音楽留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

音楽留学
音楽留学
音楽留学は近年ますます注目を集めるようになり、音楽学生を主人公としたコミックやアニメも人気になりました。音楽ジャンル、もしくは担当楽器ごとに全く違った音楽留学がありますが、近年、音楽シーンや留学先の選択肢の広がりによって、ますます多様化、参加者数も増加傾向にあります。それぞれの分野で著名な演奏家との交流を持つ機会が得られる講習会も人気が高く、専門性を求めない層の留学も熱いようです。

音楽留学のプラン一覧

  • No.136-0104-P 詳細を見る

    デュッセルドルフ交響楽団ミハエル・フロック先生のチェロレッスン

    ミハエル・フロックは、世界でも有名なオペラ劇場のひとつ、ラインドイツオペラのオーケストラとしてよく知られているデュッセルドルフ交響楽団のチェロ奏者だ。ベルリン・フィル・アカデミーのメンバーとなり、現代の代表的な指揮者たちのもとで、ベルリンフィルのメンバーとともに研鑽。特に、当時首席ソロ奏者であったイェルク・バウマンとゲオルク・ファウストからは、ベルリンフィル的なチェロの神髄を学んでいる。ミハエルのレッスンの主眼は、伝統的なヨーロッパ文化に根ざした音がどんなものかを生徒に見せ、時代ごとに違った独自のスタイルを発見する、手がかりを与えることにある。

    • 50万以下
  • No.136-0106-P 詳細を見る

    ウィーン交響楽団首席チェリスト吉井健太郎先生のチェロレッスン

    世界最高の舞台で30年以上も活躍し続ける、あこがれの日本人チェリスト吉井健太郎さんに本場の奏法を教わろう。ウィーンフィルと並ぶ世界的なオーケストラ、ウィーン交響楽団の首席チェリストを30年以上も勤めているのが吉井健太郎さんだ。日本が世界に誇るアーティストのひとりといえる。ウィーン留学後わずか3年で、名門ウィーン交響楽団に合格。ウィーンの他の楽団と同様に保守的な風潮があったこの楽団に、実力を認めさせ、東洋人として初めて正団員となった。6年後には首席チェリストの座につき、現在も、ウィーン楽友協会やコンツェルトハウスをはじめ世界中で国際的に活躍している。

    • 50万以下
  • No.136-0107-P 詳細を見る

    元バイエルン放送響首席ヴェルナー・トーマス=ミフネのチェロレッスン

    「堅苦しい決まりは生徒を駄目にする。生徒それぞれの身体的、精神的な特徴に合わせて楽器を「楽に」弾けるように手助けする、それが教師の役割」とヴェルナーは言う。世界各地で演奏活動と後進の指導、ミヒャエル・エンデと子供向け音楽CDを制作するなど多方面にわたって活躍。チェロや室内楽用に数多くの編曲をし、編曲者として知られている。元バイエルン放送交響楽団首席チェロ奏者。ドイツレコード批評機関の賞を2回、Fono Forum誌の「今月のCD」賞など多数受賞。チェロ教本「より自然なチェロ奏法」(音楽の友社2001年)が日本でも出版。最近では指揮者としての活躍している。

    • 50万以下
  • No.136-0108-P 詳細を見る

    コンサートギタリスト ヘイコ・オジックのクラシックギターレッスン

    クラシック・ギターといえばヨーロッパ室内楽、スペンインアンダルシアの調べが憧れの的。2つの正統を確かな技術と表現力で奏でるのが、ヘイコ・オジックだ。ソリストとしてハンブルグ交響楽団、シカゴ室内合唱団との共演をはじめティム・アダムスなどの指揮者との共演など、その活躍の場をヨーロッパ全域に拡げている。さらに、マリオ・カステルヌーヴォ・テデスコ・ロマンチックギター楽団のソリストを務め、アンダルシアの調べを情感豊かに表現するその技術に注目を集める彼は、母校など様々な音楽大学で後進の指導を行っている。本物のクラシック・ギターを身につけたいという人にぜひおすすめだ。

    • 50万以下
  • No.136-0110-P 詳細を見る

    コンサートギタリスト トマス・ツァヴィエルハのクラシックギターレッスン

    東京国際ギターコンクール優勝者など数々のコンクールで賞を取り、ヨーロッパを中心に世界的に活動するCDアーティストが、ノウハウの全てを教えてくれる。音楽学校のギター学部長を務める彼のレッスンの特徴は、アーティストとして彼が持っているもの全てを、惜しみなく与えてくれる。評判の高い教則本「パンピングナイロン」のメソッドを用いた基礎練習や、ルネサンス期から現代までの様々な演奏スタイルはもちろん、個人練習のコツや、音楽全般を話題としたディスカッションなど、レッスン内容は幅広い。「生徒の中に、ギターと音楽に対する情熱さえあれば、僕は何でもするつもりだ」と彼は言う。

    • 50万以下
  • No.136-0112-P 詳細を見る

    フラメンコギターマエストロのラファエル・アンドゥハルのギターレッスン

    スペインのメジャーコンクールを制覇したギターの第一人者が、様々なスタイルのフラメンコをていねいに教える。ラファエル・アンドゥハルは、栄誉あるナショナル・ギターコンクール1位、世界的にも有名なカンテ・デ・ラス・ミナス国際フェスティバル・ギターコンクール1位などスペインの主だったフラメンココンクールに軒並み入賞。デビューCDで8種類の異なったスタイルのフラメンコを見事に弾き分けた。音楽院で長年教えているラファエルは、入門者から上級者まで、様々なレベルの指導経験がある。レッスンでは、異なったスタイルのフラメンコを、一歩一歩ていねいに教えてくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0114-P 詳細を見る

    ブカレスト・フィル首席マテイ・ユアヒムエスクのフルートレッスン

    本拠地ルーマニアで、テレビ、ラジオ、オーケストラと、精力的に活動する人気フルーティストが、キミの音色を増やしてくれる。ルーマニアを代表する音楽家・エネスコの名を冠した名門オケ、「ジョルジュ・エネスコ」ブカレスト・フィルハーモニー管弦楽団ソロフルート奏者であるマテイ・ユアヒムエスク。マテイのレッスンは、楽曲が作られた時代の特徴を重視する。それぞれの作品を最も輝かせる音色を習得し、様々な音色を自由に使い分けられるようになることが目標になる。また、今日とても重要になっている、オーケストラとの合わせ方にも力を入れている。日本人の特徴を掴んだレッスンがオススメ。

    • 50万以下
  • No.136-0115-P 詳細を見る

    フランツリスト音楽大学フランク・フォルスト教授のファゴットレッスン

    一流オケと共演するソロ・ファゴット奏者であり、ワイマール・フランツリスト音楽大学で教えるフランク教授が、やる気ある若者を求めている。元ベルリン交響楽団ソロファゴット奏者であり現在ワイマール国立フランツリスト音楽大学教授である彼が、プロアマを問わず、向上心あふれる若者に、一流のファゴットを教えてくれる。教え方は決して一律ではなく、生徒ひとりひとりに合わせてポイントを絞った指導が特長だ。中級以上になれば、教授がこれまでに体得した門外不出の表現法まで教わることができる。これまでに、わずか3年のレッスンの中から2名のプロ楽団員を輩出している。

    • 50万以下
  • No.136-0116-P 詳細を見る

    シュトゥットガルト放送交響楽団首席ソリスト・ハンノ・デンネヴェグのファゴットレッスン

    世界のトップクラスを知る、シュトゥットガルト放送交響楽団のソロ・ファゴット奏者が教える、一流のテクニックと感性。今世紀最高のオーボエと称されるハインツ・ホリガー、ベルリンフィル首席を務めたクラリネット奏者ザビーネマイヤーなどのそうそうたるメンバーとアンサンブルを組んだ経歴は、彼自身が、まぎれもなくトップの一員であることを証明している。彼のレッスンは、なによりも自分の音を聞くことを重視する。次に、曲の大きな流れを理解し、その上で生徒独自のイントネーションと音色を作り出していく。取り上げる曲はバロック、古典派、そして近現代曲が中心。

    • 50万以下
  • No.136-0117-P 詳細を見る

    ドレスデンフィルハーモニー管弦楽団副首席ロバート・クリスチャン・シュスターのバスーンレッスン

    ドイツ名門オケ、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団副首席奏者が、伝統的ジャーマンスタイルを、キミに伝える。これまでに、コリン・デイヴィスやベルナルト・ハイティンク、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスといった第一線の指揮者たちと共演し、現在はドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の副首席奏者として活躍している。数年前から彼は、これまで学んできた伝統的なドイツ流のバスーン奏法を、プライベートで教えてくれている。生徒のレベルと個性に合わせ、自然な演奏を妨げる肉体的、精神的な問題点を取り除いていくのが、彼のレッスンの特徴だ。

    • 50万以下
  • No.136-0118-P 詳細を見る

    ケルン放送管弦楽団首席水間博明のファゴットレッスン

    西ドイツの名門オケで首席を務める日本人ファゴット奏者から、ヨーロッパの一流を、日本語でキメ細かく教わろう。ブレーマーハフェン市立歌劇場管弦楽団首席ファゴット奏者を経て、名門オケとして名高いケルン放送管弦楽団の首席ファゴット奏者となる。近年、指揮や作曲にまで活動範囲を広げると同時に、後進の指導に一層の力を注いでいる。レッスンは、基本を固めることから始める。音の出し方、口の形、腹筋の使い方などをチェックし、ビブラートやスタッカートなどの技術練習に進む。これが終わると、楽曲の解釈や表現といった、より音楽的な、深い勉強に入っていく。

    • 50万以下
  • No.136-0119-P 詳細を見る

    ドイツ・デトモルト音楽大学ダヴィド・ブリュシェ教授のトロンボーンレッスン

    チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団およびチューリッヒ歌劇場管弦楽団の首席トロンボーンを務め、今までローザンヌ音楽院、ティボール・ヴァルガ高等音楽院で教鞭をとり、現在はデトモルト音楽大学主任教授としても活躍している。ソロやアンサンブルで、バロックから前衛音楽まで様々な曲に取り組み、古楽器の演奏や、指揮までこなすという多才さは、ブリュシェ教授の大きな魅力だ。レッスンでは、基礎テクニックから、様々なスタイルのソロ、オーケストラのレパートリーまで教わることができる。コンクールやオーディション準備にも協力してもらえる。ドイツ語レッスン付き。

    • 50万以下
  • No.136-0121-P 詳細を見る

    ウィーン市立音楽院ラーシュ・ムレクシュ教授のサクソフォンレッスン

    特に近現代のクラシック曲に惹かれるなら、ラーシュ教授のレッスンは天国よりも楽しい。彼は、ウィーン・フィルのメンバーが作るアンサンブル・コントラプンクテなど伝統的なクラシック楽団と共演する一方、世界一優秀な現代音楽グループといわれるクラングフォーラム・ウィーンの永久ゲスト演奏家として活動。演奏だけではなく、ウィーン市立音楽院教授として後進の指導も積極的に行っている。レッスンでは、クラシック全般に通用する基本から、現代音楽ならではの奏法、そして、彼が今取り組んでいる電子音を取り入れたパフォーマンスのノウハウまで教えてもらえる。

    • 50万以下
  • No.136-0128-P 詳細を見る

    ヴェルディ音楽院ティーノ・トラカンナ教授のサックスレッスン

    ジャズにもいろいろあるけれど、独特のカッコよさを持ったイタリアン・ジャズに引きつけられる人は多いはずだ。ティーノ・トラカンナは、そんなイタリアのジャズシーンを、引っぱってきた実力派サックス奏者だ。イタリアン・ジャズ界の巨匠たちやアメリカのトップアーティストとも多く共演している。これまでに50枚近くものアルバムをソリソトとして録音。イタリアのジャズ誌から優秀アルバム賞や年間優秀グループ賞を受賞する他、フランスのジャンゴ賞を2度受賞している。ラノ・ヴェルディ音楽院教授として指導にあたっている彼は、受講生の実力に応じて、ジャズの技術を幅広く教えてくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0131-P 詳細を見る

    ベルリン芸術大学カール・ビュンテ教授の指揮レッスン

    権威ある指揮者であり指導者でもあるカール・ビュンテ教授が、生徒のレベルに合わせて、ていねいな指導をしてくれる。カール・ビュンテ教授は、現ベルリン芸術大学教授、東京芸術大学名誉教授、関西フィルハーモニック交響楽団名誉指揮者。20世紀の巨匠のひとりセルジュ・チェリビゲッタに指揮を習い、ベルリン交響楽団を中心に数々の有名オーケストラを指揮し、1000以上のコンサートで指揮台に立ったという超一流のベテランだ。そんなビュンテ教授のレッスンは、拍やテンポのとりかたといった基本はもちろん、楽曲分析、暗譜による指揮まで、ベルリン芸大のメソッドで教えてくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0132-P 詳細を見る

    ベルリンフィルハーモニーホール専属指揮者シュテファン・ベヴィアーの指揮レッスン

    チェリビダッケ直系の弟子であり、ベルリンで2つのオケを率いるシュテファンが、巨匠のメソッドをありのままに伝授。幻の巨匠セルジュ・チェリビダッケに師事した指揮者の中で、シュテファン・ベヴィアーは、巨匠の手法を最も忠実に受け継ぎ、今も守り続けているひとりだ。ベルリン・フィルハーモニック・ホール専属の2つのオーケストラで指揮棒を振る。レッスンには、入門者から上級者まで、世界中から生徒が集まっている。レッスン内容は、「チェリビダッケのメソッドをそのまま正確に」教えてくれるという。しっかり学べば、キミも巨匠の流れをくむ指揮者になることができる。■その他の期間と費用:2週間351,000円 3週間450,000円 4週間529,000円 8週間936,000円 12週間1,344,000円

    • 50万以下
  • No.136-0133-P 詳細を見る

    国立ソフィア・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督ネイデン・トドロフの指揮レッスン

    若手ながらも、すでに100枚以上のCD録音を残しているナイデンが、オーケストラをリードするための秘けつを教える。ブルガリアを代表する一流オケ、ソフィア国立管弦楽団の首席指揮者を務め、ブルガリア・ルース国立オペラおよびルース・フィルハーモニック・オーケストラの音楽総監督も兼任。CD録音の数は多く、クラシックの世界的なレーベル「ナクソス(NAXOS)」をはじめ、5つ以上のレーベルから、合わせて100を超えるCDがリリース。レッスンは、ピアノを相手に指揮棒を振るという標準的なスタイルに加えて、実際のオーケストラを振らせてもらえるコースもある。

    • 50万以下
  • No.136-0134-P 詳細を見る

    コレギウム・ムジクム・バーゼル指揮者シモン・ゴーデンツの指揮レッスン

    「微妙なニュアンスまで、正確な動作ではっきりと伝える」「クリアで明解な指揮だ」とヨーロッパの批評家たちに賞賛され、注目を集めている指揮者がシモン・ゴーデンツだ。2004年に正規指揮者の代役として振ったオーケストラ「コレギウム・ムジクム・バーゼル」に才能を認められ、即座に首席指揮者の座を約束。現在彼は、約50年の歴史を持つ、ドイツではまだ新進といえるこのオーケストラの、2代目首席指揮者として活躍している。スイスのヴィンタートゥール交響楽団や、ドイツのニュールンベルク交響楽団などにも客演指揮者として招かれ、その名をますます知られるようになっている。■その他の費用と期間:2週間378,000円 3週間514,000円 4週間595,000円 8週間1,085,,000円 12週間1,575,000円

    • 50万以下
  • No.136-0120-P 詳細を見る

    パリ国立地方音楽院 (CNR)ジャック・モージェ教授のトロンボーンレッスン

    CD“SUPERSONIC TROMBONE”などで、シルクのような艶を持つ彼の音に魅了された人も多いのではないだろうか。ジャック・モージェは、現代トロンボーン界を代表するプレーヤーだ。パリ・オペラ座管弦楽団ソロ奏者を務め、その後コンサートアーティストとしての活動に専念。パリ高等音楽院やヌシャテル高等音楽院で教鞭をとっている。モージェ教授は、基礎テクニックを非常に重視する。レッスンでは、呼吸、舌と唇の形、スケール、アルペジオなどを細かくチェックしていく。「私自身これまでに、金管楽器に特有のつまずきをいくつも経験してきたので、うまい解決法がわかる」と言う。

    • 50万以下
  • No.136-0105-P 詳細を見る

    フライブルク市立フィル首席ヴァルター・ミハエル・ヴォルハルトのチェロレッスン

    ヨーロッパやアメリカはもちろん、南米やアジアを含めた世界中でソロリサイタルを開き、ボストン交響楽団やベルリン放送交響楽団などの著名オケとも共演した。現在、フライブルク市立フィルハーモニー首席ソロ奏者を務める彼は、教育者としても実力がある。ハンブルク音楽院で7年間教え、各国のマスタークラスで指導を続けてきた。ソロ演奏法から室内楽、そしてコンクール入賞に的を絞った特別レッスンなど、指導内容も多彩。オーケストラ経験がある生徒は、彼が指揮をしている楽団に参加して、オーケストラプレーヤーとしての実地トレーニングを受けることも可能。ドイツ語グループレッスン付き。

    • 50万以下

130件の検索結果

1 2 3 4 5 6 7

音楽留学はあらゆる可能性が実現できる成熟した留学ジャンル

  • 音楽留学のPoint1

    音楽留学は比較的専門性の高い留学分野であり、「ただ好きだから」という趣味の人が参加するケースは多くありません。短期間留学をして価値の高い経験を得ようとする留学もありますが、どちらかというと本格的に海外の音楽院に留学して学科を修了しようという留学が主流になります。後者は当然入学にも条件がつき、ハードルは高くなりますが、その分修了すれば得るものは大きく、プロの音楽家としての可能性も高まるでしょう。

    音楽留学
  • 音楽留学のPoint2

    短期間の留学とは、主に教育機関が休暇に入る夏休み等の時期を利用して、現地の講座やプライベートレッスンを受ける留学です。これらの留学は特に難しい条件をクリアしなくても、比較的著名な音楽家の指導を直接体験できる点と、様々な指導者との触れ合いが魅力です。道を極めるための留学を志向する方にとっては物足りない部分があるかもしれませんが、絞り込まずに幅広い音楽体験を求める方にはぴったりの留学です。

  • 音楽留学のPoint3

    数年をかけて音楽を修めようとする人にとっても音楽留学は覚悟が必要な道です。但し、近年では音楽が映像等の他の表現と結びつき、メインコンテンツとしての音楽ではなく、他のコンテンツとのコラボレーションによって価値を発揮するシーンも増えています。音楽留学という道が必ずしも一か八かの賭けではなく、音楽を中心としたキャリアの一部として設計できるものになって来ているのも事実です。その意味でも今後も音楽留学を目指す方は増えていくでしょう。

音楽留学PICKUP!

もっと見る