上海留学

上海留学記事一覧

  • 2016.01.28

    上海・北京をはじめ、学生向けの中国語学留学に注目!

    ビジネスの世界では日本を抜く勢いをもち、ますます注目を集めている中国。今や、中国語は英語に次いで国際社会に欠かせない言葉となりつつあり、大学でも第二外国語に中国語を選ぶ学生が急増しています。語学の習得の早道は何と言っても現地で学ぶことですが、でも、さすがに長期中国留学はちょっと不安という人も多いはず。そこで、(株)毎日コミュニケーションズ 海外留学サポートセンターで北京留学や上海留学をはじめ、中国・台湾留学を担当している鈴木貴彦さんにご協力いただき、春休みに行ける短期中国語留学についてご紹介します。

1ページ1

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.01.09

    プーケット生活が安くてメチャクチャ面白い

    安近短のビーチリゾートの代表格プーケット。最近の海外旅行ブームの復活に伴い、訪れる観光客の数も津波以前よりも増えているほど。欧米に比べてはるかに安い費用で留学や生活ができるとあって、高校生からシニア世代まで幅広い年齢層の人に留学先として人気です。特に最近問合せが増えているのが、親子留学。短期間でも現地の幼稚園や小学校に入学しやすいので、2週間から1ヵ月程度での留学が可能です。また、インターンシップへの社会人参加者が増えてきたのも最近の傾向。安い費用で研修ができる上、就職口も多く、そのまま現地就職への道も開かれています。特に人気の高いホテル研修では、大半の参加者が現地での就職を希望し、9割の人が就職をかなえているほど。バティックやダイビングなど、語学留学+αで学べるものの種類が多いのもプーケットの特長の一つですが、中でも、タイ料理やタイ式のヨガへの参加希望者は急増中。語学研修はなしで料理だけという参加者も増えています。遊び感覚から就職につながる留学まで、安い費用でさまざまなことができるプーケットは、今注目のエリアです。

  • 2016.09.30

    勢いだけではダメ!社会人留学するときの注意点

    社会人になってから、ある程度の年数が過ぎると、自然と今の環境から少し離れたくなるもの…。元々、海外に興味があるなら、なおさら、留学に向けて準備をしたくなるでしょう。 ただし、学生の頃は勢いだけで行動できても、さすがに社会人になった以上、後先のことを考えずに海外へ飛び出してはいけません。一定期間、キャリアから離れるのであれば、その後のことも、きちんと考えなければいけませんよね。 そこで今回は、社会人留学するときの注意点をご紹介いたします。

  • 2016.01.11

    2010年オリンピックを迎えるバンクーバーではキャリアアップ留学に注目!

    2010年に開催されるオリンピックを控え、今バンクーバーは世界でもっとも活気に満ちた街のひとつ。寒いという印象が強いカナダの中で、意外に冬でも0℃を割ることがないというバンクーバーは、治安もよく比較的物価も安く、公共の交通機関も発達しているため留学先としては以前から人気でしたが、オリンピックが近づくとともにこれからはますます注目を集めそうです。もともと観光地として日本人観光客向けの仕事が多いことからワーキングホリデーやインターンシップなど仕事体験を目的とした留学も人気でしたが、これからは街の盛り上がりとともに就労機会の拡大へ期待が高まっています。あまり知られていませんが、実はバンクバーは映画業界やIT関連ではトップレベルの技術者や講師陣を持つ国。オリンピックに向けてさらなる成長が期待される観光業はもちろんのこと、最先端のスキルが学べる専門学校が集中しています。確かな技術を身につけて、オリンピックで活気付く街で実際の仕事を体験する、そんなキャリアアップを見据えた留学が実現できそうです。