音楽留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

音楽留学
音楽留学
音楽留学は近年ますます注目を集めるようになり、音楽学生を主人公としたコミックやアニメも人気になりました。音楽ジャンル、もしくは担当楽器ごとに全く違った音楽留学がありますが、近年、音楽シーンや留学先の選択肢の広がりによって、ますます多様化、参加者数も増加傾向にあります。それぞれの分野で著名な演奏家との交流を持つ機会が得られる講習会も人気が高く、専門性を求めない層の留学も熱いようです。

音楽留学のプラン一覧

  • No.136-0091-P 詳細を見る

    エコールノルマル音楽院ジャン・フェランディス教授のフルートレッスン

    音楽専門誌「ザ・フルート」などで、大きく扱われたジャン・フェランディスは、神話に登場する笛の名手「牧神パンそのもの」とバーンスタインに賞賛された。シャンゼリゼ劇場をはじめとした世界一流の舞台で活躍し、バーンスタインが率いるオケや、バイオリンのイヴリー・ギトリス、ピアノのジャン・マルク・ルイサダなど第一線の演奏家達と共演。バロックから近代曲までレパートリーも広く、CDも数多くリリース。エコール・ノルマル音楽院教授として、後進の指導にも力を注ぐ彼は「まずは音楽から、技術は後からついてくる」と言う。テクニックより音楽性を第一に考えるのが、彼のレッスンの特徴だ。

    • 50万以下
  • No.136-0078-P 詳細を見る

    フランツ・リスト音楽大学夏期マスタークラス

    本当にいい講習会はそんなに多くない中、国際的にも知られている高いレベルの夏期講習会がこれ。教授陣は、誰もが知っている世界的な演奏家ばかり。レッスン効果として、コンクール準備、大学入学準備、オーディション準備などにはもちろん最適だ。しかし、将来ドイツの音楽大学へ入学を考えているなら、さまざまなドイツの音大を見学する一部に講習会入れてみてはどうだろうか。受講生のレベルも高く入学後のドイツ留学のシミュレーションにもなる。何も分からないで留学するより、少しでも留学が成功するよう考えてみるもいいだろう。専攻は、ピアノ、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、声楽、クラリネット、フルート。

    • 50万以下
  • No.136-0019-P 詳細を見る

    エコールノルマル音楽院ラムジ・ヤッサ教授のピアノレッスン

    ラムジ・ヤッサ教授は、サンタンデール国際コンクール優勝、ロン・ティボー国際コンクール上位入賞、チャイコフスキー国際コンクール名誉賞など獲得した一流ピアニストだ。ベルリンフィルハーモニーホール等名門ホールで演奏する他、ズービン・メータ、ユーディ・メニューインなど世界第一級の指揮者とも共演。エコール・ノルマル音楽院で教鞭をとり、サンタンデール国際ピアノコンクールなどで審査員を務める。レッスンは、演奏の全てに通じる基本に重点を置く。「上級者でも基本ができていないことが多いが、基本は、ぜひとも習得しておかなければいけない大事なもの」と、信念を持って指導している。※その他の期間と費用には、2週間457,000円 3週間607,000円 4週間712,000円 8週間1,078,000円 12週間1,883,000円があります。

    • 50万以下
  • No.136-0023-P 詳細を見る

    ドイツ国立ケルン音楽大学ロスヴィータ・ゲディガ教授のピアノレッスン

    数十年間に渡って、プロを目指す学生たちを指導し続けてきたゲディガ教授が、プロの演奏に欠かせないエッセンスを教える。1974年からドイツ国立ケルン音楽大学で教鞭をとり、同時に、数多くのドイツ国内コンクールや国際コンクールの審査員も務めている。30年以上に渡る指導の中からは、多くのコンクール入賞者が生まれ、第一線で活躍するプロが育っている。「私の指導の目標は、一流の演奏家を育てることです。そのためには、テクニックや楽曲理解への要求も厳しくなります」と教授は言う。課題曲のレパートリーはバロックから近現代曲まで幅広い。

    • 50万以下
  • No.136-0041-P 詳細を見る

    パリ国立地方音楽院ピエール・ルアシュ教授のピアノレッスン

    幅広いレパートリーを持ち、バッハ「ゴールドベルク変奏曲」では世界に知られるレアシュ教授が、技術と音楽の融合を教える。入賞したコンクールは数知れず、メシアン国際ピアノ・コンクール1位、マリア・カナルス国際コンクール2位、アルトゥール・ルービンシュタイン国際コンクール入賞等はほんの一例。世界的な演奏活動でN響や大阪フィルとも共演。マリア・カナルス国際ピアノコンクールなど多くの国際コンクールで審査員を務め、パリ国立地方音楽院教授として教えている彼は、「テクニックと音楽性は切り離せない」と言う。常に技術と音楽性を、同じレベルで伸ばしていくのがレッスンの特徴だ。

    • 50万以下
  • No.136-0066-P 詳細を見る

    オスト・ヴェスト・ムジークフェスト

    プロを目指す上級者の、総仕上げのレッスンとして。また、子供の豊かな人間性を育むために。オーストリア・サンクトペルテンで開かれる2週間のマスタークラス。デリケートで柔らかい音が特徴のウィーンスタイルと、幅広い音色で広大なロシアの大地を思い起こさせるロシアンスタイル、クラシック音楽の2大潮流ともいえるこれらのスタイルを、両方取り入れた夏期講習会。ウィーン市立音楽院やウィーン国立音楽大学、モスクワ音楽院やサンクトペテルブルグ音楽院など、東西ヨーロッパの一流音楽学校で教鞭をとる音楽家と、国際的な著名演奏家たちが、大人から子供まで幅広い受講生を指導します。

    • 50万以下
  • No.136-0061-P 詳細を見る

    インターナショナルピアノコース

    インターナショナルピアノフェスティバルは、毎年夏にヨーロッパで行われるピアノマスターコースと音楽際です。マスターコースは、16才以上のピアノ科の学生または卒業生が参加できます。スペイン・トレドとフランス・パリで開催され、受講生は、毎日コンサートの機会が与えられます。教授陣は、マンハッタン音楽院ソロモン・ミコフスキー教授、韓国延世大学キム・ヨンホ教授、エコールノルマル音楽院ラムジ・ヤッサ教授。トレドとパリのどちらか一方を受講、または両方のコースを受講できます。各コースでは、二人の講師に二レッスンずつ教わります。

    • 50万以下
  • No.136-0062-P 詳細を見る

    インターナショナルサマーアカデミー〜プラハ・ウィーン・ブダペスト

    インターナショナルサマーアカデミーは、ウィーン国立音楽大学、プラハ音楽院、フランツリスト音楽院の教授陣を中心に開催する最高レベルの夏期講習会です。オーストリア南部のリゾート地、ゼンメリング、ミュールツーシュラーク、ラーハ、ライヒェナウの4つの会場で行われ、毎年世界から300人の受講者が参加し、50人の教授陣・音楽家が指導にあたります。選抜された受講生は音楽祭のコンサートで発表する機会が与えられます。専攻は、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、作曲、指揮、ピアノ、声楽、フルート、オーボエ、クラリネット、バスーン、フレンチホルン、室内楽など。

    • 渡航先オーストリア
    • 費用期間9日間 222,000円(現代音楽解釈) ※室内楽のコースも有。16日間257,000円
    • 取扱会社アンドビジョン-音楽留学
    • 50万以下
  • No.136-0075-P 詳細を見る

    ニース夏期国際音楽アカデミー

    パリコンセルヴァトワールなどフランスの音楽院教授や著名音楽家による最高レベルで最大規模の夏期講習会です。避暑地ニースにあるニース国立地方音楽院が講習会場となります。フランス音楽を学びたい多くの受講生が、世界中から訪れ互いに技術を磨きます。本場フランスのエスプリをたっぷり吸収することで、帰国時には違った自分を発見することでしょう。フランス留学をお考えの方にも最適です。専攻は、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、コントラバス、クラリネット、バスーン、ピアノ、声楽、ハープシコード、トランペット、オルガン、トロンボーン、ハープ、チューバ、室内楽、楽曲分析。

    • 50万以下
  • No.136-0126-P 詳細を見る

    サックスプレーヤーリック・マーギッツァのサックスレッスン

    リック・マギッツァの演奏は、マイルス・デイビスのアルバム「アマンドラ」や、「ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド」などで聴くことができる。チック・コリア、マッコイ・ターナーなどジャズ界最高峰のアーティストたちと活動し、本物のジャズを極めてきた。サイドマンとしてのレコーディングは数知れず、リーダーアルバムもブルーノートなどで10枚をリリース、自己のバンドを持って世界各地で演奏活動を続けている。後進の指導にも積極的で、ニュースクール大学などで20年間に渡ってさまざまな生徒を教えてきた彼は、生徒の個性やレベルに合わせて、ジャズならではの技法を教えてくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0060-P 詳細を見る

    アレグロ・ヴィーヴォ室内楽マスタークラス

    オーストリアの伝統的な音楽祭でオーストリア音楽のテイストを身につけよう。チェコに近い、ウィーンの北西80キロに位置するホルンを中心にアレグロ・ヴィーヴォ国際室内楽音楽祭が開催。この音楽祭では、約35の「夏期特別マスターコース」、「青少年のための室内楽コース」、「子供のための室内楽コース」が行われます。世界中から毎年約300人がソロまたは室内楽を受講し、著名な音楽家や教授の指導を受けます。受講生は音楽祭で演奏する機会があります。専攻は、ババイオリン、ヴィオラ、チェロ、室内楽、ピアノ、フルート、声楽、クラリネット、バスーン、サクソフォン、チェンバロとピアノ伴奏。聴講可。

    • 50万以下
  • No.136-0067-P 詳細を見る

    オーストリアマスタークラス

    音大の試験準備に、コンクールやコンサートに向けた実力アップに、純粋に音楽を学ぶために、世界一流の教授陣に指導してもらおう。中世の姿をそのまま残した歴史的な町、オーストリア・フリーザッハで開かれるこの夏期講習会は、アマチュアから学生、音楽教師やプロ演奏家まで3千人以上の音楽家が参加してきた。オーディションはないが、レベルが高く、教授陣は、モーツァルテウム音楽院教授など世界的に有名な先生方や現役アーティストばかり。レッスンは毎日受講し、コース最終日は選抜された受講生によるコンサートがある。専攻は、室内楽、オルガン、声楽、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノ。

    • 50万以下
  • No.136-0069-P 詳細を見る

    カリアリ夏期国際音楽アカデミー

    イタリア・サルデーニャ島で開催される、カリアリ夏期国際音楽アカデミーは、フランスやイタリアを中心とした世界的に著名な教授や音楽家による夏期講習です。カリアリ州立音楽院で行われる講習会には、毎年世界中から多くの学生がこの講習会に参加。コンクール準備、今後のご留学にぜひお役立てください。講習会以外にもこの時期は、講師や学生によるセミナー、コンサートなど音楽的イベントが多数開催されます。オーディションなしで必ずレッスンの受講ができますのでオススメです。

    • 渡航先イタリア
    • 費用期間12日間 231,000円(室内楽)、245,000円(器楽)、252,000円(声楽)
    • 取扱会社アンドビジョン-音楽留学
    • 50万以下
  • No.136-0080-P 詳細を見る

    モーツァルテウム音楽院夏期国際音楽アカデミー

    モーツァルテルム音楽大学を含むヨーロッパの一流教授陣やソリストなど世界的に有名な音楽家ばかりが集まる最も著名な夏期講習会の一つ。この講習会の開催期間中はザルツブルグ音楽祭が開催され、街は音楽一色。毎年世界から約1000人の学生が参加し、国際的な雰囲気でレッスンは行われる。ヨーロッパ各国の教授が一同に介すこの講習会では、世界の音楽レベルを知ることもでき、また、今後師事したい教授を探すことが可能。専攻は、作曲、指揮、アレクサンダー・テクニック、声楽、歌曲、ピアノ演奏法、ピアノ、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、室内楽、ギター、フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、トランペット、パーカッション&マリンバ

    • 50万以下
  • No.136-0074-P 詳細を見る

    ナンシー国際音楽アカデミー

    パリから電車で三時間ほどのドイツ国境に近いアールヌーボーの中心地ナンシーでこの夏期講習会は開催されます。スーパーレッスンでもお馴染みのミシェル・ベロフ教授を含むパリやリヨンの国立高等音楽院、各国立地方音楽院、ブリュッセル王立音楽院教授など一流教授陣がレッスンを担当します。この講習会には多数の教授陣が参加するので、将来フランスやベルギーへ留学をお考えの方は先生探しにも最適です。ナンシー国立地方音楽院の練習室または滞在先の学生寮で十分、練習を行うことができます。専攻は、バイオリン、チェロ、ピアノ、フルート、声楽、クラリネット、ホルン、パーカッション、ハープ。

    • 50万以下
  • No.136-0072-P 詳細を見る

    クールシュベール夏期国際音楽アカデミー

    フランスの高級スキーリゾート地、クールシュベールで行われるこの講習会は、パリやリヨンの国立高等音楽院、パリ国立地方音楽院、エコールノルマル音楽院などの教授陣が多数参加します。フランス留学にご興味がある方やフランスものが好きな方には最適な講習会です。教授によっても異なりますが、各受講生は4-5回程度プライベートレッスンを受講します。レッスンには、日本語通訳が付くので言葉が心配な方も安心です。フランスへの足がかりに受講しておきたい講習会の一つです。専攻は、ピアノ、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ハープ、ギター。

    • 50万以下
  • No.136-0065-P 詳細を見る

    子供のためのウィーン国際夏期ピアノ講習会

    様々な教授から5-6レッスン受講でき、少人数制だから一人一人まで手が届く夏期講習。子供たちのピアノ教育で世界的に著名な教授陣が、10-17才の子供を対象に最大限に能力を発揮できるように指導してくれるのが「子供のためのウィーン国際夏期ピアノ講習会」。お子様の才能を更に伸ばしてみたいと思う方なら格好の講習会です。受講生は世界中から集まりますので同年代のお友達がたくさんできるでしょう。レッスン以外では、即興演奏やジャズなどの特別ワークショップや小旅行も予定されていますのでウィーンを満喫した講習会にもなっています。練習室もプライナー音楽院で提供。受講生は演奏の機会が与えられます。

    • 渡航先オーストリア
    • 費用期間12日間 283,000円(お一人で参加の場合)、341,000円(お子様と付き添いの方一名のお二人の料金)
    • 取扱会社アンドビジョン-音楽留学
    • 50万以下
  • No.136-0064-P 詳細を見る

    ウィーン国際音楽ゼミナール

    ウィーン国立音楽大学で開催される夏期講習会は、最高レベルの講師陣のレッスンを日本語通訳付きで確実に受講できます。全5ブロック、各2週間で行われ、それぞれ4時間のプライベートレッスンを受講します。曲目は自由。各ブロックでは、オープニングイベント、受講者コンサート、教授コンサート、コンクールなどイベントがもりだくさん。練習も滞在先のホテルまたは大学内で可能です。アンドビジョンでは事前の説明会やカウンセリングで、留学先の具体的なイメージを持つことができます。専攻は指揮、ピアノ、声楽、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、クラリネット/サキソフォン、室内楽。

    • 50万以下
  • No.136-0077-P 詳細を見る

    バーデンバーデン国際夏期マスターコース

    ドイツにある国際的保養地バーデン・バーデンで開催される夏期講習会。講師は、あのベルリンフィルのメンバーまたは元メンバーだからレッスンレベルが高いのはもちろんのこと、世界中から集まる受講生のレベルも高く毎日が刺激な音楽生活を送れるのは間違いない。本場ドイツの体全体を使ったレッスンで、一歩上をいく自分を発見する。講習会期間中は、講師のコンサートも聴くことができるので、ステップアップするヒントがたくさん発見できるはずだ。講習会終了後にはディプロマが授与。思い出と共に確かな手応えを感じて帰国できるはず。専攻は、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス。

    • 50万以下
  • No.136-0109-P 詳細を見る

    コンサートギタリスト マクシミリアン・マンゴルトのクラシックギターレッスン

    マクシミリアン・マンゴルトは、「クリアで官能的な音と、完璧なテクニックを持っている」と評され、「現代のドイツで最も注目されるギタリストのひとり」とされている。今やドイツのクラシック専門誌4誌が大幅にページを割く、人気ミュージシャンだ。多くのコンクールで入賞し、ソロやアンサンブルで、コンサート、CD録音、ラジオ出演など、積極的に活動。「クラシック音楽に軽さを求める最近のトレンドには反対だ」という彼のレッスンでは、純粋なクラシックの魅力を学ぶことができる。レパートリーはバロックから現代曲までと幅広い。ドイツ語グループレッスン付き。

    • 50万以下

130件の検索結果

1 2 3 4 5 6 7

音楽留学はあらゆる可能性が実現できる成熟した留学ジャンル

  • 音楽留学のPoint1

    音楽留学は比較的専門性の高い留学分野であり、「ただ好きだから」という趣味の人が参加するケースは多くありません。短期間留学をして価値の高い経験を得ようとする留学もありますが、どちらかというと本格的に海外の音楽院に留学して学科を修了しようという留学が主流になります。後者は当然入学にも条件がつき、ハードルは高くなりますが、その分修了すれば得るものは大きく、プロの音楽家としての可能性も高まるでしょう。

    音楽留学
  • 音楽留学のPoint2

    短期間の留学とは、主に教育機関が休暇に入る夏休み等の時期を利用して、現地の講座やプライベートレッスンを受ける留学です。これらの留学は特に難しい条件をクリアしなくても、比較的著名な音楽家の指導を直接体験できる点と、様々な指導者との触れ合いが魅力です。道を極めるための留学を志向する方にとっては物足りない部分があるかもしれませんが、絞り込まずに幅広い音楽体験を求める方にはぴったりの留学です。

  • 音楽留学のPoint3

    数年をかけて音楽を修めようとする人にとっても音楽留学は覚悟が必要な道です。但し、近年では音楽が映像等の他の表現と結びつき、メインコンテンツとしての音楽ではなく、他のコンテンツとのコラボレーションによって価値を発揮するシーンも増えています。音楽留学という道が必ずしも一か八かの賭けではなく、音楽を中心としたキャリアの一部として設計できるものになって来ているのも事実です。その意味でも今後も音楽留学を目指す方は増えていくでしょう。

音楽留学PICKUP!

もっと見る