留学特集
2016.02.15

留学エージェント-留学トレンド特集 留学斡旋会社が2009年の人気留学プログラムを予想

世界的な不景気とはいえ、円高の今は留学の絶好のチャンス。留学のほとんどが語学留学か大学・大学院留学というのは過去の話。それぞれの人が、それぞれの目的に合わせた自分流の留学をするのが、最近の傾向です。そこで、2009年の留学トレンドはいったいどんなスタイル? 留学に詳しい留学エージェント7社に今年の人気留学プログラムを予想してもらいました。

短期で・低予算で・徹底的に、英語をマスター! が2009年のトレンド

sp-144-1

●日本スタディツアー協会

2009年はズバリ!フィリピン留学。日本の中学・高校の英語は6年間も習っていて、なぜTOEFLテストがアジア24ヶ国で最下位なのでしょうか? それは、偏差値受験英語と先生の質に問題があるからです。これは時間とお金の無駄ではないでしょうか? 「英語は道具」であって、重要なのはどのように使うかということ。言葉は、話す相手がいてはじめて、どのように使うかを実体験できます。フィリピンのマンツーマンレッスンなら、短期間かつ低予算で集中的に英語力を伸ばすことが可能。レッスン時間は毎週35時間以上で、超低予算! 時間当り350円~414円(週35時間、1:1が6割、1:4が4割)。海外の大学を目指すなら、このように低予算で徹底的に英語をマスターできるフィリピンの高校・大学に留学後、米、英の大学に転校する方法もあるのではないでしょうか? 欧米への、本格留学への第一歩をフィリピン留学から始めてみませんか。

有給だから低予算で滞在が可能、資格も取得して帰国後にも嬉しいプログラム

sp-144-2

●(株)ラストリゾート

語学の勉強と働く体験ができる理想的なプログラムです。まずは、ロンドンの語学学校で基礎的な語学力と、ホテルでの仕事に備えた専門用語などの勉強。その後、ロンドン郊外のホテルで語学力に応じた様々な仕事を体験します。ホテルでの仕事は有償のため、滞在費をまかなうこともでき、低予算で滞在することが可能です。また、ホテルのスタッフやゲストとのコミュニケーションを通して、実践的な英語力をつけられます。インターンシップが終わった後に、学校でレポートを作成し、そのレポートが認められれば、ケンブリッジ大学が認定している、「Standard Certificate in Work Experience」という資格を取ることができます。

ホテルや旅行業界での就職に有利!英語+ホスピタリティ&インターンシップ

sp-144-3

●イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン(株)

2009年は人気のEFインターンシップで、不景気の中でも就職・転職に繋がるスキルを身につけましょう! EFブライトン校(ロンドン近郊)では、英語力を伸ばしながら、ホスピタリティの知識やスキルなどを実践的に学ぶプログラムを開講しています。インターンシップも含まれ、ホテルや旅行業界での実務体験ができるので、就職・転職をお考えの方には最適です。世界トップクラスの専門学校で使われている教材で、ホテルやレストラン、旅行会社から、航空会社などのノウハウまで学びます。様々なアクティビティも用意されており、会社の見学、劇場・映画館、アンティークショップめぐりなどもお勧めです。修了後はインターンシップ修了書や、公的試験の結果を記載した修了書などを交付します。オーストラリアでも開講しています。

今年のトレンドは日本脱出。海外移住を目指す留学に注目!

sp-144-4

●KALEIDO留学サービス

近年の世界的な不況が危惧され、「経済不安」「食の安全」など日本を取り巻く環境は年々悪化しています。そんな日本を飛び出して海外移住を模索する人も増えてきました。海外に拠点を移して活躍の場を広げ、将来の不安に備える先見性を持って留学をする時代に差しかかろうとしています。そこで日本に最も近い英語圏、そして資源大国であるオーストラリアに移住して新たなチャンスを目指すのはいかがですか?移住を目指す方のご経歴等を個別にコンサルティング。キャリアを最大限に活かした留学プランニングと卒業後のオーストラリアでのキャリアアップや移住を視野に入れた留学をサポートします。円高の機会にぜひ将来の可能性を模索して下さい。資料請求の際にはパソコンで受信可能なメールアドレスでお問い合わせをお願いします。

サッカーを通じてイギリス文化も学んじゃおう!

sp-144-5

●ベアーフット・コミュニケーションズ

2009年は小さいお子さまの留学に、引き続き注目が集まりそうです。当社ではアーセナルサッカースクール、ベッカムサッカースクールといった、イギリスのトップレベルの環境でのサッカースクールを実施しています。9歳~15歳までのお子さまにご参加いただけるプログラムですが、最近では、小学校3年生(誕生日を迎えられて9歳になったばかり!)のお子さまにも毎年ご参加いただいており、参加者の年齢構成も、中学生メインから小学生メインとなってきています。小学生の留学で大事なことは(1)プログラムの質(2)スタッフの現地サポート、この2点に尽きます。その点、サッカースクールは日本でもおなじみのアーセナル、ベッカムですから質は保証済! 現地でのサポートも、英国に本社のあるベアーフットのバイリンガル日本人スタッフが完全帯同するから安心です! また、ご家族のご旅行にプランを合わせることも可能。詳しくはお問い合わせください。

2009年留学トレンドは、自分の目的に合った留学内容を探す!

sp-144-6

●留学デスクZT

2008年の留学傾向は、与えられたプログラムに参加すると言うより、目的意識を持った方が多くなっていました。「自分は教育関係の勉強をしているから海外の教育事情を見たい」「英語とスポーツの両方を楽しみたい」「今、医療関係の仕事についているから」「とにかく英語力を短期間にしっかり上げたい…」「ドイツの学会でその街に行くので…」「フランス料理のレシピを増やしたい」それらの要求に適したコースを見つけられる一つの手段が、語学+専門知識を持つ教師がホストを務めるホームステイです。留学デスクZTでは、そうしたホスト教師のネットワークを世界に持つ会社と提携。ヨーロッパはもちろん、南米にいたるまでネットワークが広がっています。一度、ご希望をお伝え下さい。きっと満足の行く留学滞在先が見つかる事でしょう。

3都市から選べる! オーストラリア、モニター英語研修ホームステイ

sp-144-7

●ISS(株)国際交流センター

オーストラリア人気は健在で、今年も多くの方がいらっしゃるでしょう。そのオーストラリアへ安価で参加できると毎回人気なのがモニター英語研修ホームステイです。人数限定ですが、今回もオーストラリアの人気都市、ケアンズ、ブリスベーン、シドニーの3都市から選んで頂けることになりました。学校は全て厳選した学校になります。ホームステイもISSで参加されましたお客さまのアンケートより、評判(大変良かった、良かった)の良い滞在先をご案内出来ます。(選んで頂けます。)人数に限りがありますので先ずはお問合せ下さい。*ISS留学リポーター募集要項 18歳以上の健康な方なら誰でも、英語力は問いません(初心者歓迎)。帰国後ISS指定書式の感想文(リポート)と5枚の写真(学校・クラスメート・先生・ホストファミリー・お客様自身)提出が参加条件となっています。

※ 取材協力・写真提供/日本スタディツアー協会、(株)ラストリゾート、イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン(株)、KALEIDO留学サービス、留学デスクZT、ベアーフット・コミュニケーションズ、ISS(株)国際交流センター、Tourism New South Wales・Anson Smart

おすすめ留学プラン