日本語教師なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

日本語教師
日本語教師
近年、海外で日本の文化や日本という国そのものへの関心が高まり、日本語を学ぶ人が多くなってきました。海外で日本語教師として働く人には、日本の言語だけでなく文化や経済、生活等を伝えていくことも求められます。日本語教師を目指し、より力を高めるために、留学を希望する方は自分自身が日本のことを改めてよく学んでおく必要があります。

日本語教師のプラン一覧

0件の検索結果

教え、教えられ、お互いにステップアップできる留学

  • 日本語教師のPoint1

    海外で日本語教師をする場合にも様々な形があります。学校で授業を行う先生として、あるいはアシスタントの立場で、地域のコミュニティ等でボランティアとして日本語を教える場合もあります。教師の資格が必要ない場合も少なからずありますが、どんな場合でも現地の言葉を身に付け、かつ現地のマナーや生活習慣等もよく学んでおくことが大事です。自分が教えるだけではなく、各国の言語や生活習慣を覚えることができるという点でも、とても有意義な留学と言えます。

    日本語教師
  • 日本語教師のPoint2

    現地で日本語を習う生徒さんの動機や理由は人それぞれですが、共通していることは、日本について興味・関心を強く持っているということです。授業では文法や言葉を教えるだけでなく、日本のアニメの話をしたり、折り紙やあやとりを教えたり、おにぎりや手巻き寿司の作り方を伝えることが授業につながることもあります。日本のことをどう教えられるか。答に詰まるようなことが無いよう、改めて自分の「日本人力」を磨いておくことが大事です。

  • 日本語教師のPoint3

    授業では日本語中心でも、生徒の保護者や家族、現地の先生方とのミーティングでは現地語漬けになります。授業カリキュラムの交渉や企画も自分で行うことになるので、語学力だけでなく企画力・プレゼンテーション力・交渉術等もしっかり身に付く留学になります。その成果を生かして帰国後に外資系企業等へ就職したり、あるいは現地で日本とやりとりする企業に就職する人も少なくありません。人生の転機になるような、貴重なことを沢山吸収できる体験になると思います。

日本語教師PICKUP!

もっと見る