ニュージーランド留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

ニュージーランド留学

国土の約3分の1が国立公園や自然保護区に指定されており、大自然と共存できる素晴らしい環境があります。勉強だけでなく、アクティブに留学生活を楽しむことが可能です。適度な大きさの各都市や治安の良さ、フレンドリーな国民性も魅力のポイントです。

ニュージーランド留学のプラン一覧

  • No.033-0544-P 詳細を見る

    ニュージーランド オークランド フライトアテンダントプログラム

    国内線、国際線に乗務する客室乗務員を目指す学生に必要とされる知識を学ぶコース。飛行機および航空産業に関する知識、客室乗務員スペシャリストトレーニングコース、実技、ニュージーランド国内で行われる3日間の校外実習に参加します。この学校のフライトアテンダントコースは、CAA(民間航空局)によって認定を受けた最初のコースであり、フライトアテンダントの訓練におけるCAA規則パート141の用件をすべて満たしています。NZQA(ニュージーランド資格審査局)およびCAA認定のフライトアテンダント専攻コースを実施しているのは、ニュージーランドではこの学校のみです。

  • No.147-0006-P 詳細を見る

    ニュージーランド 中学高校留学

    ニュージーランドの学校は留学生の受入に積極的で、初めての海外生活も安心しておくれるように配慮してくれる学校が多く、留学生向けの英語クラスも充実しています。人気のオークランド・クライストチャーチエリアはもちろん、地方都市にある学校も考慮し、本当にその人に合った学校探しをしていきます。日本人によるサポートもあり安心。

    • 渡航先ニュージーランド
    • 費用期間年間2,200,000円~ 年間2,200,000円~
    • 取扱会社AISE国際交流センター
  • No.033-0545-P 詳細を見る

    ニュージーランド オークランド フライトアテンダントプログラム

    国内線、国際線に乗務する客室乗務員を目指す学生に必要とされる知識を学ぶコース。飛行機および航空産業に関する知識、客室乗務員スペシャリストトレーニングコース、実技、ニュージーランド国内で行われる3日間の校外実習に参加します。この学校のフライトアテンダントコースは、CAA(民間航空局)によって認定を受けた最初のコースであり、フライトアテンダントの訓練におけるCAA規則パート141の用件をすべて満たしています。NZQA(ニュージーランド資格審査局)およびCAA認定のフライトアテンダント専攻コースを実施しているのは、ニュージーランドではこの学校のみです。

  • No.147-0046-P 詳細を見る

    ニュージーランド 高校留学

    ニュージーランドの学校は留学生の受入に積極的で、初めての海外生活も安心しておくれるように配慮してくれる学校が多く、留学生向けの英語クラスも充実しています。人気のオークランド・クライストチャーチエリアはもちろん、地方都市にある学校も考慮し、本当にその人に合った学校探しをしていきます。日本人によるサポートもあり安心。

    • 50万以下

4件の検索結果

1

ニュージーランド留学PICKUP!

もっと見る

ニュージーランド留学の費用・期間

例)語学留学の場合

ニュージーランドで語学留学の例
1ヵ月25~36万円
3ヵ月70~85万円
6ヵ月87~120万円
12ヵ月155~220万円

留学に
必要な費用

  • 入学金
  • 授業料
  • 滞在料
  • おこづかい
  • 斡旋手数料
  • 海外旅行保険料
  • 渡航費
  • ※ニュージーランド・ドル=91円で計算しています。
  • ※上記見積は、参考料金としてご覧下さい。
  • ※上記見積は、入学金・授業料・滞在手配料・滞在費を含めた費用目安です。
  • ※上記見積に加えて、お小遣いや生活費、渡航費(航空運賃)、海外旅行保険料等が別途必要です。

ニュージーランドの基本情報

正式国名:
ニュージーランド(New Zealand)

面積:
約27万534平方キロメートル(日本の約4分の3)

言語:
英語

人口:
約440万人

通貨:
ニュージーランド・ドル

首都:
ウェリントン

政体:
立憲君主制

民族構成:
欧州系(67.6%)、マオリ系(14.6%)、太平洋島嶼国系(6.9%)、アジア系(9.2%)、その他(12%)。

宗教:
キリスト教55.6%、無宗教 38%、その他。

食事:
バーベキュー、フィッシュ&チップス、シーフード、ラム肉、パイ

病院:
医療は、一般開業医(GP)による診察プライマリーケアと、病院や専門医が担当するセカンダリーケアの2つのステップがある。緊急時以外はまずGPの診断を受ける。病院は公立と私立が存在するが、私立は原則的に全額自己負担のため診察料が割高。

その他:
3ヶ月未満の滞在は、事前に日本国内でビザを申請する必要がある。3ヶ月以上の滞在については、期間や目的によって異なるため、事前の確認が必要。