留学特集
sp-140-1 2016.02.14

留学費用100万円でも足りないプログラムを50万円で企画するとこうなる!

留学費用の予算は50万円。留学をしたいけれど、この金額でいったいどんな留学ができるの? そんな疑問にお答えして、ステップアップが徹底調査しました。ちょっと変わったおもしろプログラムやエリア別、期間別、目的別など、留学費用50万円で行けるプログラムをご紹介します。

プログラムを見る

たった50万円でイギリスに1年間滞在!ボランティアプログラム

sp-140-2 sp-140-3

 1年間語学留学したら費用が軽く400万円はかかるイギリスに、たった50万円で1年間滞在できるのがボランティアプログラム。障害者施設や老人ホームなどで働くことで、食事や宿泊とお小遣い程度の給料をもらえます。空き時間に学校へ通うこともできるし、何よりも、現地の人と一緒に働き、英語漬けの1年間を過ごしながら、生きた英語を身につけられるのが魅力。安く英語の授業を受けたい人はアダルトスクールが近くにある施設を紹介してもらうこともできます。都市の指定はできませんが、安くイギリスに長期滞在したいという人にお勧めのプログラムです。

どの都市にどのくらい滞在できる? エリア別滞在期間を検証

 学校や都市にも依りますが、欧米諸国の場合、1~2カ月程度というのが一般的。中でもイギリスを始めヨーロッパ諸国は、ユーロ高もあり6週間以内と短め。アメリカはニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコなどでも6~8週間程度滞在できそうです。カナダとニュージーランドはバンクーバー、トロント、オークランドなどで2カ月程度と、欧米の中でも比較的長い留学が可能。オーストラリアは都市によって滞在費用が大きく違うので、全体的には1~2ヵ月ですが、中にはシドニー12週間やケアンズ16週間というプログラムも。もちろんオーストラリアに限らず、同じ都市でも留学先の学校や授業時間数、滞在スタイルによって留学費用は大きく変わります。少しでも長く滞在したいという人にお勧めなのが、アジアやビーチリゾート留学。同じ英語留学でも、プーケットなら13~15週間、セブも16週間、フィジーはさらに長くて16~24週間も英語留学することができます。最近人気の韓国や中国留学も、ソウルで12週間、北京や上海では24週間程度というのが一般的。こうした国々は物価も安いので、プログラム費用以外に現地で必要なお小遣いも少なくて済むのも魅力です。

最近人気の語学+α留学 50万円あればこんな体験ができる

sp-140-4 sp-140-5

 50万円以内の語学&お稽古プログラムはいろいろありますが、例えばニューヨークで本場のダンスレッスン、ケアンズでダイビングライセンス取得、ちょっと変わったところではフィレンツェでイタリアの家庭料理やジュエリー制作を習うものも。本格的な専門留学まではなかなかできないけれど、気軽に本場のお稽古が受けられる、今、注目のプログラムです。最後にご紹介するのが、語学とアクティビティが組み合わされたプログラム。1~2週間の短期留学では、学校や生活に慣れて“さあ観光”と思ったころにはもう帰国ということもよくあるもの。最初から観光やスポーツなどのアクティビティがセットされていれば、そんな心配もなく、留学期間をフル活用することができます。中には現地の人との交流の機会を組み込んでいるプログラムも。アメリカやカナダ、中国など。また、ロンドンで英語研修&ヨーロッパ8カ国周遊のバスツアーに参加など、探せばまだまだ面白いプログラムがいっぱい。50万円を使ってあなたはどんな留学に挑戦しますか?

※ 記事協力/日中文化交流センター、アカデミアリアチ東京オフィス、グローバル・グレイス、日本スタディツアー協会、(株)東京トモ・コミュニケーションズ、ISS(株)国際交流センター ※ 写真提供/ISS(株)国際交流センター、日中文化交流センター、(株)東京トモ・コミュニケーションズ

もっとプログラムを見る