ギャップイヤーなら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

ギャップイヤー
ギャップイヤー
大学入学を控える学生や大学を卒業して就職するまでの期間に短期間の旅行をする「ギャップイヤー」は変わらず人気があります。このような卒業旅行では、かつては長期間の滞在が一般的でしたが、ここ数年でその様子もすっかり変わってきました。現在は「短期間で」「何回も」というのがキーワードで、その中で短期留学を選択肢に入れるケースが増えてきています。

ギャップイヤーのプラン一覧

  • No.086-0080-P 詳細を見る

    中卒・高校中退でも留学できる、一流高校・大学進学の穴場はフィリピン・ダバオ!

    親も嬉しい、低予算での高校・大学留学プログラムです。英語のレベルアップ→受験→フィリピンの一流大学合格→2、3年後に日本や欧米の一流大学に転学する。費用は1/2〜1/3で済みますから、節約出来ますので、大卒後は大学院も可能です。スクールでは留学生のレベルに応じての英語レッスンをします、毎日マンツーマンレッスンが4時間、グループ3時間なので、英語初級でも6ヶ月〜12ヶ月間で大学入学レベルに達します。年に2回入学できる大学もあります。毎年9月の受験と2〜3月の受験を目指して、受験対策もしっかりやります。フィリピンの本来の新学期は6月からです。日本語のサポート・ガーディアンもいるので、安心です。英語の出来る人は英語のレッスン期間は短縮できます。

    • 50万以下
  • No.086-0100-P 詳細を見る

    世界標準の英語+公的専門資格取得コースは英国で!英語+専門は強い、しかも安い!

    受験勉強にエネルギーを使わないで下さい。入学試験の無いイギリスの公立高校・国立大学進学を考えてください。しっかり学べて、しかも費用は他の先進国よりも安い、そして高校は2年間、大学は3年間です。これからは英語+専門の時代です。英語レベルは世界標準のIELTSで4.0を取って語学留学して、その後に専門を学べるのです。英語だけ、専門だけの人は多いのですが、両方が出来ると強いです。公立カレッジで、英語で公的資格を取ると一生使えるのです。楽天、ユニクロなど、日本の会社は英語が必須になりました。韓国・中国に負けない日本人になろう!※手配可能なのはロンドン、ケンブリッジ 、ブライトン、ウエールズ他英国全16校

  • No.055-0003-P 詳細を見る

    全米からベストマッチ校を選び出す アメリカ大学留学プログラム

    アメリカ大学留学の成功へのカギは「大学選び」。高校在学中から無理なく準備と手続きをスタートし、最も手間のかかる「大学選び」に最大限の時間と労力をかけます。提携校だけに学生を送り込むプログラムと異なり、全米4,200校の大学を進学対象とするので、自分にあった大学選択が可能。日本人の少ない環境で、一人ひとりに合った大学進学も実現できます。ご希望の方は日本国内で準備ができる英語学習プログラムにも別途お申込み頂けます。

3件の検索結果

1

1週間の休みがあれば十分できる「プチ留学」の需要が増えている

  • ギャップイヤーのPoint1

    入学前や就職前の学生が春休みを使って留学をするケースが増えてきました。最近の傾向として卒業旅行は短い期間で、様々な国へ、違う友人と、というのが人気のようです。友達との旅行はもう行ったし入学や就職までまだ空いている期間があるから今後の役に立つことをしたい、と間近になって留学を決める方も多いとか。本格的なものではなく、観光も兼ねた留学へのニーズが高まっています。

    ギャップイヤー
  • ギャップイヤーのPoint2

    ギャップイヤー中の学生に、特に人気のある国がハワイ。英語を学ぶというよりは、現地の生活や文化に触れたいという方が多いようです。滞在先をホテルやホームステイ等から自由に選択できることも人気の理由でしょう。また語学は選択せずに、フラダンスやウクレレ等の趣味のレッスンに絞って留学する方も少なくないようです。その他のおすすめはセブ島やフィジーです。授業も他の国より比較的安く受けられますし、リゾート地ですので空いた時間はゆっくりリラックスできるのが魅力です。

  • ギャップイヤーのPoint3

    女性を中心に注目度が高いのは、語学と併せてボランティアをしたり、料理やアートや趣味等のお稽古を体験するプログラムです。ボランティアは介護や幼稚園、環境保護等のお手伝いが特に人気。お稽古はヨガやダンスのレッスン、1週間でエステ資格が取れるバリ島でのプログラムも好評です。語学研修やただの旅行では体験できない、現地の方とのふれあいも魅力のひとつ。もし春休みに1週間の時間が取れそうなら、プチ留学を検討してみてはいかがでしょうか。