音楽留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

音楽留学
音楽留学
音楽留学は近年ますます注目を集めるようになり、音楽学生を主人公としたコミックやアニメも人気になりました。音楽ジャンル、もしくは担当楽器ごとに全く違った音楽留学がありますが、近年、音楽シーンや留学先の選択肢の広がりによって、ますます多様化、参加者数も増加傾向にあります。それぞれの分野で著名な演奏家との交流を持つ機会が得られる講習会も人気が高く、専門性を求めない層の留学も熱いようです。

音楽留学のプラン一覧

  • No.136-0054-P 詳細を見る

    ウィーン・ミュージック・インスティテュート マルクス・プライスルに習うピアノ・キーボード・作曲レッスン

    ウィーン・ミュージック・インスティテュートでピアノ・キーボード・作曲を教える現役ロックアーティストから創造する力をもらう。マルクスは、ウィーンのプログレ・ロックバンド「グラス・ムーン」のキーボードプレイヤー。イギリスのロック・ソサエティ誌に「聴衆をぼう然とさせる」と賞賛されている。レッスンでは、クラシックをベースとしたキーボードを教える。また作曲、和声、編曲なども習得できる。曲のジャンルはクラシックからポップ、ロック。テクニックに走る現代音楽に批判的な、マルクスの作曲哲学が学べるのもいい点だ。自分が表現したいものを、心の耳で聴くことが大事と言う。

    • 50万以下
  • No.136-0058-P 詳細を見る

    伴奏を習うならモニカ・カタロッシ先生のピアノレッスン

    モニカは伴奏やアンサンブルに特に秀でたピアニストだ。バイオリニストのサルヴァトーレ・アッカルド、チェリストのマリオ・ブルネロ、クラリネットのトーマス・フリードリなど超一流の演奏家が彼女を伴奏者としている。現在、ロマニーニ国際バイオリンコンクールやアルベルト・クルチ国際バイオリンコンクール、モーツァルト国際バイオリンコンクール等、数々のコンクールのオフィシャルピアニストを務める。ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団との共演、カーネギーホール・ソロ・リサイタル等、自己の積極的な活動も続けている。レッスンの中心は伴奏法と室内楽だが、ピアノ独奏のレッスンも受けられる。

    • 50万以下
  • No.136-0059-P 詳細を見る

    ニューイングランド音楽院ラン・ブレイク教授のジャズピアノレッスン

    ラン・ブレイクは、ジャズとクラシックを融合させたサードストリームのリーダー的ミュージシャンだ。ジャズとクラシック、ゴスペルや映画音楽、民族音楽まで取り入れた彼のスタイルには、誰にも真似できない。彼のサードストリームの考え方を基本に、ニューイングランド音楽院コンテンポラリー・インプロヴィゼーション学科を創設した。彼のレッスンは、生徒独自の演奏スタイルの確立が目標だ。楽譜を使わず、耳に重点を置くので最初は戸惑うかも知れないが、このメソッドが、クラリネットのドン・バイロンやキーボードのマシュー・シップ、ジョン・メデスキーらを生んでいる。信頼してついて行こう。

    • 50万以下
  • No.136-0073-P 詳細を見る

    シオン夏期音楽アカデミー

    1週間程度の短期で受講できるこの夏期講習会は、夏休みに時間が取れない方でも参加できる最高の講習会。せっかくヨーロッパに来たのだからと他の講習会と共に受講する方も多い。短期とは言え、教授陣はヨーロッパ最高ランク。スイス、ドイツ、イギリス、ロシア、イタリア、フランスなどの音大教授や音楽家が揃う。スイス・アルプスに近いシオンでのレッスンは、今後長期留学を考える上での糧ともなるだろう。専攻は、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、オーボエ、クラリネット、声楽、ピアノ、ギター、オルガン、室内楽、ブラス(トロンボーン、トランペット、チューバ)、特別オペラコース、特別青少年のためのマスタークラス(オーケストラ、バイオリン、チェロ、ピアノ)。

    • 50万以下
  • No.136-0084-P 詳細を見る

    ウィーン市立音楽院ゲルノート・ヴィニショーファー教授のバイオリンレッスン

    これまでに、ヨーロッパや中近東、アジアなど世界各国のステージに上り、エルミタージュ交響楽団やプラハ交響楽団、ウィーン室内楽団などトップレベルの楽団と共演した他、ウィーン・フィルのメンバーと結成したアンサンブルでも活躍。CDやテレビ、ラジオのレコーディングも多く、音楽祭の音楽監督や、国際ヴァイオリンコンクールの審査員も務めている。ウィーン市立音楽院で教鞭をとり、ヴァイオリン奏法の原点といえるレオポルト・モーツァルト著『ヴァイオリン教程』と、アウアーからオイストラフへと受け継がれたロシア流メソッドを融合して、バロックからロマン派までの幅広いスタイルを教える。

    • 50万以下
  • No.136-0086-P 詳細を見る

    ミンゲ・カルテットのアネッテ・ライジンガーのバイオリンレッスン

    ドイツのミンゲ・カルテットは、ヨーロッパで最も高く評価されている弦楽四重奏団のひとつ。ヨーロッパをはじめアジア、アメリカなど世界各地を訪れ、日本でも2002年に素晴らしい演奏を披露している。東洋の思想に興味を持っている点も、面白い一面といえる。静と動、陰と陽、といった東洋的な考え方に強く影響を受け、西洋音楽と東洋思想の関連をいつも考えている彼女の音楽は、日本人生徒には理解しやすいだろう。優れた演奏家としてだけでなく、先生としても、ロベルト・シューマン音楽大学に招かれて教えた経験のある彼女は、技術的な問題や音楽上の疑問をたくさん抱えた生徒を大歓迎している。

    • 50万以下
  • No.136-0087-P 詳細を見る

    元大阪センチュリーコンサートマスター・ナンドール・セデルケニによるバイオリンレッスン

    世界に名だたるシゲティ国際ヴァイオリンコンクールの優勝者が、重厚に響く奏法をたっぷり見せて教える。優れたヴァイオリン奏者であるだけでなく、優れた指揮者であるセデルケニは、カナダ、ヨーロッパの様々な楽団を指揮し、最近では大阪センチュリー交響楽団首席コンサートマスターを勤めた。レッスンは、彼自身が得意とするハンガリー、ロシア流ヴァイオリン奏法。細かい理屈や理論にこだわらず、目の前で弾いて、一流ヴァイオリニストの技を隠さずに見せる。日本での生活経験がある彼は、日本語もある程度OK。日本人生徒には安心できる。日本でのマスタークラスは生徒からお礼の声が絶えない。

    • 50万以下
  • No.136-0088-P 詳細を見る

    ブリュッセル王立音楽院/マンハイム音楽大学ジャン=ミシェル・タンギー教授のフルートレッスン

    「すでにオーレル・ニコレの後継者として十分な実力を備えている」とフランスの音楽雑誌『ディアパソン』に賞賛された名手。現在ベルギー国立管弦楽団首席。毎年CDをリリースし、ジャン・ピエール・ランパル国際フルート・コンクール審査員も務める。ドイツのマンハイム・ハイデルベルク音楽大学とベルギーのブリュッセル王立音楽院で教える教授の生徒からは、国際的ソリストやオーケストラのソロ奏者が出ている。「フルートを操作して音を出すのではなく、すでに自分の内面で完成している響きを表現しなければいけない」という彼のレッスンは、よく響く、温かみと丸みのある音づくりが大きな目標だ。

    • 50万以下
  • No.136-0089-P 詳細を見る

    ベルリン・ドイツ交響楽団準首席ラファエル・ウィドリッチのフルートレッスン

    フルート教則本を著したラファエルが、東洋の呼吸法を取り入れたスーパーナチュラルな奏法を伝授してくれる。現在、ベルリン・ドイツ交響楽団準首席フルート奏者。より良い呼吸法を求めて、日本の尺八や合気道も正式に勉強し、フルート奏法に関するノウハウを結晶させた教則本『フルート演奏のアート〜自然な方法』がドイツで出版された。彼の指導法は、ハンス・ペーター・シュミッツのメソッドをより発展させたもの。呼吸も、動作も、全て自然体で行うことを重視する。実際のレッスンではさらに突っ込んで、フルートにとって特に重要な、心の状態をコントロールする方法なども教えてもらえる。

    • 50万以下
  • No.136-0090-P 詳細を見る

    モンス王立音楽院マーク・グローウェルズ教授のフルートレッスン

    マーク・グローウェルズが、リリースしたCD は60枚以上。なかでも170枚組の「ザ・ゴールデン・ディスク」は、 10万セットを売る大ヒット。映画「アマデウス」のサントラにもフューチャーされている彼の演奏は、世界の聴衆に求められ、年間100回以上のコンサートを開いている。ベルギー国立歌劇場管弦楽団やベルギー放送交響楽団首席奏者を務めた彼は、演奏家としてトップレベル。タンゴの巨匠ピアソラが彼のために曲を贈ったほどの実力者だ。ベルギー王立ブリュッセル音楽院教授を経て、現在はモンス王立音楽院名誉教授。彼の指導は、レッスンの方針を生徒と話し合って決めていくのが特徴だ。

    • 50万以下
  • No.136-0094-P 詳細を見る

    ベルギー王立モンス音楽院ダリア・ウジエル教授のピアノレッスン

    スカルラッティ、バッハから20世紀音楽までの幅広く弾きこなし、現在はベートーベンのピアノソロ全曲集をレコーディング中という驚くべきレパートリーの持ち主。また、ベートーベン、モーツァルトなどの2台ピアノ曲を多く録音し、フォーレのピアノ・バイオリンソナタを全曲カバーしているほか、ラベル、メンデルスゾーンなどのソナタを100曲以上録音。フランスの名門音楽誌「ディアパソン」から5つ星を受けている曲がある。現在ベルギー王立モンス音楽院で教鞭をとっているウジエル教授のレッスンは、音大受験やオーケストラ入団試験、コンクール準備、留学を視野に入れて研鑽している方に最適。

    • 50万以下
  • No.136-0095-P 詳細を見る

    ヴェルディ音楽院ピアノ科主任教授シルビア・ルーミのピアノレッスン

    世界的ピアニスト、イェルク・デームスやパウル・バドゥラ・スコダ、バッハの権威タチアナ・ニコラーエワ、スペインを代表するホアキン・アチューカロ、ロシアンピアニズムの伝統を受け継ぐボリス・ペトルシャンスキーなど一流の演奏家や教育者から様々なスタイルの奏法を学びとった。ソリストとして各交響楽団と共演した他、各国のテレビ、ラジオへも多く出演。数々のピアノコンクールで優勝し、教え方の上手さを競うティーチングのコンクールでも賞を受賞。イタリアトップクラスの音楽教育で有名なヴェルディ音楽院ピアノ科主任であるルーミ教授でキミを特別に指導してくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0096-P 詳細を見る

    ヴェルディ音楽院レオナルド・レオナルディ教授のピアノレッスン

    ソロピアニストとして国際的なコンサート活動を続け、ミラノ・スカラ座などの名門劇場や世界中の著名ホールや音楽祭、テレビ番組などで演奏してきただけでなく、室内楽のピアニストとしても卓越。バイオリニストと組んでコンクールで優勝した際、審査員を務めていたフルートの名手セヴェリノ・ガッツェローニと、高名なバイオリニスト、サルヴァトーレ・アッカルドが共演を申し込むほど。現在、ヴェルディ音楽院教授。テクニック面や解釈面でも、キメ細かくハイレベルな指導をしてくれるレオナルディ教授は、現地の教授群の中でも特に評判が高い。音楽のプロを目指すなら、ぜひおすすめしたい先生。

    • 50万以下
  • No.136-0097-P 詳細を見る

    プロオルガニストのトビアス・ベルント先生のオルガンレッスン 

    第一線のプロ・オルガニストとして、ドイツを中心に精力的な活動を続け、多くの教会でコンサートを開き、合唱団やオーケストラとも共演、ラジオやCD録音などでも活躍。ドイツの先駆的な合唱団として有名なベルリン・ジングアカデミーと共演し、ベルリン・フィルハーモニーホールでも演奏を行っている。ヨーロッパ最古のオルガン/ピアノメーカ「イバッハ」のアカデミーでは、講師として指導にあたり10才から67才までの生徒を教えている。オルガンの入門者は特に歓迎。中・上級者ならば、彼の専門でもあるドイツものやフランスものについて、より深いものを学べる。■その他の期間と費用:2週間380,000円 3週間497,000円 4週間593,000円 8週間1,067,000円 12週間1,543,000円

    • 50万以下
  • No.136-0098-P 詳細を見る

    プロオルガン奏者アナスタシア・シデリニコワのオルガンレッスン

    17世紀から20世紀までの幅広いレパートリーを持ち、ヨーロッパ、アメリカの大ホールで活躍するロシアオルガン協会会員。アナスタシア・シデリニコワは、数々の国際オルガンコンクールで優秀な成績をおさめ、ロシアやドイツのコンクールではディプロマを受賞。カナダ・カルガリー国際オルガンコンクールでは全ヨーロッパを代表するファイナリスト・ディプロマを受けた。ロシアや東欧諸国をはじめ、ヨーロッパ、アメリカの主要ホールでリサイタルを行ない、現在モスクワ国立フィルハーモニーホールでは、ソロ・オルガニストを務めている。オルガンの指導経験は豊富なので安心してぶつかっていこう。

    • 50万以下
  • No.136-0099-P 詳細を見る

    オルガンマエストロのロベルト・マリア・クチノッタに学ぶ本場のオルガンレッスン

    イタリア・聖ピアージョ教会の首席オルガニストを務め、アラッシオの聖アンブローズ教会名誉オルガン奏者でもあるロベルト・マリア・クチノッタは、宗教曲だけにとどまらない幅広いレパートリーで知られたプレーヤー。イタリア・ドナート・マノーネ・オルガンコンクールで優勝。オルガン奏者だけでなくピアノやチェンバロ、作曲などでも国際的に活躍し、CDも8枚発表。オルガン曲の作曲法やグレゴリオ聖歌の伴奏法などに関する教本を4冊も著している。レッスンでは、受講生が持ち込んだ課題曲についての楽曲分析、歴史的な背景解説、模範演奏、受講生の演奏に対する具体的な指導などが中心。

    • 50万以下
  • No.136-0100-P 詳細を見る

    元ベルギー王立管コンマス・ジェロルド・ルービンシュタインのバイオリンレッスン

    ジェロルド・ルービンシュタインは、ベルギー王立モネ劇場管弦楽団、ベルギー王立管弦楽団のコンマスを歴任。これまでに150曲以上のバイオリンソナタを演奏し、モーツァルトのソナタや、グリーグ、フォーレ、ブラームスのソナタを全曲録音。モーツァルトのバイオリン協奏曲の全曲録音やベルギーの作曲家ウジェーヌ・イザイの詩曲全曲を世界初録音した。モーツァルトの協奏曲全曲は、ショット・フレール社から出版。近年までベルギー王立アントワープ音楽院で教鞭をとり、現在、トルコのイズミール音楽大学教授。音大やオーケストラの試験、コンクール準備、留学を考える人に最適のレッスン。

    • 50万以下
  • No.136-0101-P 詳細を見る

    マンハイム音楽大学ライムント・コルップ先生のチェロレッスン(ドイツ語レッスン付)

    ソリストとして活躍し、マンハイム音楽大学で教鞭をとるライムントが、プロを育てた20年のノウハウをキミに注ぐ。メディアへの出演やCD録音も多く、後期ロマン派の作曲家マックス・レーガーによるチェロとピアノのための全作品を収めたCDは、各界から高く評価。現在はドイツ・マンハイム音楽大学で教えると同時に、ヨーロッパ各国で定期的にマスタークラスを持ち、後進の育成に並々ならぬ情熱を注いでいる。これまでに多くの生徒が、プロとして楽界で成功。先生の経験の全てが注ぎ込まれたレッスンで、キミも一流プロの実力に迫るのだ。ドイツ語グループレッスン付き。■その他の期間と費用:2週間345,000円 3週間452,000円 4週間545,000円 8週間934,000円 12週間1,339,000円

    • 50万以下
  • No.136-0102-P 詳細を見る

    イタリア人ソリスト・フランシスコ・ヴィニャネッリ先生のチェロレッスン

    フランシスコ・ヴィニャネッリは、イタリアのサンタ・チェチーリア音楽院、ドイツのリューベック音楽大学で学ぶ。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界中でコンサート活動を展開し、現在、“トリオ・アルカデア・ディ・ローマ”やイタリアのテレビ放送“RAI”、映画のサウンドトラックやCDの録音なども行っている。第1ソリストとして、カメラータ・ハンブルクやモーツァルトオーケストラなど、多数の室内楽がもちろん、多くの著名なオーケストラでも活躍している。1997年からローマで芸術監督の仕事も担当。彼のチェロ教授法は、ロシア・メソッドを用いてのレッスンとなる。

    • 50万以下
  • No.136-0103-P 詳細を見る

    ハノーファー北ドイツ放送フィルのオリバー・マスカレナスのチェロレッスン

    ヨーロッパの5つのオケで活躍する売れっ子プレーヤーが、聴衆はもちろん、審査員の心まで揺さぶるコツを教えてくれる。世界的な名チェリストであるマリア・クリーゲルをはじめ、4人の優れた教授たちに学び、ドイツ流、フランス流、ロシア流それぞれの奏法を全てマスターしている。現在はNDRハノーヴァー北ドイツ放送フィルや各地の一流オケでプレーしている。オリバーのレッスンは、音大受験、プロの楽団員オーディションなど。音大レベルに行っているが、そこから先で伸び悩んでいる生徒に、聴く人の心を揺さぶる音楽のエッセンスを教えてくれる。室内楽のためのプライベートレッスンもあり。■その他の期間と費用:2週間354,000円 3週間472,000円 4週間539,000円 8週間952,000円 12週間1,366,000円

    • 50万以下

130件の検索結果

1 2 3 4 5 6 7

音楽留学はあらゆる可能性が実現できる成熟した留学ジャンル

  • 音楽留学のPoint1

    音楽留学は比較的専門性の高い留学分野であり、「ただ好きだから」という趣味の人が参加するケースは多くありません。短期間留学をして価値の高い経験を得ようとする留学もありますが、どちらかというと本格的に海外の音楽院に留学して学科を修了しようという留学が主流になります。後者は当然入学にも条件がつき、ハードルは高くなりますが、その分修了すれば得るものは大きく、プロの音楽家としての可能性も高まるでしょう。

    音楽留学
  • 音楽留学のPoint2

    短期間の留学とは、主に教育機関が休暇に入る夏休み等の時期を利用して、現地の講座やプライベートレッスンを受ける留学です。これらの留学は特に難しい条件をクリアしなくても、比較的著名な音楽家の指導を直接体験できる点と、様々な指導者との触れ合いが魅力です。道を極めるための留学を志向する方にとっては物足りない部分があるかもしれませんが、絞り込まずに幅広い音楽体験を求める方にはぴったりの留学です。

  • 音楽留学のPoint3

    数年をかけて音楽を修めようとする人にとっても音楽留学は覚悟が必要な道です。但し、近年では音楽が映像等の他の表現と結びつき、メインコンテンツとしての音楽ではなく、他のコンテンツとのコラボレーションによって価値を発揮するシーンも増えています。音楽留学という道が必ずしも一か八かの賭けではなく、音楽を中心としたキャリアの一部として設計できるものになって来ているのも事実です。その意味でも今後も音楽留学を目指す方は増えていくでしょう。

音楽留学PICKUP!

もっと見る