留学特集
2016.02.05

大自然に囲まれ素朴な人々との交流や動物との触合いを楽しむ

20~30代の女性を中心に、幅広い年齢層の人たちに人気の海外ファームステイ。ホストファミリーの営む本物のファームに滞在しながら、動物たちと触れ合ったり、農場の手伝いや散策をしたりしながら過ごすのんびりとした生活は、日頃の疲れを癒すのにピッタリ。そこで、オーストラリア留学センターの藤原晴夫さんにご協力いただき、ファームステイでできる体験などをご紹介します。

癒し&楽しみの両方を満喫できるメルボルンのファームステイ

sp-115-2 sp-115-3 sp-115-4

「ファームステイは、大学生から60代後半の方まで、本当に幅広い年代の方に人気ですね。中でも20~30代の社会人の女性が“1週間休みが取れたから”とお友達と2人で参加される例が多いですが、3割くらいは1人で参加される方もいらっしゃいますよ」と教えてくれたのは、オーストラリア留学センターの藤原晴夫さん。観光旅行ではオーストラリアに行ったから、今度は違った体験をという人が多いそうです。  藤原さんが、「今までの参加者の100%の方が満足して帰ってこられた」と胸を張るのが、メルボルンでのファームステイプログラム。近郊の半日観光や、テニスやハイキング、サイクリング、ロッククライミング、星座観測など、希望や興味にあわせてお選びいただけるアクティビティも豊富なので、短期間でも存分に楽しめると思います」。食事は基本的にホストファミリーといっしょになりますが、母屋から15メートルほどの別棟に滞在するので、自炊をすることも可能です。  滞在するのは、メルボルンから北東に車で2時間ほど行った所のロックスレイのファーム。「超ど田舎で、大型ショッピングセンターもないような村ですね。電車でメルボルンへ行くこともできますが、それよりも帰りにメルボルンで1~2泊してショッピングを楽しむ方も多いですよ」。付近は有名な金鉱もあり、秋から冬に向かうこれからの季節はワイナリー見学もお勧め。もちろん、乳搾りなどのファームでの仕事のお手伝いや、前述のフリーアクティビティの他にも、馬やラクダに乗ったり、スカイダイビング、ゴルフ、釣りなどの有料のアクティビティも楽しめます。

博識で訛りのない英語を話す元校長先生がホストファミリー

 このプログラムの大きな魅力の一つが、元小中学校の校長先生だったホストファミリー。「田舎のファームステイでは、よくホストファミリーの訛が強くて何を言っているのか分からないということがありますが、こちらのファームではファミリーがきれいな英語を話すので、日本人にもとても分かりやすいです」。  また、元校長先生だけあって、知識もとても豊富。星座のこと、近郊の歴史、動植物のことなど、分かりやすく教えてもらえます。「教職を辞してからは、ファームステイの受け入れや留学生のお世話をしているので、外国人や学生にはとても慣れていますし、本当に頭の良い人なので、どうやったらお客様が喜ぶかも心得ているのですね。それが、参加者の方の満足度の高さにつながっているのだと思います」。  観光地めぐりとショッピングだけの旅行と違い、ホストファミリーと交流する上で気になるのが英語力。「挨拶もできないというのではさすがに辛いかもしれませんが、それよりも大切なのは積極性。英語はカタコトでもブロークンでも構わないので、ポジティブに自分で楽しもうという方なら、十分大丈夫です。ご希望があれば、英語レッスンを受けることもできますよ」。

のんびりと長期滞在希望者にお勧めのブリスベンのファームステイ

sp-115-5 sp-115-6 sp-115-7

 アクティビティが豊富で、至れり尽くせりのメルボルンのファームステイに対し、のんびりと自分のペースで田舎暮らしを楽しみたいという人にピッタリなのが、ブリスベンでのファームステイ。長くても2週間以内という短期滞在がほとんどのメルボルンと違って、こちらは1~3ヶ月の長期滞在の人が多いそうです。  「ブリスベンでは牧場内のコテージを借りて滞在して、勝手に過ごすという感じですね。空港への送迎は手配できますが、観光やショッピングに行くにも現地での足がないので、空港でレンタカーを借りて、ご自分でファームまで向かう方がほとんどです。あちこち連れて行ってもらったり、アクティビティがあるといわけではありませんが、その分費用もお得ですし、どっぷりと田舎の生活に浸りたい方にお勧めです」。  のんびりとしたイメージの強いオーストラリアでも、都会はずいぶんと擦れてきたというのが、オーストラリアに詳しい藤原さんの印象。それに対し、田舎にはまだまだ駆け引きやうそのない正直さが残っていると言います。「最近でも、間違い電話をかけたら、わざわざ電話帳で調べてくれたというような経験を3回しました。大自然や動物たちとの触れ合いだけでなく、そんな、オーストラリア人の素朴な優しさに触れるのも、ファームステイの大きな魅力です」。
※取材協力・写真提供/オーストラリア留学センター 藤原晴夫さん、クイーンズランド州観光公社

おすすめ留学プラン