育と美味しいフルーツを提供します。日本のバナナは9割がダバオから輸入されています。

    • 50万以下
  • No.086-0036-P 詳細を見る

    ロングステイ・永住プログラム下見ツアーは地震・台風の少ない、放射能が無いダバオで!

    タイやマレーシアより安く・ゆったりしているダバオ市は海外ロングステイ・半永住を検討中の皆様に嬉しいニュース。英語が通じる国だから生活がしやすいのです。マレーシアのようにイスラム国家ではありません。 生活費が激安で台風・地震が少なく・放射能が無いフィリピンの安全宣言都市ダバオ市の下見ツアー兼英語レッスンを体験してください。1週間からOKです。50代以上の人たちの中で日本を脱出する人にぴったりの国がフィリピン・ダバオ市です。海外で国民年金を受け取り、生活をすることが出来ます。フィリピンは物価も安く、ダバオでは家賃3万円〜5万円位、生活費は夫婦で月3万円〜4万円です。国民年金・月10万円以下でも十分に生活が出来るのです。 また、物価の安い東南アジアの中で、フィリピンは英語圏ですので、言葉の面でも他の東南アジア諸国に比べて生活がしやすいといえます。 「英語はちょっと」という方にはフィリピン第2の都市ダバオに有る、唯一の海辺のスクールの英語研修をご紹介いたします。費用が安く、満足できる水準のレッスンは世界2大英語国米英に次ぐフィリピンだから出来ます。なお、日本のバナナは9割がダバオから輸入されています。 レッスン以外の楽しみは、ゴルフ、乗馬、カラオケ、食ベ歩き、ショッピング、マッサージ、マリンスポーツ、など超格安、日本の1/3〜1/5で楽しめます。

    • 50万以下
  • No.086-0041-P 詳細を見る

    心が折れそうな人に朗報!海辺の学校での1:1英語レッスン付留学

    日本はぎすぎすして、心が不安定!疲れた人にぴったりのフィリピン女性講師が優しく教えて、しかも格安のフィリピンで、午前は英語+午後はアクティビティが豊富!食べ歩き、マッサージ、カジノ、ダイビング、乗馬、ゴルフ、ボランティア活動などが日本の1/4〜1/3の料金で楽しめます。

    • 50万以下
  • No.086-0042-P 詳細を見る

    英国ワーホリビザの抽選に外れたら、特急で英語レベルを上げる留学は時給アップの秘訣

    中国人・韓国人はワーホリや本格留学前に英語レベルをフィリピンで格安・特急で上げています。世界第3の英語大国フィリピンでも南部のミンダナオ島は北海道よりも大きな島です。首都ダバオは、昔、日本人が基礎を作ったフィリピン第2の都市。台風や地震はほとんどありません。慌てて、ワーホリしても英語が出来ないと時給も低いのです。英語力を格安・短期で学びたい人にピッタリ!

    • 50万以下
  • No.033-0576-P 詳細を見る

    Cleverlearn English Language Institute, Mactan 【格安セブ留学】

    世界的なリゾートエリアのマクタン島に位置する語学学校。環境と設備はセブの語学学校でもトップレベル。教室や宿泊施設からの眺望は海が見え、セブ市内よりも空気がきれいで過ごし易い環境です。 1日6時間のレッスンのうち、マンツーマンレッスンが2時間、1対4のレッスンが2時間、ネイティブによるグループレッスンが2時間と他校に比べると少しゆとりのあるカリキュラム。つめ込み式ではなく、自分のペースで勉強したい人に人気の学校です。

    • 50万以下
  • No.033-0575-P 詳細を見る

    English Fella Language School セブ留学

    校舎は2006年完成でリゾートヴィラ風の美しい建物。1,500坪の敷地内にはインターネットカフェ、レストラン、プール、バスケットコート、フィットネスルームが揃っており、快適な滞在が可能。 マンツーマンレッスンが4時間、1対4のレッスンが2時間、1対8のレッスン1時間が基本のコース。マンツーマン主体なので、費用対効果が高い。日本人スタッフも常駐。 講師の採用には5回の面接と試験があるため、講師の質に自信を持っています。

    • 50万以下
  • No.172-0001-P 詳細を見る

    伝統のヒロット・マッサージなどを1週間から政府認定校で学べます

    英語+マッサージのダブル受講です。マンツーマンで英語を勉強しながら、ヒロットの他5種類マッサージも習うことが出来るコースです。初心者だけでなく、現役のエステテシャン、セラピストの方も参加できます。個人レッスンなので、1週間で、入門コース、2週間で初級コース取得できます。政府認定校の修了証がもらえます。 これから役に立つセラピー資格を学びます。フィリピン1500年の伝統ヒロットマッサージは本場で学べるのです。『カラダと精神のバランス』を調整していくマッサージで、腰と肩のこり、生体のゆがみに効くといわれています。フィリピン女性の、綺麗と元気のヒミツも学べます。ハワイアン・ロミロミ、 リフレクソロジー、スエーデンマッサージなども選べます。英語スクールで、午前または午後は英語、午後または午前はマッサージを毎日3時間ずつ学びます。フィリピン唯一の海辺のスクールではマンツーマンレッスンです。会話能力超スピードアップを保証するのが長所です。学費は日本で学ぶよりも70〜80%も安いです。

    • 50万以下
  • No.033-0600-P 詳細を見る

    EV / EV English Academy

    2004年開校以来、セブ初のスパルタ英語学校として君臨。広い敷地内は緑に囲まれ、プールや運動施設も充実、お散歩も可能です。スパルタオンリーのため月〜木は外出禁止、生活習慣から徹底管理され、早朝から勉強中心の生活を考えている人にピッタリの学校。まだ新しい校舎は毎日しっかり清掃され、どこを見てもまだピカピカ。メイドスタッフまでも笑顔を絶やさずホスピテリティ精神に溢れていて、学生の笑顔も絶えない。学校には、売店、ジム、各種スポーツ施設、映画シアター、マッサージショップがあり、学校から主要ショッピングモールにも近くて便利。

    • 50万以下
  • No.202-0008-P 詳細を見る

    話題沸騰のセブ島留学!親子揃ってマンツーマン授業で英語を習得!

    2018年度より小学3年生から英語が必修化となりますが、英語人口世界3位といわれるフィリピンでは幼稚園児から英語を学び、ほとんどの方が英語でコミュニケーションを取る事が可能です。子供の頃から英語を学習する事に反対の意見もありますが、グローバル社会で生き抜くために英語は絶対に必要です。また、幼いころから英語を学ぶことも大事ですが、日本人以外とコミュニケーションを取り、異文化交流を経験し国際感覚を養うためにも日本からたった4時間半と手軽に行くことが可能なフィリピン留学を是非親子で経験してみてください!

    • 50万以下

50件の検索結果

1 2 3

フィリピン留学PICKUP!

もっと見る

フィリピン留学の費用・期間

例)語学留学の場合

フィリピンで語学留学の場合の例
1ヵ月13~21万円
3ヵ月35~65万円
6ヵ月60~90万円
12ヵ月100~180万円

留学に
必要な費用

  • 入学金
  • 授業料
  • 滞在料
  • おこづかい
  • 斡旋手数料
  • 海外旅行保険料
  • 渡航費
  • ※フィリピン・ペソ=2.7円で計算しています。
  • ※上記見積は、参考料金としてご覧下さい。
  • ※上記見積は、入学金・授業料・滞在手配料・滞在費を含めた費用目安です。
  • ※上記見積に加えて、お小遣いや生活費、渡航費(航空運賃)、海外旅行保険料等が別途必要です。

フィリピンの基本情報

正式国名:
フィリピン共和国(Republic of the Philippines)

面積:
約29万9,404平方キロメートル(日本の約80%)

言語:
フィリピン語、英語

人口:
約9,234万人

通貨:
フィリピン・ペソ

首都:
マニラ

政体:
立憲共和制

民族構成:
マレー系が主体。他に中国系、スペイン系及びこれらとの混血並びに少数民族。

宗教:
キリスト教93%、イスラム教5%、その他。

食事:
米、肉料理、魚介類、ビーフン、フルーツ、ビール、ココナッツジュース、スペイン料理、中華料理

病院:
医療は、都市部と地方では医療格差が存在する。診察と治療それぞれをクリニックと総合病院が分担するオープンシステムという形態をとっている。病院は大都市部に国立や私立が数多くあり、マニラには日本人会診療所が存在する。

その他:
フィリピン入国時に発行される21日間の観光ビザで、語学学校への入学が可能。滞在が21日間を超える場合は、現地の移民局で滞在ビザを延長する必要がある。