留学特集
2016.01.27

中学卒業後の高校私費留学が人気!

卒業後の進路として、敢えて海外の高校を選択する中学生が増えているという情報をキャッチ!! 詰め込み式の授業中心に大学受験予備校化している日本の高校に見切りをつけ、もっと人間らしい高校生活を送り、自分の隠れた才能を見つけたり、広い世界を舞台に将来の可能性を広げたいというのが大きな理由のようです。でも、留学に憧れはしても、実際に行くとなると英語が苦手だったり、一人での海外生活は不安もいっぱい。そこで、高校私費留学に詳しいAISE日本事務局の田口博美さんにご協力いただき、海外の高校生の生活や、「こんな私でも大丈夫?」など、海外の高校への進学についてご紹介します。

「一人ひとりの持っている力を伸ばす」勉強で自分の夢や才能を発見

sp-84-2 sp-84-3 sp-84-4

 「卒業することを目的に、海外の高校へ正規留学する学生は増えています、特に2年前くらいからは多いですね」と教えてくれたのは、AISE日本事務局の田口博美さん。 “行きたい”と“行く”の敷居が低くなって、留学することに二の足を踏む人が少なくなった感じですね」。  それというのも、日本の高校は○×式の詰め込み勉強が中心で、進学校では3年間が大学受験一色になってしまうというような場合も。そういう学校教育に疑問を持ち、もっと人間らしい高校生活を送りたいという学生が増えてきたのではないかと田口さんは考えています。「その点、海外の高校は教育の主目的が“一人ひとりの持っているそよう素質を伸ばす”こと。日本よりも選択授業が多いので、自分でやりたいことや興味のあることを見つけて勉強するというのが中心になります。授業自体も、日本みたいに先生が一方的に話すというのではなく、生徒も自分の考えを発表して、それについて他の生徒が“私はこう思う”と発言したりして、ディスカッションに発展していくという感じですね。英語力はもちろんですが、考える力や表現する力もものすごくつきますし、自分の隠れた才能を発見したり、その後、海外の大学へ進学するにせよ、日本に戻るにせよ、そうした力はとても役に立つと思いますよ」。

選択肢が広がって、行きやすくなった海外留学

 留学をする人のタイプが多様になってきたのも、最近の傾向。「昔は高校受験に失敗した人が行くというのが多かったのですが、最近はもっと前向きに“将来のためにも海外を知りたい”と留学を中学卒業後の進路に選ぶ人が多くなってきました。あとは、中学では上位の成績だったけれど、進学校へ進んだら中くらいのレベルになってしまって、これでは先がないからと海外へ進路転換するという人もいますね」。AISEを通じて留学する高校正規留学生の7割くらいは最初から現地の大学への進学希望。その後は現地で就職したり、帰国して外資系で働きたいと考えているそうです。「最初の希望と卒業時の希望が変わる人もいますが、大体、3割くらいの人が卒業後に帰国子女枠で日本の大学へ入っています。人気が高いのがアメリカ、次いでカナダ、オーストラリアやニュージーランド。イギリスは行きたいけれど費用が高いのであきらめる人が多いです。保護者には、アメリカは治安が心配と、カナダの方が人気ですね。漠然と“海外の高校へ行きたい”と思って、カウンセリングで相談しながら決める人もかなりいますよ。いずれにしても、“勉強の中でも特に声楽がしたい”とか、“バレエをしたい”とか、“休みにスノーボードや釣りがしたい”など、留学中にしたいことや将来の夢を考えて選ぶのが大切。進学率だけで学校を決めるとついていけなかったり、うまくいかないことも多いですよ」。正規留学以外でも、日本の高校で人間関係に疲れた人が、リフレッシュ兼ねて1年間海外の高校へ留学するリセット留学したり、日本の大学へ進む前に海外のことも知りたいと私費でも半年から1年程度の短期留学をする人も増加中。「最近では中学からの留学も増えていますね。半分くらいはそのまま高校も大学も海外に進みますが、残り半分は帰国して日本の高校へ通いながら、大学をどうするか3年間でじっくり考えようという訳です。学校を休まずに参加できる夏休みのサマースクールも人気ですね」。

「学ぶ時は学び、遊ぶ時は遊ぶ」現地の高校生はオンとオフの切り替えがじょうず

 3年間の海外での高校生活を成功させるのに欠かせないのがリフレッシュ。「現地の学生はメリハリがあるというか、勉強と遊びの切り替えが上手ですね。平日は宿題もあるし、日本に比べて遊ぶところも少ないのでしっかり勉強。その分、金曜日の夜から日曜日にかけては遊びます。といっても、日本の高校生よりもずっと質素で、友達とモールでウィンドーショッピングをしたり、友達の家に行ったり、集まってビデオやDVDを観たり、レンタルCDを聴いたり、好きなことを目的を持って楽しむという感じですね」。  留学中の滞在は、寮かホームステイのどちらか。どちらが良いかは、どんな留学をしたいのかによって違います。「寮は、学校によりますが、4人部屋が多いですね。月曜日から木曜日までは夕食後に自習時間があって、先生が見張っているので必ず勉強させられますが、訊きたいことがあればすぐ質問できるし、海外の大学進学を希望している人やしっかり勉強したい人にはお勧めです。金曜日の夜は寮のメンバーでバンドをやったり寸劇をやったり、いろいろなイベントがあることが多いですね。ホームステイは、そうした決められた自習時間はないので自主性にまかされますが、ホストファミリーにいろいろな所へ連れて行ってもらったり、いろいろな人とコミュニケーションをとったり、寮とは違った見聞が広がるというメリットがあります。勉強があんまり好きではない人はこちらの方が良いかもしれませんね。寮は学校の敷地内にある場合がほとんどですが、ホームステイの場合はスクールバスか公共のバスや電車で通学することになります」。

英語は苦手でも「行きたい」気持ちがあれば大丈夫

 海外の高校への憧れはあっても、いざ実際に行くとなると心配になるのが英語力。“留学したいけれど、英語の成績はあまり良くないから、私にはムリ”とあきらめてしまっている人も多いのでは? でも田口さんは、英語力は重要ではないと言います。「英語力がある方がもちろん良いことは良いですが、なければないでESL(英語の補習)のある学校を選ぶとかできるので、自分で“行きたい”という気持ちがあれば大丈夫です。逆に、保護者が留学を希望しているけれど本人は海外に興味がないという場合は、どんなに英語が得意でも止めた方が良いでしょうね。やはり1人で海外で高校生活を送るというのは大変なことですし、苦労する本人がその気でなければどうしようもないですから。何よりも大切なのは、“行きたい”という気持ちと、留学でやりたいことがあること」。  短期間の留学とは違って、3年間の正規留学ともなればそれなりに準備期間も必要です。「ビザの申請・発給だけでも1ヶ月かかりますので、どんなに最短でも2ヶ月はかかります。国や学校を選んだり、出願書類を作ったりを考えると、できるだけ早めにご相談いただきたいですね。来春、中学を卒業する人は、今から動けば卒業までに留学先が決まりますので、高校入学前に英語を勉強したりする余裕もできてちょうど良いと思いますよ」。将来、国際的な活動をしたい人、○×式の授業よりももっと自分の考えや個性を大事にしたい人、新しい自分を発見したい人、他人とは変わったことをしたい人、今の高校生活をリセットしたい人は、高校留学して自分の可能性を広げよう!!
※取材協力・写真提供/AISE日本事務局 田口博美さん

おすすめ留学プラン