音楽留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

音楽留学
音楽留学
音楽留学は近年ますます注目を集めるようになり、音楽学生を主人公としたコミックやアニメも人気になりました。音楽ジャンル、もしくは担当楽器ごとに全く違った音楽留学がありますが、近年、音楽シーンや留学先の選択肢の広がりによって、ますます多様化、参加者数も増加傾向にあります。それぞれの分野で著名な演奏家との交流を持つ機会が得られる講習会も人気が高く、専門性を求めない層の留学も熱いようです。

音楽留学のプラン一覧

  • No.136-0018-P 詳細を見る

    ウィーン市立音楽院教授ゲルハルト・ゲレッチェレンガーのピアノレッスン

    日本の音楽性の高さに注目し、日本人アーティストと多く共演するゲレッチェレンガー教授は、音楽の本場ウィーンを中心に活動するピアニストだ。アンサンブルに力を入れ、ピアノデュオやピアノトリオ、室内楽をはじめ、ヴァイオリニストや歌手と共演している。日本人演奏家との共演も多くヴァイオリニストの漆原朝子や千住真理子ともCDを録音している。ウィーン市立音楽院で教鞭をとっている彼のレッスンは、生徒と共に色々な弾き方を試し、楽曲理解を深めていく。「有名な演奏家やCDの真似をさせるようなことは、絶対にしない」と彼は言う。オリジナリティと、独自のイマジネーションを重視する。

    • 50万以下
  • No.136-0020-P 詳細を見る

    カタルーニャ高等音楽院マヌエラ・ゴウヴェイア教授のピアノレッスン

    ピアノの2大流派(ドイツ流とロシア流)を受け継ぐカタルーニャ高等音楽院教授が、心のイメージを基本にした音づくりの方法を教える。演奏家として活発な活動を続けている彼女が同じくらい力を注いでいるのが、ピアノ教育だ。カタルーニャ高等音楽院教授である彼女は、ヨーロッパ各地で様々なレベルの生徒を 30年以上に渡って指導してきた。生徒の多くはピアニストや教育者、指揮者、音楽セラピストなどになっている。レッスンは、作品の中にある芸術的なイメージをはっきり捉えることを基本にする。そして、そのイメージを、生徒が「自分の音」で表現できるようにガイドして行く。

    • 50万以下
  • No.136-0021-P 詳細を見る

    ドイツ国立カールスルーエ音楽大学カルメン・ピアッツィーニ教授のピアノレッスン

    アルゲリッチを生んだ南米の名教師スカラムッツアから、クラシックの伝統と情熱を受け継いだカールスルーエ音楽大学教授のレッスン。これまでにバイエルン放送交響楽団など一流オーケストラと共演し、テレビなどでも活躍。収録したCDは50枚以上。古典派から現代曲までこなし、ピアソラ作品を収録したCDや、アルゼンチンの作曲家の作品のCDなども評価が高い。ドイツのカールスルーエ音楽大学で教える彼女のレッスンは、スカラムッツァの指導メソッドと、ドイツ正統派を代表するケンプや、ライグラフの指導法が基礎になっている。コースの最後に教授の許可が出ればソロコンサートが開催される。

    • 50万以下
  • No.136-0022-P 詳細を見る

    コンサートピアニスト・クリサンティー・エマヌイリドゥのピアノレッスン

    「音楽に年齢制限はない」と断言するクリサンティー・エマヌイリドゥは、4歳以下から60歳以上まで幅広い年齢層の生徒たちを持つ。「ひとりひとり違った人間だからこそ、それぞれの個性と経験にあったレッスン方法が必要」と言う。「時代を問わず、いい音楽を創るのはテクニックではない。私たちの心、もしくは体内から引き出されたもの」と彼女は語る。日本にもしばらく滞在していた経験があり日本にも興味をいだいている。先生に時間があるときは生徒と一緒に食事にでかけたり外出したり本当に愛情たっぷり。もし先生に困っていればクリサンティーに会いに行ってみてはどうだろうか。

    • 50万以下
  • No.136-0024-P 詳細を見る

    ドイツ国立ケルン音楽大学オリバー・ドレクセル先生のピアノレッスン

    ケルン音楽大学で教鞭をとるオリバー・ドレクセルは、ソロやラジオ出演、CDもリリースするドイツ一流ピアニストだ。ドイツロマン派作曲家ヨハン・クリスティアン・ハインリヒ・リンクなど珍しい作品をCDとして発表し、世界にあまり知られていない作曲家を探求していく。現代作曲家ユルク・バウアー研究では第一人者であり、3冊の研究書を出版。全作品集をCDリリースし、ドイツ・ライン地域の文化貢献を讃える「ライン地方文化賞」を受賞。レッスンはシンプル、かつ体系的に行う。演奏動作、技術トレーニング、楽曲解釈などに重点を置いて、音大レベル以上向けの役立つレッスンをしてくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0025-P 詳細を見る

    ドイツ国立ケルン音楽大学アルボ・ヴァルドマ教授のピアノレッスン

    アルボ・ヴァルドマ教授は数多くのコンサートやレコーディングで活躍し、ネーメ・ヤルヴィ等名指揮者と共演したベテランピアニスト。東欧の3つの音楽大学教授を歴任後、現在ドイツ国立ケルン音楽大学で教鞭をとっている。担当したマスタークラスは120を超え、ジュネーブ国際音楽コンクール、エリザベート王妃国際ピアノコンクールなど数多くの生徒が入賞している。ヴァルドマ教授のレッスンは、理論と感性の両面を重視する。楽典もテクニックも解釈も、どれもおろそかにしない。音大試験準備や、プロ演奏家実力アップ、ピアノ教師の指導力アップなど、様々な目的に応じた指導をしてもらえる。

    • 50万以下
  • No.136-0026-P 詳細を見る

    コンサートピアニスト・イエンス・ベルニエック先生のピアノレッスン

    ソロ、オーケストラとの共演はもちろん、幅広い伴奏も行えるピアニストがイエンス・ベルニエックだ。彼の現代音楽への理解は、パール・ヒンデミット作曲、サラ・レオナルドのソプラノによってニューヨークMODEレーベルのCD、「Das Marienleben」に収録される。ピアノの指導では、「聴く」ということに重点を置く。他人の演奏を聴き、感想を述べあうことで、音楽の構成要素を理解し、フレーズ表現を鮮明にしていく事ができると考えている。古典から現代まであらゆる音楽に対する深い造詣を身につけるベルニエックのピアノレッスンは、視野を大きく広げてくれるだろう。

    • 50万以下
  • No.136-0027-P 詳細を見る

    コンサートピアニスト・アンナ・スクリレーワ先生のピアノレッスン

    独奏はもちろん、アンサンブルや伴奏、オーケストラとの共演のコツまで、ピアニストに必要な全てを学ぶレッスン。彼女のピアノは、リヒテルやギレリスなど名指導者であり演奏家でもあったゲンリフ・ネイガウスの流れをくむ。指導の特長は、生徒の技術的、性格的な個性を重視し、ピアノ独奏曲のみにこだわらないことだ。室内楽曲や歌曲まで幅広く取り上げ、「歌い手とどうやって合わせるか、オケを相手にどう弾くか、そういった勉強を通して、自分の将来を見極めてほしい」と彼女は言う。ソロだけを弾いてやっていけるプロは稀だ。彼女のレッスンには、プロになるための幅広い配慮がある。

    • 50万以下
  • No.136-0028-P 詳細を見る

    シュトゥットガルト音楽大学ヨッヘン・フェルベル先生のピアノレッスン

    ヨッヘン・フェルベルは、世界一流の指導者たちから、音楽と演奏技術を余すところなく吸収したピアニストだ。ソリストとして、室内楽アンサンブルのメンバーとして伴奏者として、ピアノの魅力を十分に引き出し聴衆を沸かせてきた。これまでに、カラブリア国際ピアノ・コンクールやスメタナ・ピアノ・コンクールなど国内外のコンクールに入賞している。レスナーとして15年の経験があり、コンクール入賞者も育てた彼は、シュトゥットガルト音楽大学講師として指導に取り組んでいる。レッスンでは、様々な音色を生む腕の動きを中心に、効率的な練習法や暗譜のコツなども教えてくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0029-P 詳細を見る

    シュトゥットガルト音大アンドレ・ベルナルド・マルシャン教授のピアノレッスン

    スタインウェイ・アーティスト、マルシャン教授は、これまでに世界各地で活躍してきたが、なかでも日本での活動は際立っている。東京交響楽団や新日本フィルなどの著名オケと共演し、客員教授として多くの日本人生徒の指導にもあたった。アメリカ・ウィスコンシン大学教授を経てドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学教授として教鞭をとっている彼の教え子には日本人も多い。マルシャン教授の指導は、ショパンのエチュードとショパンの書き残した文献を基本にしている。奏法の特徴は、アルフレッド・コルトーに代表されるフランス流。ベルカントとレガート、柔らかなノンレガートを重視する。

    • 50万以下
  • No.136-0030-P 詳細を見る

    ショパンの名手アドルフォ・バラビーノ先生のピアノレッスン

    ショパンの魅力をつかみ、確かなテクニックで表現するピアニストが、アドルフォ・バラビーノだ。現在スタインウェイアーティストとして活躍している。ショパンのノクターン全曲CDをクラウディオ・レコードからリリースし、今後はショパン全曲集に取り組んで行く。レッスンではあらゆる作曲家や時代を教授し、生徒一人一人の個性に合わせて違った教え方をする。そうやって自由にやることで、ハイレベルなテクニックも身につき、もっとも大事な感情や感覚の表現ができるようになる。もしキミが、プロとしてやっていくつもりか、プロ並の力をつけたいと考えているなら、アドルフォのレッスンがおすすめ。

    • 50万以下
  • No.136-0031-P 詳細を見る

    シュトゥットガルト音楽大学ショシャナ・ルディアコフ教授のピアノレッスン

    ショシャナ・ルディアコフは、一流レーベル・アウディーテやタチェット、ノンサッチなどから15枚近くもの CDをリリースする第一線の演奏家だ。世界各地で演奏しロンドン交響楽団など世界トップクラスの楽団や、ヴァイオリンのアイザック・スターン、ピアノのジーナ・バッカウアー、指揮のズービン・メータなど一流音楽家たちと共演している。ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学教授であり、アメリカ・マンチェスター音楽祭アカデミー専任講師でもある彼女のレッスンは、ロシア流メソッドが基本だ。その上に、これまでの指導経験から彼女自身が得てきた、独自のノウハウをプラスして教える。

    • 50万以下
  • No.136-0032-P 詳細を見る

    スペインの3つの音楽院教授ラモン・コル教授のピアノレッスン

    ラヴェルやフォーレの流れを受け継ぎ、スペイン3つの音楽院で指導する教授が教える、技術、ペダル、そして集中力。これまでに、多くの国際コンクールに入賞し、カーネギーホール等でソロリサイタルを開き、第一線のオケと共演。フランス印象派の第一人者であり、ロシア・ロマン派の作品も、引けを取らない。名匠リヒテルと親交を持ち、ラフマニノフやチャイコフスキーなど多くのCD録音。スペイン3つの音楽院や世界各地のマスタークラスで教えている指導者でもある。独自のメソッドにそって、フィンガーテクニックからペダル、そして心と音楽を一体化させる精神的な集中法まで教えてくれる。

    • 50万以下
  • No.136-0033-P 詳細を見る

    デトモルト音楽大学ハイジ・エルゼザー先生のピアノレッスン

    個性を生かし、本来の力を引き出す自分仕様のレッスン内容が魅力のハイジのピアノレッスン。フランスでCD発表、マケドニア交響楽団との共演、ヨーロッパ各地で公演と、自身の音楽活動を積極的に行う。一方で、マケドニアのスコピエ音楽大学講師、デトモルト音楽大学講師としてピアノ教育にも情熱を注いでいる。曲に込められた作曲者のイメージとそれを表現する技術を生徒が見つけ出すことで本当の演奏力がついてくると考える指導法は、学生が持つ個性に着目し、学生が本来の力を伸ばしていく手助けをするという点に特徴がある。枠にはめることを嫌い、レッスン内容も生徒と一緒になって考える。

    • 50万以下
  • No.136-0037-P 詳細を見る

    ハンブルク音楽大学トリファー・スミス教授のピアノレッスン

    「トリファー・スミスは、今日よく耳にする機械のようなピアニストではない。彼の演奏は微妙なニュアンスと詩情にあふれ、それでいて明解さと十分な力強さがある」と、彼を教えた大ピアニスト、ヴィルヘルム・ケンプは言う。感情豊かなソロ演奏、オーケストラとの共演で見せる迫力も評価が高く、世界中の聴衆を魅了し、ラジオ出演やCD録音も数多い。ハンブルク音楽大学教授として教鞭をとる彼の指導は、楽曲解釈が中心。技術練習は、曲の中で特につまずいた部分だけに止め、生徒の演奏上の問題のほとんどを、曲の理解を深めることで解決してしまう。「音符から心を引き出す」彼ならではのレッスンだ。

    • 50万以下
  • No.136-0042-P 詳細を見る

    フランクフルト音楽大学ラトコ・デロルコ先生のピアノレッスン

    クラシックの世界で自由奔放に活動するラトコ・デロルコ先生の、多彩で中身の濃いレッスンにドキドキしよう。デロルコ先生は、世界一流ホールで演奏し、テレビ、ラジオでも活躍する第一級のピアニスト。更に指揮者、作曲家、スタインウェイ社150周年コンサート企画、歴史的ピアノコレクション22台を使用するコンサートなど実に様々に活動している。フランクフルト音楽大学で教える彼のレッスンメニューも多彩。コンクール準備、歴史的ピアノの奏法、手を痛めずにパワーを出すコツの他、電子音楽や音楽ビジネスなども教えてもらえる。密度の高いレッスンなので、ビデオに録ることを先生はすすめる。

    • 50万以下
  • No.136-0043-P 詳細を見る

    プライナー音楽院スザンナ・シュペーマン教授のピアノレッスン

    スザンナ・シュペーマン教授は、多くのリサイタルを開く演奏家だが、最も打ち込んでいるのは、若手の育成だ。ウィーン・ブライナー音楽院教授として教鞭をとるだけでなく、「ウィーン・ヤング・ピアニスト」の会長として、青少年を対象とした夏期講習会などを開催し、積極的な活動をしている。才能を秘めた生徒には、特別に時間を割いてプライベートスタジオでレッスンを行なうなど、並々ならぬ情熱を注ぐのも、彼女の熱心さの表れだ。生徒の中から、オーストリア国内や、国際コンクールの入賞者が多数出ているのも当然といえる。子供に才能がありそうなら、一度、レッスンしてもらってはどうだろう。もちろん通常大人を教えているので大人でも抜群のレッスンとなる。

    • 50万以下
  • No.136-0044-P 詳細を見る

    ベルリン芸術大学ヴィルヘルム・フォン・グルネリウス教授のピアノレッスン

    コンサートピアニストとして豊富な経験を持ち、作曲の歳能も高く評価されている超ベテラン教授に、安心して頼ろう。一級のコンサートピアニストとして活躍する一方、作曲でも多くの作品を発表している。ピアノソロの腕前はもちろんだが、絶妙の伴奏テクニックでも知られており、ギネス・ジョーンズやホセ・ヴァン・ダムといった最高峰の歌い手たちとも共演してきた。音楽教育で世界トップランクに位置するベルリン芸術大学で、グルネリウス教授は25年以上も教鞭をとっている。大学入学準備コースやコンクール準備はもちろん、あらゆる目的で最高レベルのレッスンを受講できるのはうれしい。

    • 50万以下
  • No.136-0051-P 詳細を見る

    ミュンヘン音楽大学トーマス・ウールマン先生のピアノレッスン

    トーマスは、クララ・シューマンの孫弟子にピアノを教わった。つまりクララ・シューマン流重量奏法を受け継いだ曾孫弟子だ。体をリラックスさせ、腕の重みを使って弾く重量奏法は、超大物クラウディオ・アラウやピアノ界の権威クロイツァーの弾き方等で知られている。現在ミュンヘン音楽大学講師。最初に教えるのは、重量奏法の要である「脱力」。これが、歌うような音色や、考えられないほどの大音量を生み出す源になる。次の段階で、曲の魅力を引き出すために必要な、指の独立、タッチのバリエーション、アーティキュレーション、音楽理論などを指導する。上級者は曲の解釈と表現により重点を置く。

    • 50万以下
  • No.136-0052-P 詳細を見る

    ミュンヘン音楽大学イヴァイラ・キーロワ先生のピアノレッスン

    「ピアノの哲人」ゲルハルト・オピッツは、「イヴァイラ・キーロワは飛び抜けた芸術性を持っている」と彼女の歳能に折り紙をつけた。バロックから現代まで幅広いレパートリーを弾き、N響ソリスト達と室内楽団を組んだこともある。スタインウェイ・アーティストであり2枚のCDをリリース。ロシア流、ドイツ流の奏法を受け継ぎ、ピアノの2 大流派を極めた先生だ。この2つのスタイルを基本に、ミュンヘン音楽大学講師として指導にあたる。レッスンは生徒が独自の音のイメージを広げることを中心テーマに、様々な時代の曲を取り上げている。技術面では、表現に欠かせない様々なタッチの習得がメインだ。

    • 50万以下

130件の検索結果

1 2 3 4 5 6 7

音楽留学はあらゆる可能性が実現できる成熟した留学ジャンル

  • 音楽留学のPoint1

    音楽留学は比較的専門性の高い留学分野であり、「ただ好きだから」という趣味の人が参加するケースは多くありません。短期間留学をして価値の高い経験を得ようとする留学もありますが、どちらかというと本格的に海外の音楽院に留学して学科を修了しようという留学が主流になります。後者は当然入学にも条件がつき、ハードルは高くなりますが、その分修了すれば得るものは大きく、プロの音楽家としての可能性も高まるでしょう。

    音楽留学
  • 音楽留学のPoint2

    短期間の留学とは、主に教育機関が休暇に入る夏休み等の時期を利用して、現地の講座やプライベートレッスンを受ける留学です。これらの留学は特に難しい条件をクリアしなくても、比較的著名な音楽家の指導を直接体験できる点と、様々な指導者との触れ合いが魅力です。道を極めるための留学を志向する方にとっては物足りない部分があるかもしれませんが、絞り込まずに幅広い音楽体験を求める方にはぴったりの留学です。

  • 音楽留学のPoint3

    数年をかけて音楽を修めようとする人にとっても音楽留学は覚悟が必要な道です。但し、近年では音楽が映像等の他の表現と結びつき、メインコンテンツとしての音楽ではなく、他のコンテンツとのコラボレーションによって価値を発揮するシーンも増えています。音楽留学という道が必ずしも一か八かの賭けではなく、音楽を中心としたキャリアの一部として設計できるものになって来ているのも事実です。その意味でも今後も音楽留学を目指す方は増えていくでしょう。

音楽留学PICKUP!

もっと見る