留学特集
2016.02.08

海にスポーツに名門大学、英語留学にお勧めのサンディエゴの魅力とは

留学生に人気のカリフォルニアの中でも、ちょっと知名度の低いサンディエゴ。その分、比較的日本人留学生も少なく、落ち着いて勉強したい人にお勧めの、穴場ともいえます。温暖で1年中過ごしやすく、海にも近い上、ロサンゼルスへも車で2~3時間程度という、そんなサンディエゴ留学の魅力を、(株)留学サイトドットコムの上田京子さんにご協力いただきながら、ご紹介します。

サンディエゴ留学は、落ち着いて勉強したい人にピッタリ

sp-123-2 sp-123-3 sp-123-4

「サンディエゴの魅力はたくさんあるので、一言では言えませんが、まず、1年中温暖で気候が良いことと、比較的治安が良いこと。それに、日系スーパーもあるし、ロサンゼルスに比べて生活費も安いので、基本的に過ごしやすいと思いますよ」と教えてくれたのは、(株)留学サイトドットコムの上田京子さん。そうした生活のしやすさもあってか、半年~1年程度の比較的長期間の留学が多いそうです。  そして、もう一つ上田さんがサンディエゴの魅力としてあげるのが、カリフォルニアの中では日本人が少ないこと。「夏はさすがに日本人が増えますが、それでも他の観光地に比べれば、日本人がどっと押し寄せるということは少ないですね。同じカリフォルニアでも、ロサンゼルスは語学学校内も日本人が多いし、勉強よりも滞在することが目的という学生も多いので、ついつい流されてしまいがち。その点、サンディエゴは街自体が落ち着いた雰囲気なので、留学中しっかり勉強したい人にピッタリです」。  とは言え、海も近いので年間を通してウォータースポーツが楽しめるし、シーワールドやウォーターパーク、動物園などのアトラクションや、サンディエゴを本拠地とする大リーグ“パドレス”の野球観戦など、楽しみもいっぱい。「ロサンゼルスも車で2~3時間ほどで行けるので、週末にショッピングや観光に足を伸ばすこともできますし、逆に南下すれば、メキシコ小旅行も楽しめます。長期・短期、学生・社会人問わず、様々な方にお勧めの街ですね」。

半年~1年の長期留学に人気の名門大学で英語を学ぶプログラム

 カレッジと4年制大学併せて十数校の大学のあるサンディエゴですが、中でも全米でも上位に位置する2つの名門大学が、カリフォルニア大学サンディエゴ校とサンディエゴ州立大学。こうした大学で英語を学ぶプログラムが、大学生を中心に半年~1年程度の比較的長期の留学生に人気です。「大学を休学して参加する学生さんの場合、所属大学によっては、大学付属への留学ならその分の単位を認めてもらえることもあるようです。ただ、大学付属の英語コースは学期単位の受講が基本になります」。  また、プログラム参加者は、TOEFL500~550点以上の英語力があれば、大学の授業を聴講することも可能です。「例えば、サンディエゴ州立大学のSDSU大学科目履修プログラムでは、1学期(18週間)辺り3~12単位、2学期間まで履修できます。ちゃんと単位も取得できるので、もし今後、この大学へ正規留学することになれば生かせますし、この大学だけでなく、他の大学への単位移行も可能ですよ」。  滞在は、学校の寮か、大学周囲のレジデンスが一般的。「留学生が大半です。レジデンスは、特に学生用というわけではないので、長期滞在している方や旅行者の方もいたりしますよ。どの大学もとても広いので、キャンパス内に無料のバスが走っていたり、公共のバスが通っていたりします。食事は自炊やカフェテリアが多いですね。もちろん、ご希望でホームステイも手配できますので、最初の1~2ヶ月はまずホームステイという方もいらっしゃいますよ」。

社会人に人気のビジネスプログラムや短期向け語学学校も充実

sp-123-5 sp-123-6 sp-123-7

 サンディエゴ州立大学は、MBAなどのビジネスの修士課程でも有名な大学。「社会人の方で、ある程度の期間の留学が可能な方なら、MBA準備コースやビジネス・サーティフィケート(証明書)・コースがお勧めです。実務経験と、TOEFL500~550点以上の英語力は必要になりますが、英語に加えて、しっかりとビジネスについて勉強することができます。18週間のコースがほとんどですが、中には9週間の短いものもあります」。  他にも、大学付属、私立語学学校の両方で、ビジネス英語や英語+ビジネスといった、英語といっしょにビジネスについても学ぶプログラムを開講。「ビジネス経験や語学力を求められるかどうかはコースによって違いますので、目的やスキルにあったコースをお選びいただけます。私立の語学学校で開講しているものなら、短期間でも受講できるものもありますよ」。  1~2週間の短期でも留学できるのが、私立の語学学校。「学校はダウンタウンに集中していますが、サンディエゴ近郊のラホヤにもいくつかあるので、ビーチやマリンスポーツもたくさん楽しみたいという方にお勧めです。私立の場合は、午前中に英語の授業を受けて、午後は遊ぶというのが多いですね。学校でも観光やビーチでのバーベキュー、サーフィンなど、いろいろなアクティビティをご用意していますよ」。留学のメッカ、カリフォルニアでありながら、ロサンゼルスほど混んでおらず、落ち着いて過ごせる。それがサンディエゴ留学の魅力のようです。
※ 取材協力・写真提供/(株)留学サイトドットコム 上田京子さん、San Diego Convention & Visitors Bureau

おすすめ留学プラン