留学特集
2016.09.30

準備万端?短期留学向け「持ち物チェックリスト」

長期ではなく短期となると、どこまでの物を用意すればいいのか分からなかったり…。もちろん基本的な持ち物はなんとなく分かっても、国内旅行とは違って海外に行く以上、プラスでいろいろと買い足さなければいけません。 短期留学が決定したら、まずは持ち物リストを作成しましょう。 当日もチェックできるように枠をつくっておくと便利! そこで今回は、たくさんある持ち物の中でも特に必要な3つをご紹介いたします。

女性は生理用品と化粧品を忘れずに

男性はともかく女性は、どうしても荷物が多くなってしまいます。
海外でももちろん生理用品や化粧品は販売されていますが、やはり普段使っているものを現地に持っていくのがベストでしょう。特に化粧品は、肌の相性もありますし、安心できるメイク道具を持っていきましょう。
また意外と困るのが生理用品。
いくら「短期」とはいえ、その間に生理が来る可能性が高いなら、必ず事前に荷物に入れておきましょう。ちなみに、ホストファミリーによって使用済みのナプキンの処理方法について揉めるケースがあります。
生理が来てしまったら、まずはホストファミリー(女性)に確認し、ナプキンの処分方法についても教えてもらってください♪

常備薬は必ず持参する

海外に行っている間、ずっと元気でいられるとは限りません。
たまたま疲れていたタイミングで食当たりをしたり、風邪をひいたりと、現地に行ってからのトラブルも予想されます。
そのため、必ず普段から飲んでいる薬は、すべて持参しましょう。
胃腸薬、風邪薬、頭痛薬(生理痛にも効く薬)、他にも持病がある方は、常備薬は必ず入れるようにしてください。
現地の病院にかかるという選択肢も十分考えられますが、海外の薬が必ず合うとも限りません。普段から飲んでいる薬があれば、それだけでも精神的に安定します。
飛行機で酔いやすいなら、酔い止めも忘れずに…。

リュックサックがあると便利!

現地に行ってからもスーツケースで行動するわけにはいきません。
短期とはいえ留学期間はホストファミリーとともに様々な場所へ行く可能性が考えられます。たとえば、自分と同じ年齢の娘や息子がいれば、パーティーに誘われるかもしれません。
そのときあると便利なのが「リュックサック」。
海外で外人がショルダーバッグで歩いているのは危険!
必ず体からすぐには離れられないようなリュックサックで必要なものを持ち歩きましょう。
リュックサックをわざわざスーツケースに押しこむのが面倒くさければ、機内持ち込み用のカバンとして最初から背負っておけば、荷物にならずに済みます。

いかがでしたか?
短期留学といっても、まったく別の国に行く以上、どんなトラブルが発生するか分かりません。極力荷物を減らす方向ではなく、荷物になってもいいから、必要なものは、ちゃんとスーツケースの中に入れて、安心できる状態にしておきましょう。
また当日ギリギリになってから用意するのではなく、1週間前に支度を終えておき、2~3日前にもう一度確認できるくらいのゆったりなスケジュールで準備を進めてください!

おすすめ留学プラン