留学特集
2016.04.18

留学情報を読み解く為に知っておきたい用語

留学情報を深く知ろうとすると登場する留学専門用語。これらの言葉の成立には色々な背景があり、用語を知っておくだけで留学事情に詳しくなる事でしょう。

留学情報を読み解く

多くの留学情報は平文で入手できるので、あまり留学関係の専門用語というものは多くありませんし、あまり目にする機会もありません。ところが、実際の入学手続きを進めようと書類を作り始めると、結構専門用語が出てきます。留学会社に諸手続きを依頼する場合はほとんど意識する事はありませんが、言葉を知るだけで現地の留学事情が垣間見えて来たりしますので、知っていて損はありません。

留学用語集

A

◆Associate’s Degree(AA/AS)
2年制大学を修了後に取得する日本の準学士号に相当する学位。文科系はAssociate of Arts(AA)Degree、理科系はAssociate of Science(AS)Degreeが授与される。
◆Acceptance Letter
入学条件をクリアしている入学希望者に対し、学校から送られてくる合格通知書。
◆Admission
入学手続き、願書や資料請求、授業料の支払いなど、入学を確定するために行われる必要な一連の手続き。大学のAdmission Office(入学事務局)で一括して請負っている。
◆Academic Advisor
授業登録、専攻や進路、履修単位、学習方法など学業についての相談をひきうけるアドバイザー。大学や語学学校などの教育機関には必ずいる。
◆Application Form
入学願書。海外の学校の多くは入学試験がなく、書類審査において合否判定される。その他の必要書類や申請料(Application Fee)と一緒にAdmissions Officeに出願する。

B

◆Bachelor’s Degree (BA/BS)
日本の学士号にあたる学位。人文・社会科学系はBachelor of Arts(BA)Degree、自然科学系・工学・看護学などの専攻はBachelor of Science(BS)Degreeが授与される。

C

◆College
通常は4年制の一般教養大学の意味。Colombia University の Teachers’ Collegeのように大学院の意味として使われる場合もある。
◆Community College
アメリカとカナダに多い、地域住民を対象とした州立2年制大学。職業訓練コースや4年制大学への編入コースなど多彩なコースを提供している。
◆Conditional Admission
条件付き入学。英語力が基準に満たない学生に対し、大学付属あるいは大学と提携している英語講座を受講し一定のレベルに達すれば入学を認めるという条件がつくことが多い。

D

◆Deposit
入学許可がおりた学校に、授業料の一部を払う前払い金(保証金)。事情により入学しなかった場合は返金されることもある。

E

◆英検
「英検」=実用英語技能検定
(財)日本英語検定協会が、文部省後援のもとに開始した英語力判定のための試験。2000年に文部省認定。2003年に英国ケンブリッジ大学のテスト機関「ケンブリッジESOL」とも業務提携。アメリカを中心として、海外大学への受験資格としても認められるようになっている。英検は「聞く・話す・読む・書く」の4技能を基礎知識から運用能力まで総合的に測るように構成されているので、英検が検定する英語は「状況などに応じて適切にコミュニケーションができる一般的・総合的な英語」と言える。
◆Essay
小論文。出願の際には、Statement of Purpose(出願目的)をテーマに記述したEssayの提出が求められる。また、大学の通常の授業でも課題として提出を求められることが多い。

F

◆Facilities
学校のキャンパス内外にある建物や施設設備。図書館、体育館、コンピュータルーム、カフェテリアなどのことを差す。
◆Final Examination /Final Exam
期末試験。
◆Financial statement
財政能力証明書。授業料や生活費など留学費用の支払い能力の証明として、願書申請やビザ申請時に必要となる。
◆Full Time Student
正規学生。毎週一定数・時間以上の授業に参加し、1学期に最低12単位を履修していることが条件。学生ビザを保持する留学生はフルタイムであることが義務づけられている。

G

◆GPA
Grade Point Average 成績評定平均。
Grade Point Averageの略。成績をポイントで表したものでアメリカの大学に入学する場合に審査の基準となる。各教科の成績をポイントに換算し、それぞれの教科の単位数を掛け、得られた点数を合計した数字を総単位数で割って出た平均値なのだが、大まかに日本の成績から1を引いた数字と考えればよい。アメリカ=0.1.2.3.4評価、日本=1.2.3.4.5評価なので、日本の成績4はアメリカの3にあたる。

I

◆I-20 Form
アメリカの学生ビザF-1の発給手続きに必要な留学生用の入学許可書。入学許可書とともに受入先の学校から送られてくる。入学後は在籍証明書としてアメリカ出入国の際に提示。
◆Internship
実務研修。学生の専攻分野に関連した仕事を短期間行うこと。単位として認めたり必須科目としているプログラムもある。夏休みなどの長期休暇間に行う学生も多い。
◆International Student Advisor
大学で留学生をサポートする専門アドバイザー。進路や学習、生活全般にいたるまでの相談に応じる。大規模な学校には複数の担当者や日本語の通じるスタッフをおくところも。

J

◆Junior College
アメリカの私立2年制大学。4年制大学編入を目指すための一般教養課程を提供。卒業するとAssociate’s Degree(準学士号)を取得。独自の校風を持つ伝統校や女子校もある。

L

◆Liberal Arts
リベラルアーツ系の大学とは
・バランスのとれた人間育成:優れた人格、分析力、発想力、論理力、リーダーシップ、学力などバランスのとれた人間の育成に力を注ぎ、幅広い教養を身につけることを目的としている。現在は総合大学となっているハーバード大学も、もともとは教会の聖職者育成を目的として設立されたリベラルアーツ系の大学。
・規模と特徴:一般に学生数は500人から2,000人程度の比較的小規模な大学。1年も経つと大体の学生と顔見知りになれるといわれている。また、ほとんどの学生が寮で生活をし、学生寮には24時間体制で警備員や看護師などが常駐し安全で快適な学生生活をサポートしている。
・少人数制による、きめ細かな教育が魅力:クラスは10人から15人程度で、教師と非常に緊密な交流がとれることが魅力。授業は学生主体に進められ、一人ひとりの興味や能力に応じた教育がなされ、学生が理解するまで親身な指導が行なわれる。従って、高い卒業率を誇る良質な大学が数多く存在する。総合大学では100~200人の学生を前にマイクを通した教授の講義が一般的なので、それと比べてもきめ細かな授業体制は魅力。
・一般教養と基礎科目を広く学び、専門課程へ進む:一般教養や基礎科目を全般的に学べるシステムになっており、3年次以降は一般教養で学んだことの中から興味のある分野を専攻し、その専門分野を学ぶ。
・ハーバード大学VSリベラルアーツ系大学:日本では大学のレベル評価で全てを判断してしまう傾向にあるが、アメリカの教育は絶対評価なので、どこの大学に入学したのかではなく、どのように勉強して卒業したのかが問われる。仮にハーバード大学をオールCの成績で卒業した人間と一般的な大学をオールAで卒業した人間では、ハーバード大学でオールCの人間の方が低い評価を受けるのがアメリカ大学を卒業した場合の評価。

M

◆Major
主専攻。Minorと呼ばれる副専攻もある。
◆Mid-Term Examination / Midterm exam
中間試験。

O

◆OPT (Optional Practical Training) / Practical Training
大学卒業後、専攻分野に関連した企業や団体で働く実習研修。留学生は1年間、学生ビザでの滞在期間を延長できる。

Q

◆Quiz
授業中に行われる小テスト。日本語で定着しているクイズとは若干ニュアンスが違う。

R

◆Residence hall
学生寮。またの名はDormitory。通常は男女寮で、食事は学内の食堂で取りシャワーとトイレは共同。女性専用、家族用など様々なタイプの寮が用意されていることもある。
◆research universities
研究大学と訳され、研究機関を持っている大学を指す。カーネギー高等教育機関格付けにおいてDoctoral Universitiesに位置づけられ、博士号を授与する研究機関を持っている事が前提。

S

◆Syllabus
大学の初日の授業に渡される授業進行表。

T

◆Transcript
英文成績証明書。大学や大学院に出願する際に提出を求められる。
◆Transfer
編入。アメリカのCommunity Collegeでは一般教養を履修後、4年制大学への編入する学生が多い。日本の短大卒や4年制大学で2年次まで修了した学生を受け入れる大学もある。
◆TOEFL
Test of English as a Foreign Languageの略称。外国語としての英語力証明テスト。
◆Tuition / Tuition Fee
授業料。Tuition and Feesの場合には、授業料のほか登録料や学生費なども含まれている。

U

◆University
総合大学。単科大学(College)と同様、教養学科あるいは高校卒業以降のレベルの高度な専門的教育が学べる高等教育機関。専門分野の数と種類は単科大学よりも多く、大学院課程をもち様々な卒業学位を取得することが可能。

おすすめ留学プラン