ドイツ国立ケルン音楽大学オリバー・ドレクセル先生のピアノレッスン!ドイツ留学留学の留学情報です。

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

No.136-0024-P

ドイツ国立ケルン音楽大学オリバー・ドレクセル先生のピアノレッスン

国/都市ドイツ/ケルン
費用と内訳210,000円プライベートレッスン(1回 60分-週3回) 、宿泊手配料、ピアノ付きフラットシェア宿泊費(シングルルーム:練習可)、フラット水道光熱費、往路空港送迎費(ケルン)、海外国際送金手数料、海外国際送金銀行受取手数料、出発前サポートサービス費
期間1週間
条件音大受験レベルからプロまで、年齢に制限なく受講可能。

ケルン音楽大学で教鞭をとるオリバー・ドレクセルは、ソロやラジオ出演、CDもリリースするドイツ一流ピアニストだ。ドイツロマン派作曲家ヨハン・クリスティアン・ハインリヒ・リンクなど珍しい作品をCDとして発表し、世界にあまり知られていない作曲家を探求していく。現代作曲家ユルク・バウアー研究では第一人者であり、3冊の研究書を出版。全作品集をCDリリースし、ドイツ・ライン地域の文化貢献を讃える「ライン地方文化賞」を受賞。レッスンはシンプル、かつ体系的に行う。演奏動作、技術トレーニング、楽曲解釈などに重点を置いて、音大レベル以上向けの役立つレッスンをしてくれる。

充実した器楽コースと最新の設備は世界中の音楽生の憧れ

ケルン音楽大学は、1850年に創立のケルン音楽院を前身とし、その歴史をスタートさせた。戦後は専門トレーニングやマスタークラスに力を入れ、アーヘンとヴッパータールの音楽院を統合して誕生した。1987年に新法律が施行されたことにより、現在のケルン音楽大学として、新たな名称のもとスタートを切った。ケルン音楽大学は、クラシック音楽には世界最高峰の音楽学校と言われている。しかし、それにとどまらず現代音楽、ダンス、ジャズ研究などにも力を入れており、異なる各分野で意見交換し合い、ともに研鑽を積んでいるのが特徴。自己成長が重視され、大学での勉強だけでなく、学校外での活動や、自分テーマを絞った研究も推奨されている。

プロの音楽家や教育者としての将来を目指す

ケルン音楽大学では、器楽(弦楽器、鍵盤楽器、管楽器、打楽器、古楽器)、声楽、指揮(オーケストラ、声楽)、コンテンポラリー、作曲(クラシック、電子音楽)、ジャズ&ポップ、音楽教育などの中から専攻を選ぶことができる。学士号、修士号、その他教育資格などの取得コースもあり、プライベートレッスン、セミナー、演奏などを通して経験を積み、プロの音楽家または教育者としての将来を目指すことができる。音楽学や音楽教育学では、博士号の取得コースを取得することもでき、コンツェルトエグザメンの修了書の取得も可能だ。

その他の期間と料金

1週間210,000円 2週間295,000円 3週間373,000円 4週間446,000円 8週間782,000円 12週間1,119,000円

このエージェントの他のプラン

  • イメージ
    ベルリン・ドイツ交響楽団準首席ラファエル・ウィドリッチのフルートレッスン
    フルート教則本を著したラファエルが、東洋の呼吸法を取り入れたスーパーナチュラルな奏法を伝授してくれる。現在、ベルリン・ドイツ交響楽団準首席フルート奏者。より良い呼吸法を求めて、日本の尺八や合気道も正式に勉強し、フルート奏法に関するノウハウを結晶させた教則本『フルート演奏のアート〜自然な方法』がドイツで出版された。彼の指導法は、ハンス・ペーター・シュミッツのメソッドをより発展させたもの。呼吸も、動作も、全て自然体で行うことを重視する。実際のレッスンではさらに突っ込んで、フルートにとって特に重要な、心の状態をコントロールする方法なども教えてもらえる。
    206,000円
  • イメージ
    モンス王立音楽院マーク・グローウェルズ教授のフルートレッスン
    マーク・グローウェルズが、リリースしたCD は60枚以上。なかでも170枚組の「ザ・ゴールデン・ディスク」は、 10万セットを売る大ヒット。映画「アマデウス」のサントラにもフューチャーされている彼の演奏は、世界の聴衆に求められ、年間100回以上のコンサートを開いている。ベルギー国立歌劇場管弦楽団やベルギー放送交響楽団首席奏者を務めた彼は、演奏家としてトップレベル。タンゴの巨匠ピアソラが彼のために曲を贈ったほどの実力者だ。ベルギー王立ブリュッセル音楽院教授を経て、現在はモンス王立音楽院名誉教授。彼の指導は、レッスンの方針を生徒と話し合って決めていくのが特徴だ。
    233,000円
  • イメージ
    エコールノルマル音楽院ジャン・フェランディス教授のフルートレッスン
    音楽専門誌「ザ・フルート」などで、大きく扱われたジャン・フェランディスは、神話に登場する笛の名手「牧神パンそのもの」とバーンスタインに賞賛された。シャンゼリゼ劇場をはじめとした世界一流の舞台で活躍し、バーンスタインが率いるオケや、バイオリンのイヴリー・ギトリス、ピアノのジャン・マルク・ルイサダなど第一線の演奏家達と共演。バロックから近代曲までレパートリーも広く、CDも数多くリリース。エコール・ノルマル音楽院教授として、後進の指導にも力を注ぐ彼は「まずは音楽から、技術は後からついてくる」と言う。テクニックより音楽性を第一に考えるのが、彼のレッスンの特徴だ。
    264,000円