留学特集
2016.02.20

カナダ家庭の生活を楽しめる留学

洗練された都市とダイナミックな自然が調和するカナダは数千年もの長い間、大陸を移動して辿り着いた人々が暮らしてきた土地です。それぞれの民族の伝統や文化を大切にしながら共に助け合い、豊かで厳しい自然とも共生しながら発展し続け、現在では多民族国家として知られています。そんなカナダで注目されているのが、そこに暮らす人々の家庭に入り、カナダの生活を体験できる留学です。

生活を楽しみながら、生きた会話を身につけよう

sp-161-2 sp-161-3 sp-161-4

 カナダの生活を体験できる人気のプログラムについて、ネクシスクラブ留学相談デスクの新川雅博さんに伺ってみました。「なんといってもファームステイが人気です。弊社のカナダファームステイプログラムは、カナダの大自然の中で、カナダ文化と生活に触れながらファミリーとの交流を深めると共に、生きた英語を学び、国際人としてのマナーを身につけることを目的としています。ファームでの労働や専門的な知識を学ぶための滞在ではなく、人々との交流、動物や作物に対しての興味をもってもらうことを中心に、バンクーバー郊外にある、様々なスタイルのファームステイをアレンジさせて頂いております」と新川さん。  では、どんなファームがあるのかと伺うと、「牛、山羊、羊といった動物の世話をするもの、果物の収穫やブルーベリーなどのフルーツピッキングのお手伝い、乗馬を楽しむものなど、リクエストに応じてご紹介できます」とお答えが返ってきました。初めての方はもちろん、親子でのご参加も可能だそうです。 「ファームのほかに、“カナダの優しいお母さんに学ぶホームメイドのパン・ケーキ作り”プログラムも人気がありますよ」。これは、ホストマザーからケーキ作りを通して、英語を学ぶというプログラムだそうです。ブルーベリーパイやシナモンパイ、マフィン、チョコレートクッキーなどを一緒に作ります。そして出来上がったケーキとお茶をいただくときに交わす会話は、英語学校で習う英語とは違い、ケーキ作りを通してカナダの暮らしを垣間見ることができることでしょう。  ファームステイもパン・ケーキ作りも、生活の中から英語を学ぶスタイルです。ホストファミリーとの会話から、カナダの習慣や生活をお楽しみください。

プライベートレッスンで英語力アップ!教師宅ホームステイ

 そして、英語教員資格を持った先生のお宅にホームステイしながら自宅でプライベートレッスンを受けるという「教師宅ホームステイ」もおすすめとのことです。「マンツーマンなので自分にあったペースで、しかも自分の興味に合った内容を学ぶことができます。短期間で集中的に英語力の向上を図ることができるので、長期の滞在が難しい方や、語学学校での授業を望まれない方に最適なプログラムです。参加希望者には事前に勉強したい内容をお聞きし、先生がその内容に沿ったテキスト・授業を準備します。一般英語のレベルアップや、教職員、英語に携わる方々のスキルアップなど、それぞれの目的に応じたレッスンが可能です。社会人の方の参加も多いですよ」。  レッスンは午前だけですが、朝食・昼食・夕食と食事の時間にもホストファミリーとの会話が弾みます。興味のあることやカナダの生活について聞いてみたり、食事の手伝いや日常の暮らしからも得る言葉や習慣は多いことでしょう。

「赤毛のアン」の舞台となったプリンスエドワード島での暮らし

sp-161-5 sp-161-6 sp-161-7

「そしてファームステイと人気を二分しているのが、プリンスエドワード島での英語研修です。これはホームステイだけではないのですが、赤毛のアンの世界を求めて、若い方からご年配の方まで幅広い女性に人気がありますね」と新川さん。  プリンスエドワード島はカナダ東岸セントローレンス湾に浮かぶ小さな島。「赤毛のアン」の著者L・M・モンゴメリの生まれ育った故郷としても広く知られています。街の中心部はガス灯やヴィクトリア調の家並みが広がり、落ち着いた雰囲気。また、この島はモンゴメリの生きていた時代に、主婦たちが我が家だけのキルトを作るために針を動かしていたというほど、キルト作りも盛んでした。そんなキルトや陶器などのクラフト、新鮮なシーフード、世界各地に輸出されるポテトなどでも有名です。 「弊社のおすすめは、“スタディ・ツアープログラム”です」と新川さん。「英語+アクティビティーを基本としたプログラムは、午前は学校で週15時間の英語レッスンと午後に週15時間の様々なアクティビティーが含まれ、短期間の滞在を満喫できる内容となっています。アクティビティーは、「キルトレッスン」、「カヌーとカヤック」、「グリーンゲイブルズハウスとキャベンディッシュツアー」、「赤毛のアンミュージカル観劇」、「ロブスターランチ」など、プリンスエドワード島ならではの魅力がつまったものばかりです」。週末は「赤毛のアン」の世界に浸るために、島内を散策する方も多いそうです。

比較的短期間から留学可能なホームステイ

 留学生や移民の多いカナダは語学学校の数が多く、留学生には人気の国。夏休み直前の申し込みでホームステイ先が探せるかと心配になりますが、「たとえ出発1週間前という急なお申し込みでも、カウンセラーと現地との連携により、対応できる場合がありますので、あきらめずにお問い合わせください」と新川さんから、心強いお言葉をいただきました。

※ 取材協力・写真提供/ネクシスクラブ留学相談デスク 新川雅博さん

おすすめ留学プラン