オーストリア留学なら留学・海外留学の情報が満載のSTEP UP

資料請求 アイコン資料請求0

サイトの使い方のアイコンサイトの使い方

オーストリア留学

オーストリアはクラシック音楽を中心とする文化大国で、語学だけでなく、音楽留学先としても人気を誇ります。ベートーベンやモーツァルトといった著名な音楽家ゆかりの場所を擁し、美しい歴史的建造物を多く残していることから、観光地としても魅力的です。

オーストリア留学のプラン一覧

  • No.136-0063-P 詳細を見る

    ウィーンマスターコース

    ウィーン・マスターコースは、ウィーン市立音楽院が毎年夏期に主催するマスターコースです。この講習会は、若い音楽家が世界的に著名な教授や音楽家からレッスンを受けられるまたとない機会です。受講生は最低3時間のレッスンを受講することができ、教授によって選抜された方は演奏の機会を与えられます。レッスンの曲目については多くの場合、教授より課題が与えられます。受講生はコース終了後にディプロマを授与されます。宿泊先は学生寮ですが、フラット等の手配も可能です。専攻は、声楽、ピアノ、ヴァイオリン、指揮、室内楽。

    • 渡航先オーストリア
    • 費用期間6日間 227,000円(楽曲分析)~。教授によって費用と期間は異なる
    • 取扱会社アンドビジョン-音楽留学
    • 50万以下
  • No.136-0121-P 詳細を見る

    ウィーン市立音楽院ラーシュ・ムレクシュ教授のサクソフォンレッスン

    特に近現代のクラシック曲に惹かれるなら、ラーシュ教授のレッスンは天国よりも楽しい。彼は、ウィーン・フィルのメンバーが作るアンサンブル・コントラプンクテなど伝統的なクラシック楽団と共演する一方、世界一優秀な現代音楽グループといわれるクラングフォーラム・ウィーンの永久ゲスト演奏家として活動。演奏だけではなく、ウィーン市立音楽院教授として後進の指導も積極的に行っている。レッスンでは、クラシック全般に通用する基本から、現代音楽ならではの奏法、そして、彼が今取り組んでいる電子音を取り入れたパフォーマンスのノウハウまで教えてもらえる。

    • 50万以下
  • No.136-0133-P 詳細を見る

    国立ソフィア・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督ネイデン・トドロフの指揮レッスン

    若手ながらも、すでに100枚以上のCD録音を残しているナイデンが、オーケストラをリードするための秘けつを教える。ブルガリアを代表する一流オケ、ソフィア国立管弦楽団の首席指揮者を務め、ブルガリア・ルース国立オペラおよびルース・フィルハーモニック・オーケストラの音楽総監督も兼任。CD録音の数は多く、クラシックの世界的なレーベル「ナクソス(NAXOS)」をはじめ、5つ以上のレーベルから、合わせて100を超えるCDがリリース。レッスンは、ピアノを相手に指揮棒を振るという標準的なスタイルに加えて、実際のオーケストラを振らせてもらえるコースもある。

    • 50万以下
  • No.136-0114-P 詳細を見る

    ブカレスト・フィル首席マテイ・ユアヒムエスクのフルートレッスン

    本拠地ルーマニアで、テレビ、ラジオ、オーケストラと、精力的に活動する人気フルーティストが、キミの音色を増やしてくれる。ルーマニアを代表する音楽家・エネスコの名を冠した名門オケ、「ジョルジュ・エネスコ」ブカレスト・フィルハーモニー管弦楽団ソロフルート奏者であるマテイ・ユアヒムエスク。マテイのレッスンは、楽曲が作られた時代の特徴を重視する。それぞれの作品を最も輝かせる音色を習得し、様々な音色を自由に使い分けられるようになることが目標になる。また、今日とても重要になっている、オーケストラとの合わせ方にも力を入れている。日本人の特徴を掴んだレッスンがオススメ。

    • 50万以下
  • No.136-0106-P 詳細を見る

    ウィーン交響楽団首席チェリスト吉井健太郎先生のチェロレッスン

    世界最高の舞台で30年以上も活躍し続ける、あこがれの日本人チェリスト吉井健太郎さんに本場の奏法を教わろう。ウィーンフィルと並ぶ世界的なオーケストラ、ウィーン交響楽団の首席チェリストを30年以上も勤めているのが吉井健太郎さんだ。日本が世界に誇るアーティストのひとりといえる。ウィーン留学後わずか3年で、名門ウィーン交響楽団に合格。ウィーンの他の楽団と同様に保守的な風潮があったこの楽団に、実力を認めさせ、東洋人として初めて正団員となった。6年後には首席チェリストの座につき、現在も、ウィーン楽友協会やコンツェルトハウスをはじめ世界中で国際的に活躍している。

    • 50万以下
  • No.136-0087-P 詳細を見る

    元大阪センチュリーコンサートマスター・ナンドール・セデルケニによるバイオリンレッスン

    世界に名だたるシゲティ国際ヴァイオリンコンクールの優勝者が、重厚に響く奏法をたっぷり見せて教える。優れたヴァイオリン奏者であるだけでなく、優れた指揮者であるセデルケニは、カナダ、ヨーロッパの様々な楽団を指揮し、最近では大阪センチュリー交響楽団首席コンサートマスターを勤めた。レッスンは、彼自身が得意とするハンガリー、ロシア流ヴァイオリン奏法。細かい理屈や理論にこだわらず、目の前で弾いて、一流ヴァイオリニストの技を隠さずに見せる。日本での生活経験がある彼は、日本語もある程度OK。日本人生徒には安心できる。日本でのマスタークラスは生徒からお礼の声が絶えない。

    • 50万以下
  • No.136-0084-P 詳細を見る

    ウィーン市立音楽院ゲルノート・ヴィニショーファー教授のバイオリンレッスン

    これまでに、ヨーロッパや中近東、アジアなど世界各国のステージに上り、エルミタージュ交響楽団やプラハ交響楽団、ウィーン室内楽団などトップレベルの楽団と共演した他、ウィーン・フィルのメンバーと結成したアンサンブルでも活躍。CDやテレビ、ラジオのレコーディングも多く、音楽祭の音楽監督や、国際ヴァイオリンコンクールの審査員も務めている。ウィーン市立音楽院で教鞭をとり、ヴァイオリン奏法の原点といえるレオポルト・モーツァルト著『ヴァイオリン教程』と、アウアーからオイストラフへと受け継がれたロシア流メソッドを融合して、バロックからロマン派までの幅広いスタイルを教える。

    • 50万以下
  • No.136-0054-P 詳細を見る

    ウィーン・ミュージック・インスティテュート マルクス・プライスルに習うピアノ・キーボード・作曲レッスン

    ウィーン・ミュージック・インスティテュートでピアノ・キーボード・作曲を教える現役ロックアーティストから創造する力をもらう。マルクスは、ウィーンのプログレ・ロックバンド「グラス・ムーン」のキーボードプレイヤー。イギリスのロック・ソサエティ誌に「聴衆をぼう然とさせる」と賞賛されている。レッスンでは、クラシックをベースとしたキーボードを教える。また作曲、和声、編曲なども習得できる。曲のジャンルはクラシックからポップ、ロック。テクニックに走る現代音楽に批判的な、マルクスの作曲哲学が学べるのもいい点だ。自分が表現したいものを、心の耳で聴くことが大事と言う。

    • 50万以下
  • No.136-0043-P 詳細を見る

    プライナー音楽院スザンナ・シュペーマン教授のピアノレッスン

    スザンナ・シュペーマン教授は、多くのリサイタルを開く演奏家だが、最も打ち込んでいるのは、若手の育成だ。ウィーン・ブライナー音楽院教授として教鞭をとるだけでなく、「ウィーン・ヤング・ピアニスト」の会長として、青少年を対象とした夏期講習会などを開催し、積極的な活動をしている。才能を秘めた生徒には、特別に時間を割いてプライベートスタジオでレッスンを行なうなど、並々ならぬ情熱を注ぐのも、彼女の熱心さの表れだ。生徒の中から、オーストリア国内や、国際コンクールの入賞者が多数出ているのも当然といえる。子供に才能がありそうなら、一度、レッスンしてもらってはどうだろう。もちろん通常大人を教えているので大人でも抜群のレッスンとなる。

    • 50万以下
  • No.136-0018-P 詳細を見る

    ウィーン市立音楽院教授ゲルハルト・ゲレッチェレンガーのピアノレッスン

    日本の音楽性の高さに注目し、日本人アーティストと多く共演するゲレッチェレンガー教授は、音楽の本場ウィーンを中心に活動するピアニストだ。アンサンブルに力を入れ、ピアノデュオやピアノトリオ、室内楽をはじめ、ヴァイオリニストや歌手と共演している。日本人演奏家との共演も多くヴァイオリニストの漆原朝子や千住真理子ともCDを録音している。ウィーン市立音楽院で教鞭をとっている彼のレッスンは、生徒と共に色々な弾き方を試し、楽曲理解を深めていく。「有名な演奏家やCDの真似をさせるようなことは、絶対にしない」と彼は言う。オリジナリティと、独自のイマジネーションを重視する。

    • 50万以下
  • No.136-0017-P 詳細を見る

    ウィーン市立音楽院カール・バート教授のピアノレッスン

    カール・バート教授は、コンサートピアニストとして活躍し、ヨーロッパやアジアの各地で数多くのステージに登ってきた。CDやDVDなどのレコーディングも多く、ラジオやテレビなどのマスメディアにも登場している。現在、ウィーン市立音楽院ピアノ科副主任を務めている彼は、同音楽院のピアノに関する重要な決定に直接関わる有力者だ。また、伝統ある夏期講習会「ウィーン国際音楽ゼミナール」や、ベーゼンドルファー社主催のマスタークラスなどでも教えている。重要なポストにある彼は、様々なピアノコンクールの審査員も務めている。ウィーンを目指す方には的確な指導が期待できると言えよう。

    • 50万以下
  • No.136-0009-P 詳細を見る

    現役プロシンガー・ベアーテ・マリア・ポンベルガー先生の声楽レッスン

    世界最高峰の合唱団のひとつアルノルト・シェーンベルク合唱団に、学生時代から所属し、その後、ドイツ語圏のアーティストたちのあこがれブルク劇場で、3年間歌い続けた彼女はウィーン最高ランクの歌姫だ。ヨーロッパ各地のステージに招かれ、オーストリアを中心に声楽界で確固たる地位を確立。ベアーテのレッスンは、呼吸法、発声法、歌曲解釈。呼吸法では、長いフレーズも難なくこなせるよう、胸と横隔膜を組み合わせるブレステクニックを教える。発声法では、声の美しい響かせ方、音程の取り方、音域の拡大がメインテーマ。歌詞と楽曲の解釈で歌の心を理解し、様々な曲に込められた思いを表現する。

    • 50万以下
  • No.136-0014-P 詳細を見る

    ウィーン古典派を極めるアルベルト・フランツ先生のピアノレッスン

    アルベルト・フランツは、ピアニストとして優れているだけでなく、ウイーン古典派の音楽研究家としても定評がある。2004年にはベーゼンドルファー・アーティストに選ばれ、多くの大学に招かれると同時に、客員教授として講義も行なっている。彼のレッスンは、歴史的事実を記録した文献や19世紀に残された録音などを基に、作曲家の意図を重視した演奏を目指す。作曲家の内面に入り込み、作曲家の感情を理解し、それを音で表現することを教える。モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトなど、ウイーンの作曲家はもちろんのこと、ロマン派の難曲や現代曲なども希望があれば教えてもらえる。

    • 50万以下
  • No.136-0015-P 詳細を見る

    ウィーン国立音楽大学ステファン・モラー教授のピアノレッスン

    ウィーン国際ピアニストや、オーストリア音楽協会幹部として若手育成に力を注ぐ、ウィーン国立音楽大学教授が直接指導する。モラー教授が、演奏家として本領を発揮するのは、ベートーベンのピアノ曲だ。ベートーベン国際ピアノコンクール第三位、アメリカ・ベートーベン協会最優秀アーティスト賞など、ベートーベン弾きとして一流の地位を確立している。現在ウィーン国立音楽大学教授として後進の指導にあたりながら、オーストリア音楽協会理事やウィーン国際ピアニスト会長としても活動している。今後、ヨーロッパで音楽活動を考えているなら、モラー教授の社会的信頼と人脈が役立つ可能性は大だ。

    • 50万以下
  • No.136-0016-P 詳細を見る

    ウィーン市立音楽院アレハンドロ・ゲベロヴィチ教授のピアノレッスン

    ウィーンで実践されている新メソッドなら、痛くない、音色が豊かになる、自信が持てる、練習時間も短縮できる。ゲベロヴィチ教授は、これまでにない新しいメソッドでピアノを教えている。演奏家として輝かしいキャリアを持っている教授は、深刻な悩みを解決するために、独自のメソッドを作り上げた。現在ウィーン市立音楽院などで、この新メソッドに沿って教えている。このメソッドは指に重さをかけず、押しつけないことを第一にする。指や手の動きを解放し、表現を豊かにする。練習効率も大幅に上がると教授は言う。もし、ひきつった指で悩んでいるのなら、教授のメソッドに救ってもらおう。

    • 50万以下
  • No.136-0066-P 詳細を見る

    オスト・ヴェスト・ムジークフェスト

    プロを目指す上級者の、総仕上げのレッスンとして。また、子供の豊かな人間性を育むために。オーストリア・サンクトペルテンで開かれる2週間のマスタークラス。デリケートで柔らかい音が特徴のウィーンスタイルと、幅広い音色で広大なロシアの大地を思い起こさせるロシアンスタイル、クラシック音楽の2大潮流ともいえるこれらのスタイルを、両方取り入れた夏期講習会。ウィーン市立音楽院やウィーン国立音楽大学、モスクワ音楽院やサンクトペテルブルグ音楽院など、東西ヨーロッパの一流音楽学校で教鞭をとる音楽家と、国際的な著名演奏家たちが、大人から子供まで幅広い受講生を指導します。

    • 50万以下
  • No.136-0062-P 詳細を見る

    インターナショナルサマーアカデミー〜プラハ・ウィーン・ブダペスト

    インターナショナルサマーアカデミーは、ウィーン国立音楽大学、プラハ音楽院、フランツリスト音楽院の教授陣を中心に開催する最高レベルの夏期講習会です。オーストリア南部のリゾート地、ゼンメリング、ミュールツーシュラーク、ラーハ、ライヒェナウの4つの会場で行われ、毎年世界から300人の受講者が参加し、50人の教授陣・音楽家が指導にあたります。選抜された受講生は音楽祭のコンサートで発表する機会が与えられます。専攻は、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、作曲、指揮、ピアノ、声楽、フルート、オーボエ、クラリネット、バスーン、フレンチホルン、室内楽など。

    • 渡航先オーストリア
    • 費用期間9日間 222,000円(現代音楽解釈) ※室内楽のコースも有。16日間257,000円
    • 取扱会社アンドビジョン-音楽留学
    • 50万以下
  • No.136-0067-P 詳細を見る

    オーストリアマスタークラス

    音大の試験準備に、コンクールやコンサートに向けた実力アップに、純粋に音楽を学ぶために、世界一流の教授陣に指導してもらおう。中世の姿をそのまま残した歴史的な町、オーストリア・フリーザッハで開かれるこの夏期講習会は、アマチュアから学生、音楽教師やプロ演奏家まで3千人以上の音楽家が参加してきた。オーディションはないが、レベルが高く、教授陣は、モーツァルテウム音楽院教授など世界的に有名な先生方や現役アーティストばかり。レッスンは毎日受講し、コース最終日は選抜された受講生によるコンサートがある。専攻は、室内楽、オルガン、声楽、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノ。

    • 50万以下
  • No.136-0060-P 詳細を見る

    アレグロ・ヴィーヴォ室内楽マスタークラス

    オーストリアの伝統的な音楽祭でオーストリア音楽のテイストを身につけよう。チェコに近い、ウィーンの北西80キロに位置するホルンを中心にアレグロ・ヴィーヴォ国際室内楽音楽祭が開催。この音楽祭では、約35の「夏期特別マスターコース」、「青少年のための室内楽コース」、「子供のための室内楽コース」が行われます。世界中から毎年約300人がソロまたは室内楽を受講し、著名な音楽家や教授の指導を受けます。受講生は音楽祭で演奏する機会があります。専攻は、ババイオリン、ヴィオラ、チェロ、室内楽、ピアノ、フルート、声楽、クラリネット、バスーン、サクソフォン、チェンバロとピアノ伴奏。聴講可。

    • 50万以下
  • No.136-0080-P 詳細を見る

    モーツァルテウム音楽院夏期国際音楽アカデミー

    モーツァルテルム音楽大学を含むヨーロッパの一流教授陣やソリストなど世界的に有名な音楽家ばかりが集まる最も著名な夏期講習会の一つ。この講習会の開催期間中はザルツブルグ音楽祭が開催され、街は音楽一色。毎年世界から約1000人の学生が参加し、国際的な雰囲気でレッスンは行われる。ヨーロッパ各国の教授が一同に介すこの講習会では、世界の音楽レベルを知ることもでき、また、今後師事したい教授を探すことが可能。専攻は、作曲、指揮、アレクサンダー・テクニック、声楽、歌曲、ピアノ演奏法、ピアノ、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、室内楽、ギター、フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、トランペット、パーカッション&マリンバ

    • 50万以下

25件の検索結果

1 2

オーストリア留学PICKUP!

オーストリア留学の費用・期間

例)語学留学の場合

オーストリアで語学留学の場合の例
1ヵ月16~24万円
3ヵ月42~65万円
6ヵ月78~124万円
12ヵ月156~241万円

留学に
必要な費用

  • 入学金
  • 授業料
  • 滞在料
  • おこづかい
  • 斡旋手数料
  • 海外旅行保険料
  • 渡航費
  • ※ユーロ=134.7円で計算しています。
  • ※上記見積は、参考料金としてご覧下さい。
  • ※上記見積は、入学金・授業料・滞在手配料・滞在費を含めた費用目安です。
  • ※上記見積に加えて、お小遣いや生活費、渡航費(航空運賃)、海外旅行保険料等が別途必要です。

オーストリアの基本情報

正式国名:
オーストリア共和国(Republic of Austria)

面積:
約8万4,000平方キロメートル(北海道とほぼ同じ)

言語:
ドイツ語

人口:
約850万人

通貨:
ユーロ

首都:
ウィーン

政体:
連邦共和制

民族構成:
主としてゲルマン人

宗教:
カトリック約63.1%、プロテスタント約3.55%、イスラム約6.8%

食事:
グーラシュ、シュトロイゼル、リゾット、ヴィーナー・シュニッツェル、淡水魚

病院:
医療事情は良好で、どの診療科も特に問題なく受診できる。医師は英語を話すが、他の医療従事者ではドイツ語が必要な場合がある。

その他:
観光目的の6ヶ月以内の滞在はビザ不要。それ以外の場合は、在留許可申請が必要となる。