留学特集
2016.02.04

国際感覚と英語への興味を広げるジュニアサマーキャンプ

夏休みに欧米で開かれるジュニアサマーキャンプは、世界中から集まる子供たちと共に生活し、英語によるコミュニケーション能力や国際感覚を身につけるにはピッタリ。生活面での自立や親への感謝を学んだという声も多く聞かれます。日本からも、中学生から高校1年生を中心に参加者が増加中。親元から離れて一人で海外へというのは心配も多いですが、将来につながる得がたい経験になることでしょう。そこで、ジュニアサマーキャンプのプログラムの手配をしている(株)毎日コミュニケーションズの石渡章義さんにご協力いただき、プログラムの種類や現地での生活、参加者の声などをご紹介します。

苦手だった英語だけれど、帰ったらもっともっと勉強したい!!

sp-111-2 sp-111-3 sp-111-4

「プログラムによって参加可能な年齢が違いますが、多いのは中・高校生向けのキャンプ。日本人の参加者は、中学生~高校1年生が多いです。でも、中には小学生の参加もありますよ」と教えてくれたのは、(株)毎日コミュニケーションズの石渡章義さん。毎年、アメリカやカナダ、イギリスのジュニアサマーキャンプに多くの子供たちを送り出しています。「小学生はインターナショナルスクールの生徒や帰国子女など、かなり英語力のあるお子さんばかりですが、逆に、中・高校生では英語力のないお子さんの方が多いですね。それこそ中学の授業で初めて英語を勉強したという方や、私立中学に受かったら英語のできる子が多くて焦って参加という話もよくききます。親御さんも、キャンプをきっかけに英語に興味をもったり、早いうちに海外体験をさせたいと、お子さんの参加を決める方が多いですね」。  さすがに2~4週間のキャンプで劇的に英語がペラペラになるということはありませんが、「英語力アップの点から言えば、一番効果があるのが、英検3級~準2級レベルの方。リスニング力が飛躍的に伸びる例が多いです。ただ、それ以下のレベルの方でも、英語でのコミュニケーションや、積極的に意思表示をすることにはかなり慣れますね。それに、“しゃべれなくて悔しい”“英語ができれば、もっとこんな話もできたのに”といった思いをして、帰国後、率先して英語を勉強するようになったという後日談も多いです」。多国籍の子供たちとの共同生活を通じて、今まであまり知らなかった国や文化を知ったり、マイナスイメージの強かった国の子供と親しくなることでその国の良い面を知ったり、英語だけでなく、国際感覚を身につけるにも効果的です。

授業時間外は盛りだくさんのアクティビティで国際交流

 こうしたジュニアサマーキャンプでは寮に滞在するものが一般的。スタッフが常駐し、基本的に午前中は英語の授業、午後や夕食後にはキャンプ主催のアクティビティなどがあり、安全面からできるだけ自由時間を作らないように、常にスタッフの目が届くように配慮されています。食事は、寮の食堂でバイキング形式の所がほとんどです。「キャンプによっては、日本人スタッフが常駐していたり、最初の1週間は日本からスタッフが同行する場合もありますので、英語力に自信がなかったり、初参加のお子さんにお勧めです。もちろん空港送迎以外は現地スタッフだけというプログラムもありますので、子を谷底に突き落とす獅子のようにお子さんに冒険させたいという方は、こちらを選ぶと良いでしょうね」。  異文化交流と英語習得を主目的にしているのが、アメリカやカナダのサマーキャンプ。「アクティビティでも、スポーツや観光、ゲーム大会、映画鑑賞などに加えて、参加者がそれぞれ自分の国を紹介するインターナショナル・パーティーや、カナダのキャンプではクルージングや模擬カジノ体験など、フレンドリーな雰囲気で、参加者同士の交流を深めたり、異文化体験できるようなものが多いです。参加者は、中南米や、アジア系では日本人以外に台湾や韓国、香港、あとはイタリア、フランス、ロシアなどのヨーロッパ系が多いですね。英語のレベルもまちまちなので、英語力に自信のない方でも大丈夫です」。 “夏休みの補講”的なニュアンスが強いイギリスのキャンプでは、アクティビティもクラフトや文学、乗馬など、交流よりも専門的なものが中心。最初から英語が話せる参加者が多いので、英語力のある人やチャレンジ精神の強い人に向いています。「ヨーロッパや中東からの参加者が中心で、アラブの石油王の子供が参加していることも。全体的にまじめでスマートな感じですね」。ポンド高や治安面から、最近は親子ともにカナダの希望が多いそうですが、「イメージや価格だけでなく、お子さんの英語力や性格、参加目的に合ったプログラムを選ぶのが大切です。私どもでも、ぜひミスマッチのないプログラム選びをお手伝いさせていただきたいと思いますので、早い段階でご相談いただければと思います」。

英語といっしょに学んだのは、積極性と自立心、そして家族のありがたさ

sp-111-5 sp-111-6

 リピーターを除き、大半の参加者が両親から離れての初めての海外体験。異文化に囲まれ、しかも慣れない英語の生活は、最初はかなり大変です。「ほとんどの方が、“最初の1週間は、ホームシックと言葉が通じないことで、辛くて泣いてばかりいました”と言います。でも1週間もすると耳も慣れてくるし、友達もできて楽しくなり、帰るときには、今度は感動とお別れで、また涙です」。そうして知り合った友達とは、メールで連絡を取り合ったり、年末にブラジルから泊まりに来て、春休みは、今度は台湾の友達に家にホームステイなどというように、帰国後も交流が続くことも多いそうです。  スタッフがいるとは言っても、朝起きるところから、洗濯、部屋の片付け、授業に行くなど、生活全てを自分で管理し、やらなければなりません。そうした体験から、“帰国後も身の回りのことは自分でするようになった”“親のありがたみをつくづく感じた”と多くの参加者が話しています。また、“キャンプのあとから、子供がいろいろな話をしてくれるようになった”という親御さんの声も。「“でも、やっぱり心配”という親御さんもいらっしゃると思いますが、お子さんが参加して学びたいという意欲があれば大丈夫ですので、ぜひ行動を起こしていただきたいですね。それに、毎年、2~3人は親御さんに無理やり参加させられたという方もいますが、そういった方たちも、次第に周りの盛り上がりに乗せられて楽しむようになりますよ」。  出発前の準備として石渡さんが勧めるのが、少しでも英語に耳を慣らしておくことと、体力をつけること。「中には朝の9時から夜の11時までフルに活動するようなプログラムもありますので、特に長いプログラムに参加する方は絶対体力は必要です」。グローバル社会に向け、早いうちに国際性を身につけ、ひと回りもふた回りも大きな人間に成長するチャンスになるジュニアサマーキャンプですが、定員に限りがあり、また、夏は航空券も取りにくくなるため、できるだけ5月中の申し込みがお勧めです。ぎりぎり直前でも、6月下旬がリミットだそうです。お申し込み・お問い合わせはお早めに。
※取材協力・写真提供/(株)毎日コミュニケーションズ 石渡章義さん

おすすめ留学プラン