料理留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

料理留学
料理留学
近年参加のハードルが下がってきている料理留学は、参加者もプロの人が参加するばかりではなくなってきています。参加ハードルが下がっても質が低下するというようなことはなく、学ぶ料理のジャンル、留学先の選択肢の多様化が進み、修了時に証明書を発行してもらえる等、内容も充実しています。

料理留学のプラン一覧

  • No.017-0212-P 詳細を見る

    トスカーナでイタリア語研修+イタリアクッキング!

    フィレンツェ近郊の田舎町で習うイタリア語とイタリア家庭料理。家族経営のフレンドリーな学校で週20レッスン語学研修と週2回(1回4時間)のイタリア料理クラスがセットになったお得なプログラム。料理クラスは毎回3〜4品パスタやピッツァを作って味わう。往復運賃込みのパッケージプランです。

    • 50万以下
    • 航空券
  • No.017-0423-P 詳細を見る

    スペイン家庭料理を学ぶ!

    マラガはスペイン南部、アンダルシア地方のリゾート地で年間を通して気候も温暖です。スペイン語が初めての方でも、趣味感覚で気軽にご参加いただけます。学校はビーチまで徒歩10分で立地条件もバッチリです!

    • 50万以下
    • 航空券

2件の検索結果

1

誰が何と言おうと本場の味にこだわる。だから、料理留学

  • 料理留学のPoint1

    かつては料理学校や修行先のレストランで腕を磨き、ある程度実力を認められた上で紹介状等を書いてもらって何の保証も無いまま現地に「修行に行く」という話が多くありました。現在ではこの分野もきちんと計画を立てて費用を払って「留学」の形で現地での料理体験ができるようになりました。選択肢の幅も広がっており、参加者もプロの料理人ばかりでなく、趣味で料理を研究しているような方も参加するようになっています。

    料理留学
  • 料理留学のPoint2

    ハードルが下がっても決して質が落ちるというようなことはなく、むしろ渡航前から受講できる内容が細かく決まっていたり、カリキュラムを終えた後はキャリアとして一般的な認知を得やすいように修了証明書を発行してくれる等、受講者にとって明確にスキルアップが望める内容になっています。さらに、場合によっては通訳付のパッケージ等、留学生は純粋に料理のことだけ考えれば良いプランもあり、ますます留学しやすくなっています。

  • 料理留学のPoint3

    料理留学のなかでも海外への留学では、分野別に「本場」の料理を学びに行く留学が主流であり、例えばフランス料理ならフランス、イタリア料理ならイタリアといった具合に、料理によって留学先が大体決まっているものです。また、中華料理が地方によって調理法の特徴が違っているように、同じフランス料理でも地方によって調理法が違います。そうした違いを意識して、地域に厳密にこだわって留学先を決めるケースも決して珍しくはなくなってきています。

料理留学PICKUP!

もっと見る