留学特集
2016.01.11

2010年オリンピックを迎えるバンクーバーではキャリアアップ留学に注目!

2010年に開催されるオリンピックを控え、今バンクーバーは世界でもっとも活気に満ちた街のひとつ。寒いという印象が強いカナダの中で、意外に冬でも0℃を割ることがないというバンクーバーは、治安もよく比較的物価も安く、公共の交通機関も発達しているため留学先としては以前から人気でしたが、オリンピックが近づくとともにこれからはますます注目を集めそうです。もともと観光地として日本人観光客向けの仕事が多いことからワーキングホリデーやインターンシップなど仕事体験を目的とした留学も人気でしたが、これからは街の盛り上がりとともに就労機会の拡大へ期待が高まっています。あまり知られていませんが、実はバンクバーは映画業界やIT関連ではトップレベルの技術者や講師陣を持つ国。オリンピックに向けてさらなる成長が期待される観光業はもちろんのこと、最先端のスキルが学べる専門学校が集中しています。確かな技術を身につけて、オリンピックで活気付く街で実際の仕事を体験する、そんなキャリアアップを見据えた留学が実現できそうです。

カナダでIT?北米トップの技術はバンクーバー発信なんです!

1115sp2_1

●アフォーリーフ海外留学センター 宮坂 幸大さん

今と昔のバンクーバー、大きく異なる事はやはり2010年に開催予定のバンクーバーオリンピックへ向けてのカナディアン達の盛り上がり!また先日のバンクーバー出張で私が体感したのは道路や交通機関の開発が進み一段と便利に。面白い話ではホストファミリーの方々もサービスの向上を図る傾向が見られ料理の勉強をする家庭や、日本人の生徒さん好みの食事を作る家庭も増えているようです。実は留学生が増えてきた為、今は誰でもホストファミリーになれるわけではありません。こういった変化は留学生にとってもうれしい限りですね。近年映画関連業界も増えたり、特にIT企業は知る人ぞ知る世界トップレベルの技術者や講師陣が集中しており、留学生、現地人問わずインターネットスクール人気が高まっております。費用が安く、技術だけではなくビジネススキルを平行して学べるので起業を考えている方にも最適です。短期ならヨガやダンス留学も人気ですよ。

EFバンクーバー校の上手な使い方

1115sp2_2

●イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン(株)

バンクーバーは比較的物価が安く、治安もよい街。アウトドアスポーツも盛んです。今年の傾向としては、下見を兼ねて2~3週間くらい留学し、日本に帰国、それから本格的に長期留学を検討される方が多いということですね。EFバンクーバー校は今年6月にエンターテイメント地区にあるリー・ミュージック・ビルに移転し、スケールアップしました。学校では、期間や出発日が選べる語学研修の他、ケンブリッジ英検、TOEFL、TOEIC、IELTSなどの試験コースや、インターンシップのオプションも提供しています。EFでは、留学カウンセラーがご希望や目的に合わせたオリジナル・プランを作成します。ぜひ一度、相談にいらしてみて下さい。

バンクーバー国際空港でインターシップが体験できる!

1115sp2_3

●ICC 国際交流委員会

ICCのバンクーバーへの留学プログラムの中で特に人気なのが、エアライン留学プログラム。このプログラムは英語・カスタマーサービス研修とバンクーバー国際空港でのインターンシップを組み合わせた6ヶ月または9ヶ月のプログラム。治安や環境が良く、世界でも有数の住みやすい都市とされるバンクーバーで留学生活が送れることに加え、国際空港でインターンシップができることが、何と言っても人気の理由。参加者の多くはエアラインをはじめとするホスピタリティ業界への就職・転職を目指す大学生や社会人。最近では男性の参加者も増える傾向にあります。

10人中7人の留学生が専門学校に進みます!

1115sp2_4

●カナダ留学舎

留学そのものは決して珍しくない昨今。カナダ留学舎のお客様の実に70%がESL(英語研修)を経て専門資格コースに挑戦しています。その中でも特にポピュラーなのが、「通訳・翻訳」「児童英語教師」「ウェブデザイナー」「観光業」「ビジネスイングリッシュ」の5つ。その理由は『帰国後の就職に直結するから!』。既に多くの先輩たちが帰国し、日本で活躍中です。先日も『私が開いた子供英会話教室が開講1年を迎えました!』『帰国後、大手自動車メーカー重役室での翻訳に採用されました!』という嬉しいお便りが届いたばかり。私は英語レベルが入学基準に満たないから、と諦めている皆さん!TOEIC310点から挑戦し、カナダ企業でインターンの座を勝ち取った先輩もいます!英語だけじゃない留学を成功させた先輩たちの情報はきっと参考になるはず。是非お問合せください。

「学ぶ・遊ぶ・働く」様々な留学が実現できる街。バンクーバー

1115sp2_5

●(株)毎日コミュニケーションズ・海外留学サポートセンター 大屋 雅史さん

バンクーバーは日本からのアクセスが非常に便利なカナダの西の玄関口と呼ばれています。カナダは寒い冬のイメージが先行されがちですが、暖かいメキシコ暖流のおかげで冬でも気温は東京と大差なく、夏は涼しい日々を送ることが出来ます。また、公共交通機関が発達しているので、車が無くても問題なく生活が出来ることも、限られた予算の中で生活を送る留学生にとっては嬉しい環境です。留学プログラムの中で俄然人気があるのは英語研修で、TOEICやTOEFL等のテスト対策コース、ビジネス英語コースを提供する語学学校や、英語を通して専門的なスキルを身につけるキャリアアッププログラムも増えて来ています。また、観光地として名高いこの街には観光客も年々増えて来ており、日本人観光客向けの観光業や日本食レストラン等の就労先が多いことから、ワーキングホリデーを楽しむ日本人も多く滞在しています。

「実践型」留学で英語を極めよう!

1115sp2_6

●ISS国際交流センター

比較的冬でも過ごしやすく、治安のいいバンクーバーは、カナダで留学したい街NO.1です。学校の休みを利用して行く短期留学の方からワーキングホリデーメイカーまで幅広い人達がバンクーバーで勉強しています。最近人気のプログラムは英語+αというコースです。海外留学がとても身近になった今、大学生の方でも海外は初めてではない方もたくさんいます。そんな方々が選ばれるのはただ英語を勉強するだけではなく、会話や発音などを強化するコースやボランティアといった英語を使って何かを体験するというものです。もちろん海外は初めてという方でも気軽にご参加頂けるプログラムになっています。日本人の特に苦手なリスニングや会話を強化したりボランティアを通じてネイティブカナディアンと触れ合う、今までとは違った体験をしてみてください。

住みやすさNo.1都市バンクーバーで、キャリアアップを実現!

1115sp2_7

●ウインテック留学センター 朝香千織さん

海と山に囲まれた自然あふれるバンクーバーは、世界トップクラスの「暮らしやすい街」。多くの語学学校や専門学校がひしめきあう環境の中、クオリティの高い教育を受けることができます。なかでも注目株は、ツーリズムを学ぶプログラム。2010年のオリンピックに向けてさらなる成長が期待される観光業は、航空会社や旅行会社、ツアーガイドなど現地就職のチャンスも。本プログラムでは、第一線で活躍してきた教師陣から短期間で仕事のノウハウをしっかりと伝授。その後、習ったことを即実践できるインターンシップにチャレンジです。現地企業での就労体験を通して、活きたビジネス英語や接客マナーなどを習得します。ここで得た経験やスキルは、将来どの業界へ就職するのにも役立つこと間違いナシ!輝かしいキャリアを築くための第一歩を、バンクーバーで踏み出しませんか?

英語を学んで学位と収入を同時に得る現実派のキャリアー留学

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●米国NPO教育法人アメリカ留学センター(ARC INTL) 野村ちえいさん

しっかり稼ぎながら留学しよう。バンクバーは世界300都市の快適生活指数ランキングで第一位の観光都市、英語の初級者レベルが参加するワーホリは、キャリアアップ貢献にはならず単なるみやげ店でのフリーターに終りがち。今回御紹介の専門カレッジは、ホテル経営学・会計学・コンピューター・国際貿易ビジネスアドミニ・E―コマースの5専攻学科から選択し16ヶ月で終了。放課後は週20時間しっかり働いて月10万円近くの収入が得られる専門カレッジ。資金制限がある人にも朗報。トイフル500点で入学可能で英語研修も併設。海外で収入を得る事でさらに自信が付き、卒業後も12ヶ月のフルタイム雇用保証で一層頑張れます。長期海外就職が狙える為、新しい自分探しが確約されます。授業料だけを払い卒業証書を手に帰国する留学はもう終わり、学習成果を海外実績で試せてこそ、自分をアピール出来る評価が大幅にアップ。年6回の入学チャンスです。

おすすめ留学プラン