アイルランド 中学高校留学!アイルランド留学留学の留学情報です。

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

No.147-0005-P

アイルランド 中学高校留学

国/都市アイルランド/アイルランド全土
費用と内訳年間約2,900,000円授業料・滞在費用・現地サポート費用
期間年間約2,900,000円
条件中学1年〜高校3年

ヨーロッパの中でも治安が良いことでも知られ、親日家が多いアイルランドの私立学校に通うプログラム。国の教育水準はヨーロッパの中でも高く、高校卒業後はイギリスの大学進学の道も拓けます。留学生の受入の歴史はまだ浅い分、逆に日本人留学生が少ない環境で個性を活かす教育を受ける事ができ、アイルランドの文化や生活を満喫できます。

アイルランドの教育環境

アイルランドは山や湖に恵まれた自然を誇り、古くから「エメラルドの島」の愛称で親しまれています。国土面積は北海道とほぼ同じで約360万人の人が生活をしています。ヨーロッパの中で最も治安が良いことで知られていて、親日家が多く、どこへ行っても温かく迎えてくれるので、日本人にとって留学しやすい国と言えるでしょう。公用語は英語ですが、昔からのケール語も使われています。音楽やダンスなどの独特の文化もあり、非常に魅力的な国です。また、教育水準も高く、EUの中でも教育大国としてその名をとどろかせています。留学生の受け入れについては歴史が浅いですが、質の高い教育を得るためにEU内からの留学生も増えてきています。日本にとってはまだ馴染みが薄い分留学生が少ないですが、逆に日本人が少ない環境で個性を生かす教育を受けることができるので、現地の生活でチャレンジしたい人に向いています。

アイルランド中学留学・高校留学の特徴

人口が少ないのもあり小規模な学校が多いのが特徴です。個性の尊重を柱として、各生徒の個性や将来の進路を踏まえた授業を展開しています。シニアサイクルの1年目(高校1年)はトラジションイヤーとも呼ばれ、将来の進路や進学をどうするか、自分がどのような方面に進んでいくかを見極める期間となります。そのためこの1年間は普通のカリキュラムだけでなく、実務経験など通常の授業にはないタイプのカリキュラムも受けて、自分の進路を決めていきます。そしてシニアサイクル最後の2年間は、3年終了時に行われる試験リービングサーティフィケートに向けてのカリキュラムとなり、必然的に勉強も忙しくなります。

アイルランド私立中学留学・高校留学プログラム

AISE日本事務局のアイルランドプログラムは大きく3つに分かれており、その中から自分の希望に沿った学校を探していきます。日本に比べると、アイルランドの学校は男子校・女子校の割合が多く、共学の学校は少ない傾向にあります。そのため、共学が希望だったり、滞在したい学校が大都市で合ったりする場合、できるだけ早めに留学準備を始めることが必要です。英語力に不安がある方は、学校開始前のアイルランド国内での留学準備コースやオリエンテーションプログラムに参加することも可能です。

このエージェントの他のプラン

  • アメリカ 高校交換留学
    ELTiS受験料および審査料無料。トライアル審査(仮合格が分かってから申込)。 早期申込奨学金 指定校助成金制度あり。自分以外に日本人がいないエリアに滞在しながらアメリカの公立高校に通う交換留学プログラムです。皆さんは現地でアメリカの文化を吸収するだけではなく、現地の方々は皆さんを通して日本を知ることになります。現地の10代の学生と一緒に同じような生活をし、学校生活やホストファミリーとの生活を通して様々な経験をして、英語力だけではなく精神面でも成長することになるでしょう! 早期申込奨学金 指定校助成金制度あり
    1,530,000円
  • イギリス ボーディングスクール
    イギリス名門私立学校へ学校寮に滞在しながら通うプログラム。大学進学に向けての授業を中心に、非常にレベルの高い教育が提供されます。少人数制の教育で個々の可能性を拡げることを目的に、勉強だけではなくスポーツ・芸術まで全ての活動を通して成長する事を目的としています。日本人サポートも充実しており決め細やかにケアしてくれます。
    年間約4,794,000円
  • 西オーストラリア州(パース)中学高校留学
    世界一住みやすい街としても知られるパースとその近郊にある学校に通うプログラム。パースは気候も温暖で景観も素晴らしく、近くのインド洋の美しさはオーストラリアの東海岸以上とも言われています。まだ中学高校の留学先としてはマイナーで、他の州に比べても日本人留学生が少ないため、現地の学生と交流を持ちながら学校生活を体験する事ができます。
    年間2,600,000円~