アメリカ留学

アメリカ留学記事一覧

1ページ1

編集部おすすめ情報一覧

  • 2016.02.01

    英語留学の穴場、地中海に浮かぶ英語圏の島マルタ

    地中海の中で唯一の英語圏の島マルタ。世界遺産の宝庫ともいえるこのマルタ島が、今、英語を学ぶ学生たちでにぎわっています。日本ではまだまだあまり知られていませんが、ヨーロッパでは4~5年前から既に大ブームで、それに伴って英語学校の数も急速に増加中。日本人学生が少ないため、まさに穴場ともいえます。そこで今回はグローバルスタディ海外留学センターの上奥由和さんにご協力いただき、そんなマルタ留学の魅力をご紹介します。

  • 2016.01.13

    2007年人気のニューヨーク留学!トレンド予測

    アメリカの中でも比較的留学生の年齢層が高いというのも、ニューヨークの特徴のひとつ。「長期の留学では学生さんの参加が多いのですが、会社を退職して1年間くらい留学するという20代後半から30代の方も多いですね」と関さん。どうせ会社を辞めるなら、帰国後を見据えた留学を考えたいものです。そんな方にお勧めなのが、インターンシップや、語学と専門知識を同時に学べるプログラム。「ニューヨークは何と言っても業種が豊富。観光業がほとんどという西海岸でのインターンシップに比べ、ニューヨークなら一般企業もたくさんありますし、ギャラリーなんかでも研修できます。1年程度の留学でも2ヵ月くらいはインターンシップができるので、語学研修だけで終わるよりも帰国後の就職活動で随分違うと思いますよ」。また、語学と一緒に、メディア&アート、ホテル&ツーリズムなど、仕事につながる専門知識を学ぶコースも人気のひとつ。「専門学校で本格的に勉強するのには及びませんが、一通りの基礎を身につけることができます。こうしたコースを選ぶ方は、大抵ビジネス英語検定も受ける場合が多いので、留学中に身につけた英語力と検定試験、そして専門知識の3つを武器に、留学の成果をアピールしていますね」。 9・11テロ以降不振だったアメリカ留学も、2006年から急速に人気を盛り返しているとか。メジャーリーグやワールドベースボールなど、アメリカを身近に感じる機会が増えたことも影響しているのではないかと関さんは分析しています。「もともとアメリカ留学は西海岸が中心だったのですが、このところ東海岸の人気が高まっています。今年は松坂選手の影響でボストンへの留学希望者も増えそうですしね。テロ以来難しくなっていたアメリカの留学ビザもかなりシステムがクリアになってきて、難しいビザではなくなっていますので、ニューヨークもますます増えていくでしょうね」。語学だけでない「何か」を学びたい人にお勧めのニューヨーク、2007年も人気は続きそうです。

  • 2016.01.09

    どうせなら、仕事に役立つ資格・スキルを身につける

    海外で語学と共に本場の技術やスキルを学んだり、専門の資格を取得し、現地や帰国後のキャリアアップにつなげる人が増えています。留学そのものを夢にするのでなく、その先の夢をかなえるための留学。今回は留学ジャーナルの伊東さんにご協力いただき、そうした仕事につながるキャリアアップ留学についてご紹介していきます。