留学特集
2016.01.26

アメリカのコミニティカレッジで将来の自分のために磨きをかける

アメリカの2年制大学の8割以上は、コミュニティカレッジ(Community College)と呼ばれる公立大学です。約9割が男女共学のため日本の短大よりも男性が学ぶ機会をより多く提供していると言えます。また、日本の短大と違い高校を卒業したばかりの人だけでなく社会人まで幅広い年齢層の人が学んでいるのも特長です。コミュニティカレッジは、授業料が安く、英語力などの入学基準もそれほど高くないため入りやすいのも魅力です。1クラスの学生数が少なめのことが多いので、英語力にハンデがある留学生もアットホームな雰囲気の中で勉強をスタートすることができます。コースは大きく分けて2種類。ひとつは職業に直結する技術を学ぶ「職業教育コース」、もうひとつは幅広く一般教養を学び4年制大学への編入を目指す「編入コース」です。専門知識を学び就職に結びつけたい人も、4年制大学を目指す人も、一度アメリカの「コミュニティカレッジ」について考えてみませんか?

<ポイント1> コミュニティカレッジの魅力

sp-81-2 sp-81-3

日本人の多くが進学するコミュニティカレッジの魅力とは… ◆4年制大学に比べて入学基準が緩やか ◆学費がおよそ半額と安い ◆少人数制のクラスなので授業や進路相談などの面できめ細かく対応してもらえる ◆2年制大学経由で4年制大学へ編入する ? 詳しくは<ポイント4>をご覧ください。 などが挙げられます。

<ポイント2> コミュニティカレッジの2つのコース

コミュニティカレッジには卒業時に4年制大学の3年次へ編入を目指す「4年制大学編入コース」と、卒業後の仕事に直結する「職業教育コース」があります。 ◆4年制大学編入コースとは 文字通り4年制大学への編入を目指すコースで、4年制大学への編入を前提としたカリキュラムが組まれています。4年制大学の1、2年次に相当する教養課程を中心に学び、終了すると準学士号が授与されます。教養課程の内容は、英語、数学、歴史、物理、生物学、地理学、体育、文学、音楽、社会学、経済学、経営学などで、幅広く勉強します。2年制大学卒業後は、全米のどの州の4年制大学への編入もほぼ可能で、特に同じ州内や提携関係にある4年制大学への編入は、2年制大学で取得した単位をほとんど無駄にすることなく大変スムーズです。編入制度を利用すれば、授業料が4年制大学に比べて安い2年制大学で最初の2年間を過ごせるため、最初から4年制大学へ入学するよりも留学費用を安くあげることができます。また、2年制大学で頑張って良い成績を収めると、高校時代の成績だけでは目指せなかった、難関校と呼ばれるレベルの高い4年制大学への編入も夢ではありません。2年制大学は4年制大学に比べて、1クラスの学生数が少なめのことが多いので、英語力のハンデがある留学生が勉強するのにはちょうどよい、アットホームな雰囲気の中で勉強をスタートすることができます。 ◆職業教育コースとは 日本の専門学校と同様に卒業後すぐに仕事に就くことを前提としたコースです。内容はビジネス一般、IT、ホテル・レストラン業、社会福祉、航空、各種デザイン、アート、音楽など多岐にわたり、ありとあらゆる職種が揃っています。日本では考えられないほど選択の幅が広いのが魅力です。履修期間はプログラムにより異なりますが、実践的なスキルを学ぶカリキュラムとなっています。私立の専門学校よりも授業料が安く、英語力などの入学基準もそれほど高くないため、学生の年齢層も幅広く、社会人のスキルアップやキャリアアップのために学ぶ人も多くいます。

<ポイント3> 入学するには

アメリカの大学に入学するには日本のような入学試験はありません。大学入学を希望する学生は、入学願書と一緒に①高校での成績証明書(英文)、②自己紹介や留学の動機などを書いた英文エッセイ、③TOEFLなど英語力を証明するスコア(一般的に求められる英語力は、TOEFL/CBT133~173点・PBT450~500点・iBT61点です)を提出します。合否はそれらの書類審査で決められます。多くの学校が「セメスター制(2学期制)」または「クォーター制(4学期制)」を採用しており、各学期の始まりごとに入学が可能です。 *英語力が不足している人のために「条件付き入学制度」というシステムがあります。? 詳しくは<ポイント5>をご覧ください。 *高校の卒業資格がない人や「高等学校卒業程度認定試験」取得者でも入学を認める大学もあります。

<ポイント4> 4年制大学に編入するには

コミュニティカレッジから4年制大学へ編入することはアメリカでは一般的なことです。編入を希望する場合は、卒業前に願書、成績証明書、TOEFLスコアなどを提出し書類審査を受けることになります。多くのコミュニティカレッジには、4年制大学の一般教養課程と同じカリキュラムがあり、履修した単位がそのまま移行できるシステムが整っています。同じ州内にある4年制大学と編入協定を結んでいる学校もあるので、希望する4年制大学が決まっている人は、同じ州の行きたい大学と提携している2年制大学を選ぶのが重要です。

おすすめ留学プラン