シオン夏期音楽アカデミー!スイス留学留学の留学情報です。

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

No.136-0073-P

シオン夏期音楽アカデミー

国/都市スイス/シオン
費用と内訳207,000円~(期間・料金は教授によって異なる)登録料、マスターコース授業料、練習室、宿泊手続費、海外送金手数料、海外銀行受取手数料、出発前サポート費
期間8日間
条件1クラスの人数が12名を超えた場合は、教授によってオーディションを行い、1クラス12名が受講生となる。

1週間程度の短期で受講できるこの夏期講習会は、夏休みに時間が取れない方でも参加できる最高の講習会。せっかくヨーロッパに来たのだからと他の講習会と共に受講する方も多い。短期とは言え、教授陣はヨーロッパ最高ランク。スイス、ドイツ、イギリス、ロシア、イタリア、フランスなどの音大教授や音楽家が揃う。スイス・アルプスに近いシオンでのレッスンは、今後長期留学を考える上での糧ともなるだろう。専攻は、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、オーボエ、クラリネット、声楽、ピアノ、ギター、オルガン、室内楽、ブラス(トロンボーン、トランペット、チューバ)、特別オペラコース、特別青少年のためのマスタークラス(オーケストラ、バイオリン、チェロ、ピアノ)。

ヨーロッパ各地、アメリカから集結するトップクラスの講師が魅力

スイス・シオンで開かれるこの講習会は今年で35回目を迎え、毎年、世界各地から300名もの受講生が集まっている。40近くものマスタークラスは、教授陣の質の高さが人気の秘密。地中海的な気候の過ごしやすさと古い歴史が魅力的なスイス・シオンの街。偉大な巨匠たちから直接教えを受けて、現在、第一線で活躍している音楽家たちやヨーロッパ各国やアメリカでトップクラスに位置する音楽学校の教授たちが、この町に集まり、マスタークラス形式で指導する。

音高、音大生や若手のミュージシャンが対象のレッスン

マスター・クラスの対象となる受講生は、音高・音大生や若手の現役ミュージシャン。ただし、年齢制限があり、各種器楽は28歳まで、声楽は35歳までとなっている。この他に、青少年のための特別マスタークラス(ヴァイオリン、チェロ、室内楽)も用意されており、10歳~20歳までの音楽のプロを目指す人が参加できる。申込者が少ない場合は、参加のためのオーディションはないが、申込者が1クラス12名を超えた場合、クラスごとにオーディションが行われるので事前に十分な練習を積んでおく必要がある。講習会場はローザンヌ高等音楽院シオン校で、毎週受講生によるコンサートが開催されるのも魅力だ。

その他の期間と料金

8日間207,000円~(期間・料金は教授によって異なる)

関連している留学プラン

  • スイス留学スイス/モントルー

    ホスピタリティマネジメント学、学士号コース
    約1900万円(178540スイスフラン)

    詳細を見る

  • スイス留学スイス/ブリュ

    ホスピタリティアドミニストレーション学、学位既得者コース
    約600万円(57105スイスフラン)

    詳細を見る

  • スイス留学スイス/モントルー、レザン

    SHMS スイスホテルマネジメントスクール/Swissディプロマプログラム2年間
    スイスフラン66,400(CHF)

    詳細を見る

  • イメージ

    スイス留学スイス/チューリッヒ

    ドイツ・デトモルト音楽大学ダヴィド・ブリュシェ教授のトロンボーンレッスン
    262,000円

    詳細を見る

このエージェントの他のプラン

  • イメージ
    ベルリン・ドイツ交響楽団準首席ラファエル・ウィドリッチのフルートレッスン
    フルート教則本を著したラファエルが、東洋の呼吸法を取り入れたスーパーナチュラルな奏法を伝授してくれる。現在、ベルリン・ドイツ交響楽団準首席フルート奏者。より良い呼吸法を求めて、日本の尺八や合気道も正式に勉強し、フルート奏法に関するノウハウを結晶させた教則本『フルート演奏のアート〜自然な方法』がドイツで出版された。彼の指導法は、ハンス・ペーター・シュミッツのメソッドをより発展させたもの。呼吸も、動作も、全て自然体で行うことを重視する。実際のレッスンではさらに突っ込んで、フルートにとって特に重要な、心の状態をコントロールする方法なども教えてもらえる。
    206,000円
  • イメージ
    モンス王立音楽院マーク・グローウェルズ教授のフルートレッスン
    マーク・グローウェルズが、リリースしたCD は60枚以上。なかでも170枚組の「ザ・ゴールデン・ディスク」は、 10万セットを売る大ヒット。映画「アマデウス」のサントラにもフューチャーされている彼の演奏は、世界の聴衆に求められ、年間100回以上のコンサートを開いている。ベルギー国立歌劇場管弦楽団やベルギー放送交響楽団首席奏者を務めた彼は、演奏家としてトップレベル。タンゴの巨匠ピアソラが彼のために曲を贈ったほどの実力者だ。ベルギー王立ブリュッセル音楽院教授を経て、現在はモンス王立音楽院名誉教授。彼の指導は、レッスンの方針を生徒と話し合って決めていくのが特徴だ。
    233,000円
  • イメージ
    エコールノルマル音楽院ジャン・フェランディス教授のフルートレッスン
    音楽専門誌「ザ・フルート」などで、大きく扱われたジャン・フェランディスは、神話に登場する笛の名手「牧神パンそのもの」とバーンスタインに賞賛された。シャンゼリゼ劇場をはじめとした世界一流の舞台で活躍し、バーンスタインが率いるオケや、バイオリンのイヴリー・ギトリス、ピアノのジャン・マルク・ルイサダなど第一線の演奏家達と共演。バロックから近代曲までレパートリーも広く、CDも数多くリリース。エコール・ノルマル音楽院教授として、後進の指導にも力を注ぐ彼は「まずは音楽から、技術は後からついてくる」と言う。テクニックより音楽性を第一に考えるのが、彼のレッスンの特徴だ。
    264,000円