ビジネス英語学習

ビジネス英語学習記事一覧

  • 2016.09.30

    いつかはペラペラになりたい!ビジネス英語学習を続けるコツ3つ

    学生のときは勉強が仕事のようなもの。 でも社会人になると仕事が何よりも最優先になって、勉強をしたいと思っても、なかなかその時間はとれません。いくら新しく参考書を買っても、結局、机の上に重なって置いてあるだけ…。 そのままでは、いつになっても英語が話せるようになりません。 毎日コツコツと続けていくことが何よりも大切。 そこで今回は、ビジネス英語学習を続けるコツをご紹介いたします。

1ページ1

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.02.07

    選択豊富なロサンゼルスでの夏休み語学留学

    留学といえばまず思い浮かぶカリフォルニア。その中心ともいえるロサンゼルスは、短期から長期の正規留学まで、様々なタイプの留学生に根強い人気を誇っています。暖かで開放的な街は、夏休みのバカンスを兼ねたリフレッシュ留学にもピッタリ。そこで、㈱ラストリゾートの福岡佑子さんにご協力いただき、最近人気のプログラムやお勧めなど、ロサンゼルス留学の最新情報をお届けします。

  • 2016.01.12

    最近、人気のインターンシップに注目!

    以前は「語学研修」が中心だった中国留学も、近年はインターンシップやボランティア、ホームステイ、マンツーマンレッスン、オーダーメイドなど、留学スタイルがさまざまに広がりつつあります。世界人口の約20パーセントを占めると言われる中国は、ビジネスにおいても大きな可能性を持つ国。これからますますその需要が高くなると言えます。そんな中、言語の習得はもちろんのこと、一歩進んでもっと中国語でのコミュニケーション力をアップさせたいと希望する人たちが増えています。「使える」言葉を学ぶために、インターンに参加して「中国人の言い回し」を体験したり、帰国後を見据えてビジネススキルを学んだり、実践的な力が身につく留学が人気です。もちろん、これから本格的に中国語を学びたい、という人たちに合わせたプログラムも増えてきています。マンツーマンやオーダーメイドなど、以前に比べて選択肢も多彩になり、それぞれの実力に合った留学が選べるようになりました。比較的物価の安い中国への留学は、英語圏に比べて低コスト。この国に将来への大きな可能性を感じる人たちが、いま熱い視線を送っています。

  • 2016.01.11

    2010年オリンピックを迎えるバンクーバーではキャリアアップ留学に注目!

    2010年に開催されるオリンピックを控え、今バンクーバーは世界でもっとも活気に満ちた街のひとつ。寒いという印象が強いカナダの中で、意外に冬でも0℃を割ることがないというバンクーバーは、治安もよく比較的物価も安く、公共の交通機関も発達しているため留学先としては以前から人気でしたが、オリンピックが近づくとともにこれからはますます注目を集めそうです。もともと観光地として日本人観光客向けの仕事が多いことからワーキングホリデーやインターンシップなど仕事体験を目的とした留学も人気でしたが、これからは街の盛り上がりとともに就労機会の拡大へ期待が高まっています。あまり知られていませんが、実はバンクバーは映画業界やIT関連ではトップレベルの技術者や講師陣を持つ国。オリンピックに向けてさらなる成長が期待される観光業はもちろんのこと、最先端のスキルが学べる専門学校が集中しています。確かな技術を身につけて、オリンピックで活気付く街で実際の仕事を体験する、そんなキャリアアップを見据えた留学が実現できそうです。