留学特集
2016.02.16

卒業旅行でプチ留学。円高を活かすなら遠くへ長く行くのがお得

社会人生活スタートを前にした卒業前の春休みは、長く気軽に休める最後の時。友達と思い出作り旅行を楽しむのも良いけれど、せっかくならプチ留学してみませんか? 短期間でも、現地で暮らし、学ぶ体験は、ただの観光旅行とは違う、将来につながる体験になるはず。㈱エイチ・アイ・エス 留学企画の室井哲さんにご協力いただき、この春お勧めのプチ留学等についてご紹介。

学生最後の休みだから、円高を活かして遠くへ長く留学

sp-146-2 sp-146-3 sp-146-4

「留学は、短期間のものでも1週間以上のものがほとんど。社会人になると、なかなか長期間の休みは取りにくくなりますし、何よりも、通り過ぎるだけの観光旅行とは違って、現地での生活体験を通して異文化に触れ、価値観が変わったり、これから新生活を送る上でもきっと貴重な体験になるはず。卒業旅行でプチ留学というのは、ぜひお勧めします」と教えてくれたのは、様々なスタイルの留学に詳しい㈱エイチ・アイ・エス 留学企画の室井哲さん。  何を目的に留学するのかによって、お勧めの留学も変わりますが、今のこの円高を生かすなら「やっぱりヨーロッパやカナダ、アメリカなど、遠いところが、前年の費用と比較してもお得感が強いですね。ポンドも100円以上違いますし、ドルやユーロも半額近い感覚です。留学は、最低でも1週間以上と比較的長期間の滞在が多くなりますので、滞在費はかなり安くなりますね。燃油も下がっているので、二重にお得です」。  これらのエリアへの留学をするなら、最低でも2週間以上、できれば3~4週間の留学がお勧め。「往復だけでも2~3日とられる場合がほとんどですし、安くなったといっても、航空券代もそれなりにかかります。昨年は“長く行きたいけれど、滞在費が高いから”と期間を短縮する方も多かったですが、今年は昨年の2週間分の費用で3週間位は滞在できると思いますので、ぜひ長く、ゆっくりと滞在していただきたいですね」。

安くて手頃なリゾート留学で、新生活に備えてリフレッシュ&学ぶ

 逆に、気軽に行ける安・近・短留学で、卒業旅行と留学を兼ねる場所として室井さんが勧めるのが、フィジーやセブなどのビーチリゾート。「リゾート留学ではほとんどが1~2週間の短期。中でも1週間の方が多いですね。“本格的に語学をみっちり勉強しよう”というよりも、卒業旅行でのんびりとリゾートライフを楽しみながら、ついでに語学の勉強もしようかなという方が多いです。寒い日本から、暖かいリゾートへ脱出して、リフレッシュをして、社会人生活という新たなフィールドへ向かう準備をしようという感じですね。他にも、少し遠くなりますが、マルタやニューカレドニア、ゴールドコーストなどもお勧めです」。  1~3週間程度の留学では、なかなか英語が飛躍的に伸びるということは難しいもの。「語学面だけで見れば、短期留学をしたからといって、それほどの違いはないと思います。でも、旅行ではなく、生活をして、現地の人と触れ合うことで、多種多様な価値観に触れ、異文化や語学の勉強に対しての意識が変わることは多いですね。短期留学をしたから即キャリアアップや就職に有利になるということはないでしょうが、これから就職活動をするという方にも、自分を磨き、異文化体験を面接官との話題にできるという点では、留学を活かすことはできると思いますよ」。

ボランティアや英語圏以外も注目 個別カウンセリングをうまく使おう

sp-146-5 sp-146-6 sp-146-7

 悔いのない留学生活を送るには、まず、自分が何をしたいか、何をめざすのかを考えて、留学先やプログラムを選ぶことが大切と室井さんは言います。「その点では、最近は “自分を変えたい”とか“こういう職業につきたいから”というように、最初からはっきりとした目的をもってカウンセリングにみえる方が増えてきましたね」。  そうした人たちに最近人気上昇中なのが、ボランティア体験。「2週間くらいで、語学研修+幼稚園や保育園、介護施設でのボランティアや、植樹などの環境関連も増えていますね。職業体験ではなく、あくまでもボランティアというのが一般的です。また、韓国語や中国語も注目。ここ数年、社会人を中心に急激に増えているのですが、それが学生さんにも波及している感じです。近くて安いので、就職後も行きやすいということで、1週間程度、現地で腕試しにというのが多いですね。海外の大学や大学院に進みたいので、下見を兼ねて短期でという方も増えています」。 「プチ留学は目的のある旅行。でも、ただ漠然と既成のプログラムから選ぶのではなく、カウンセリングを通して個々のスタイルの留学を探すというのは、長期でも短期でも同じです」と室井さん。出発ギリギリの申し込みでもOKなので1ヶ月をきって駆け込んでいらっしゃる方が多いのがエイチ・アイ・エスの特徴。「留学は費用も旅行よりは割高になりますし、親御さんもいろいろと心配されることも多いので、そんな時は、説明会やカウンセリングにもどうぞご一緒にいらして、どんどんご質問ください。ぜひご一緒にベストな留学を探しましょう」。

※ 取材協力・写真提供/(株)エイチ・アイ・エス 留学企画 室井哲さん

おすすめ留学プラン