留学特集
2016.01.31

今春人気のカリフォルニア留学トレンド予測

年間を通しての温暖な気候と陽気な人々、解放的で明るい雰囲気など、長期・短期を問わず留学先として人気の高いカリフォルニア。円高ドル安もあり、今年も相変わらずの注目を集めそうです。日本からも近いので、1~2週間しか行かれないというような超短期留学にもピッタリ。そこで今回は、カリフォルニア留学のプログラムを数多く手配しているISS㈱国際交流センターの入江則子さんにご協力いただき、春休みやゴールデンウィークにお勧めの、短期間で行けるカリフォルニア留学をご紹介します。

留学初心者にも人気の高いカリフォルニアはプログラムも豊富

sp-97-2 sp-97-3 sp-97-4

「カリフォルニア留学の人気の高さは相変わらずという感じですが、最近では社会人の参加者の方が増えてきましたね」と教えてくれたのは、ISS㈱国際交流センターの入江則子さん。「春休みはやはり学生さんが多いですが、ゴールデンウィークや夏休みを中心に1週間の短期留学をする社会人の方は多いですね。留学先にカリフォルニアを選ぶ方は、あまり個性的な方よりも、留学は初めてという方や、カリフォルニアのイメージやアミューズメントパークも楽しみたいというように気軽に参加している感じですね。春に絞って言えば、会社を辞めて春から長期留学に出発する方も多いですよ」。  語学学校から名門大学まで、種類も数も多くの学校が集まるカリフォルニアは、まさに留学生天国。それだけに留学プログラムの種類も豊富です。「1~2週間の短期語学研修の方にお勧めしているのが、ロサンゼルスで語学学校での語学研修とマンツーマンレッスンの両方を同時に受けられるプログラムです。月曜日から金曜日まで午前中はクラスでの授業を受け、午後は週2回マンツーマンレッスンを受けます。完全なマンツーマンレッスンですと、先生としか接する時間がなくなってしまいますが、このプログラムではクラスメイトもいますので、友達を作りたい人にお勧めです。さらにマンツーマンで弱点や特に集中して学びたいことなどのご希望に合わせたレッスンも受けられるので、短期間ながら学校での語学研修とマンツーマンレッスンの両方の良いところを体験できるプログラムだと思います。友達作りよりも、英語のブラッシュアップに力を入れたいなら、教師宅でホームステイをしながらマンツーマンレッスンを受けるプログラムがお勧めですね。クラスレッスンでも大人数は苦手という方には、クラス定員が8名以下の少人数制の学校をご紹介しています」。  学生を中心に注目を集めているのが、語学学校のモニターコース。プログラム自体は通常の語学研修と変わりませんが、モニターとして活動することを条件に安い費用で参加することができます。と言っても、学校でインタビューをしていただいたり、レポートを提出していただくくらい。それほど難しいことや大変なことではありませんので、少しでも安く行きたいという方にはお勧めです。インタビューが他の学生と話すきっかけになったりというようなこともあるようです。

日本人留学生の多い春に特にお勧めのマンツーマン&大学付属

 多くの国がバカンスをとる夏休みと違い、春休みもゴールデンウィークも日本独自の休み。そのため、この時期の留学ではクラスのほとんどが日本人ということも少なくなりません。「先ほどお話ししました教師宅ホームステイなら、滞在も授業もすべてホームステイ先でホストファミリーとということになりますので、日本人が多くても少なくても関係ありませんし、語学学校と違って毎週月曜日から開講というわけでもありませんので、例えばゴールデンウィークに3日だけ休んで4月29日から5月5日まで1週間行くというようなことも可能です。レッスンの時間や内容なども希望や目的に合わせて変えられるので、忙しい社会人の方に特に人気ですね」。  留学中に多国の友達を作ったり、学生気分に浸りたいという人にお勧めなのが、大学付属の語学コース。学校にもよりますが、最短で2週間くらいから参加できます。「語学学校に比べて、比較的日本人以外の学生も多いですし、それになによりも大学そのものもこの時期は休みではありませんので、カフェテリアや図書館などで現地の学生と知り合うチャンスもありますよ。ただ、大学付属の場合、コースによっては学生ビザが必要になる場合があって、その場合は今からですと春休み中に行くにはかなりギリギリですね。ビザが不要なコースでしたら、まだまだ十分大丈夫です」。

1週間でもできる英語+αや専門留学

sp-97-5 sp-97-6

 たった1週間の留学で英語がペラペラになるというのは、まず不可能。それならば英語以外のことも体験してみたいと、趣味のお稽古やボランティア体験なども組み合わせた体験型の専門留学をする人が増えています。「専門留学では、ロサンゼルスのダンス留学が人気です。ホームステイをしながら1週間で最大40コマまでのダンスレッスンを受けます。ジャズダンスからヒップホップ、バレエ、R&B、タップダンス、ヨガなど、様々な種類やレベルの中からご自分に合ったクラスをコマで選択していくので、初心者からプロ級の方までどなたでもご参加いただけます。オプションで英語研修をつけることも可能です」。  午前中に語学学校で英語の授業を受け、週1~5日午後にお稽古やボランティア体験をする英語+α。「最近お問い合わせが増えているのが、チャイルドケアのプログラム。ロサンゼルス近郊の幼稚園で、先生のアシスタントとして子供たちの世話や遊び相手をするボランティア体験です。子供が好きな方なら、英語力に自信がないという方でも大丈夫ですよ」。実際に参加した人の体験談でも、何度か英語力のなさを残念に思うときもありつつも、子供たちと遊ぶのに言葉の壁はあまり感じなかったそうです。“子供たちはみんな好き勝手にしていましたが、友達におもちゃをゆずったり、気の利いた言葉をかけたり、お互いが助け合って楽しく遊んでいる姿は印象的で、既に自立しているように思えました。時間のたつのが早く、最後の日を迎えた時は胸がいっぱいになり、子供たちの成長をこれから先もずっと見守っていきたいと思いました。本当に貴重な体験でした”(体験談より)。チャイルドケア以外にも、介護や小学校のアシスタントティーチャーのボランティア体験プログラムも。「ボランティアでなくても、例えば放課後や週末にサーフィンのレッスンを受けたり、ある程度の語学力がある方でしたら大学の授業を聴講したり、ご希望があればアレンジします。1週間では無理かなと思っても、まずは“こんなことをしてみたい”とご相談ください。けっこうできる場合もありますよ」。日本からも近く、旅行の延長感覚で気軽に参加しやすいカリフォルニア留学。春休みやゴールデンウィークのプチ留学にお勧めです。ただし、観光旅行のピークシーズンにもなるゴールデンウィークは、航空券を取るのが難しいので、お問い合わせ・お申し込みはお早めに。
※取材協力・写真提供/ISS(株)国際交流センター 入江則子さん

おすすめ留学プラン