留学特集
2016.09.29

環境って大事!自分に合った語学学校を選ぶときのポイント

留学するからには、どこかの学校に所属しなければいけません。 本当は自分のペースでのんびりと勉強していきたいところですが、限られた時間の中で語学力を磨いていくには、やはりプロにサポートをお願いするべきで。 自分の行きたい場所は、みつけられていますか? まさか口コミばかりチェックして、情報をすべて鵜呑みにしていませんよね? 人生を変えてくれる場所をみつけたいなら、自分の直感が何よりも大切! そこで今回は、自分に合った語学学校を選ぶときのポイントをご紹介いたします。

国や地域を選ぶ

留学すると決まったら、次は行きたい国や地域を探していきましょう。
たとえば留学先として人気を集めている場所はカナダやオーストラリア。
これは費用が安いうえに、英語が喋れる環境だからといわれていますね。
しかし、オーストラリアで英語を学んでも、本場の人からしてみると「訛り」が強く、語学を学ぶ意味がないと考える人も多いようです。語学力よりも海外を渡っていく力を身につきたいならオーストラリアでも構いませんが、本物の英語を話せるようになりたいと思っているなら、やはりアメリカやイギリスなど、英語圏の国へ行くべき!
自分の目標や夢を明確にしながら、留学先の国や地域を選んでいきましょう!

情報に左右されすぎない

留学するうえで基礎知識をネットから学ぶことは大切です。
しかし語学学校を選ぶ際に口コミや評価を信用しすぎるのは、あまりよくありません。長期間、滞在する場所で、どうしても情報が不足しているなら、一度、家族や恋人も誘って下見に行ってみてもいいのでは?
たとえ口コミが“普通”であっても、実際に自分の目で確認してみない限り、そこが本当に運命の場所なのかは分かりません。
留学経験をふまえて、さらにステップアップしたいと考えているなら、情報を鵜呑みにしない勇気も必要。
ネットだけでなくアナログな方法(たとえば留学経験のある友人に話を聞いたり、留学雑誌をみたり)も活用しながら、基本的な情報を集約し、最終的な留学先を決定していきましょう。

サポート体制をチェック

語学学校の候補が絞れるようになってきたら、必ずサポート体制をチェック。
留学に行く前は気合いが入っていて、どんなことでも乗り越えていけると思えていても、家族や恋人と離れ、一人異国の地に到着すれば、誰にも言えない悩みや不安を強く抱えるときもあります。
そんなとき頼りになれるのは、留学先の学校。
できれば進学や就職、その他もろもろ全般的にカウンセリングしてくれる学校があれば、そこを拠点として選びましょう。
サポート体制が万全に整っていないと、勉強にも力が入らなくなってしまいますよ!

いかがでしたか?
自分に合った語学学校を選ばなければ、留学をしたことで、成長するというよりも自信を失ってしまう可能性も十分あるのです。確実に前に進めるように、語学学校選びには力を入れていきましょう!

おすすめ留学プラン