留学特集
2016.01.03

本場英国式のスキルを磨くフラワー・ガーデニング留学

本場英国式のスキルを磨くフラワー・ガーデニング留学

0701sp3_cs 0701sp3_ip 0701sp3_ad

イギリスらしさが残るかわいい街でフラワーアレンジメント体験

● 留学ジャーナル

ロンドンから電車で南東に向かってしばらく行くと、窓の外にはゆったりとした美しい田園風景が広がります。ところどころに魅力的な街が点在していますが、学校のあるタンブリッジ・ウェルズもそんな街のひとつ。学校は街の中心から徒歩10~15分ほどの住宅街に位置しています。この学校で、特に女性に支持を得ているのが英語レッスンとカルチャーを組み合わせたコース。特にフラワーアレンジメントは、イギリス式のアレンジを週8時間学べるとあって大人気です。午前中は約3時間の英語レッスン、月曜日から木曜日の午後は専任の先生によるフラワーアレンジメントのレッスンです。大ベテランの先生が、ひとりひとり丁寧に、わかりやすく教えてくれます。レッスンはすべて英語なので、午前中習ったことを応用して話してみれば、会話力アップにもつながるはず。カルチャーの部分はフラワーアレンジだけでなく、乗馬やアフタヌーンティー、アロマテラピー、アートなど選択肢もいっぱいです。

一人ひとりにあった留学をご提案しています

● iiP-インターナショナル・インターンシップ・プログラムス 青井 真美

最近の傾向として、インターンの方が直接雑誌などを持ってこられて、「ここで研修してみたいのですが・・」といったようなご相談を受けるケースが増えています。iiPでもフローリスト/フラワーデザイナーのご紹介を行っていますが、事前に研修してみたいデザイナーさんや花屋さんの情報を頂ければ、iiPの選定に合わせ、皆様に代わって受入れの交渉を行っています。特に英国の場合は、ウェディングを始めとする冠婚葬祭のアレンジをフローリストが手がけることが一般的ですが、雑誌に載っているようなモダンなデザインを手がけるフローリスト/デザイナーの情報を出して来られる方が増えています。実際には7割ぐらいの方がご自身が希望される団体での研修を成立させています。iiPでは予めご要望などをお伺いして、できるだけ希望に近い形で研修先を手配させて頂いておりますので、是非お気軽にご相談下さい!

10週間で修了!フラワー科目+英語研修

● (株)エーディーエフ

英国第4位の公立ダドリーカレッジには、無料のフラワーコースが2科目あります。1つは「フラワーアレンジング(一般的なお花のコース)」で、2つ目は「フローリスティ(お花屋さんのお仕事訓練コース)」です。そのほかに「ブライダルパッケージ」という、結婚の飾りつけコースがあり、いずれも10週間で修了します。開講日は9月、1月、4月です。空席があれば、開講日以外の中途の受講も可能です。コースは無料ですが、12週間の英語スクールの受講が必要です。このコースを受講希望する人は、次の3つの期間にダドリーカレッジ付属英語スクールに留学するのが効率的です。1;8月下旬から9月上旬、2;12月中旬から1月上旬、3;3月中旬から4月上旬。上記のほかに、9月開始の「フローリスティ」33週間コースは、お花屋さんの仕事のプロ養成コースで、公的資格が取れます。関連科目として「ガーデンデザイン」公的資格取得コースがあります。この科目は9月と1月に受講開始できます。無料受講できる科目はこのほかに約500科目あります。ほとんどが公的資格が取れます。

おすすめ留学プラン